ホーム > 無料メール講座 >  ドル円下落の流れを止める目途となるポイントとは?

ドル円下落の流れを止める目途となるポイントとは?

ドルの動きがさえない。

あらゆる通貨に対して売られるドル。

その動きは円に対しても例外ではなく、

ドル円に対しても値を崩す展開が継続中である。

昨日のバーナンキFRB議長による、

さらなる追加緩和見通しの示唆も、

その可能性を際だたせている。

では、

この値が崩れる展開はいつまで続くのか?

反転するのはいつになるのか?

こんばんは、あおのり先生です。

いつもメルマガをご購読いただきまして、

誠にありがとうございます。

価格の動きを分析する際に重要なことは、

チャートの基本を学ぶことです。

チャート分析の元祖と呼ばれるダウ理論の中に、

トレンドは継続するという法則を取り上げていますが、

この理論を理解していれば、

ドル円はショート目線で対応できたはずです。

ドル円は1時間足チャートで確認した場合、

値を切り崩し続けているわけですから、

あとはこの波動に流れに飛び乗っておけば、

うまく下落の流れに乗れた地合いでした。

では、

この動きを止める有力ポイントはどこか?

動きを止める目途としては、

77.70円付近が有力ポイントになると思われますが、

そのポイントまで下落したとはいえ、

さらに値を崩すこともあり得ます。

反転するサインを捉えることが重要ですが、

そのサインは明確にチャート上に現れます。

そのサイン後がでるまではショート有利の展開になると思われますが、

そのサインに関してはあおのり学校通信コースの中で解説していきます。

 

« 今の地合いで勝ちやすい通貨ペアとは? 無料メルマガ講座へ戻る ドル円に買いサイン点灯? »
このページトップへ