ホーム > 無料メール講座 >  ドル円に買いサイン点灯?

ドル円に買いサイン点灯?

現状のマーケット環境は、

今までの流れから改善傾向がみらる。

その理由として、

ドラギ総裁の発言が影響している。

『欧州不安を改善するためなら

できることならなんでもやる』

という彼の発言以降、

クロス円を中心に円売りの流れに。

そして

ドル円にも買いの兆候が見られるが、

どこからそのように判断できるのか?

↓↓↓

http://fxao.net/a20120728.html

こんばんは、あおのり先生です。

いつもメルマガをご購読いただきまして、

誠にありがとうございます。

チャート分析をする際に注目すべきポイントは、

本日のあおのり学校ブログでも指摘している通り、

価格の流れを抑えることです。

そして

その流れを捉えるために役に立つ

最もシンプルであると同時に実用的なテクニカル指標が、

移動平均線となります。

移動平均線の数値設定としては、

25日線、75日線がメジャーだと思いますが、

この数値設定にした上で

ドル円1Hチャートを見てみると、

今まで1度も超えることができなかった、

75日線を価格が上抜けていることがわかります。

75日間の平均価格を表している75日線を越えてきていることから、

中期的に見て買い圧力の高まりを感じ取ることができます。

また、

25日線が75日線を上に抜けてきており、

いわゆるゴールデンクロスのパターンが出現してもいます。

このことから、今までにない買い圧力の高まりを察知できるはずです。

※ゴールデンクロスだから買いとは100%なるという保証はありません。相場では100%当たる読みなど未来を予測している関係上、どんなトレードでもできません。

以上の要因から短期的な買い圧力の高まりを把握できますが、

気になる点は長期的な移動平均線を未だ超えられていない点です。

このようにトレンドラインに加えて、

移動平均線も付け加えてみていくと、

全く分からない価格の動きをより細かく

捉えることができるようになります。

ただし、

その際は移動平均線の数値設定を誤らないことですが、

私の経験則で言えば宇宙の法則、自然の摂理にマッチした

数値設定が最も価格の動きをとらえやすいと判断しています。

この数値設定を持ってさらに深いチャート分析をしていきたい

利益を少しでも多く取れる見方を学びたい

そのような思いをお持ちの方は、

次週発行の通信コースの中で解説していきますので、

是非参考にしていただければ幸いです。

 

« ドル円下落の流れを止める目途となるポイントとは? 無料メルマガ講座へ戻る 上昇基調の買いと判断できる要因とは? »
このページトップへ