FX予想

本日為替予想:ロング勢・ショート勢の激戦始まる

こんばんは、あおのり先生です。

いつもあおのり学校へのご来校、誠にありがとうございます。

 

マーケットに暗雲が立ち込めてきていますね。

こういうときは、お金を大きく増やせる反面、

場合によってはお金を減らしやすい局面なんですよね。

 

実際に、そのようになっている方は多いと思うのですが、

明日のメルマガではFXで数千万円の資金を動かしている

トレーダーの話をしたいと思います。

数千万円規模のポジションを持つトレーダーの話は、

今後のトレードをする上で非常に勉強になると思いますが、

お金を大きく動かしているトレーダーの話の詳細を聞きたい方は、

あおのり学校メルマガへ登録しておいてください。

メルマガの登録はこちらから

※木曜日の20時までに登録された方だけにお送りします。二度と配信しない内容なので、興味のある方はお早めの登録をお願いします。

 

さて、外為マーケットの値動きについてですが、

ドル円は特に弱い動きをしており97.20円台まで値を落とす一方で、

クロス円もやや弱いといった動きをしております。

 

特に、日経平均の下げ幅はきつく、

私も日本株を持っているのですが含み益が大きく減っております。。。

下のチャートは、日経平均株価の5日間の値動きを表していますが、

今日は320円の下落で14170円で終わるに至りました。

WS000003

その理由としては、

安倍首相が公約として掲げる法人税の引き下げを行わなかったからですが、

個人的には世界一高い日本の法人税を下げるべきと思っているのですが、

その思いも虚しく、具体的な発表もなかったことから下落しました。

その動きに引きづられ、ドル円、クロス円も下落という展開です。

 

それ以外では特に注目すべきイベントもありませんでしたが、

昨日の詳細なイベントは以下をご参照ください。

NYダウ平均 米10年国債利回り WTI原油先物
15191.70ドル
(+62.03ドル)
2.6460% (+0.0320%) 102.04ドル (-0.29ドル)
リスク商品のNYダウは上昇。一方WTI原油先物は共に下げました!為替マーケットの参加者はリスクを取ることにやや積極的となってきています。また、米10年国債利回りは上昇しています。つまり、安全商品の国債が売られていることがわかります。米10年国債利回りの動きからも、リスクをとることにやや積極的となっていることがわかります。リスクに対して積極的ということは、豪ドル>ポンド>ユーロ>ドル>円の順で買われやすくなる相場展開となります!
→ さらに詳しい経済指標情報ならあおのり学校情報室へ
昨日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
13:30 オーストラリア (豪) RBAキャッシュターゲット 2.50% 2.50% 横 2.50%
16:55 ドイツ (独) 9月失業者数 +0.7万人 -0.5万人 下 +2.5万人
16:55 ドイツ (独) 9月失業率 6.8% 6.8% 下 6.9%
18:00 ユーロ (ユーロ圏) 8月失業率 12.1% 12.1% 上 12.0%
18:00 日本 (日) 安倍首相、消費税率引き上げ・
経済対策に関して記者会見
23:00 アメリカ (米) 9月ISM製造業景況指数 55.7 55.0 上 56.2
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!
→ さらに詳しい経済指標情報ならあおのり学校情報室へ

 

では、今日はどのような展開となるか?

今日は、ADP全国雇用者数

ドラギECB総裁発言

イタリア内閣信任投票

あたりで価格の動きがある程度でそうですが、

これら時間帯のトレードは要注意となりますので気をつけていきましょう。

 

“本日の注目イベント”の詳細は下記をご参照ください。

本日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
10:30 オーストラリア (豪) 8月貿易収支 -7.65億AUD -4.00億AUD 下 -8.15億AUD
10:30 オーストラリア (豪) 8月住宅建設許可件数 [前月比] +10.8% -0.5% 下 -4.7%
20:45 ユーロ (ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表 0.50% 0.50% 横 0.50%
21:15 アメリカ (米) 9月ADP全国雇用者数 +17.6万人 +18.0万人 下 +16.6万人
21:30 ユーロ (ユーロ圏) ドラギECB総裁会見
25:00 アメリカ (米) ローゼングレン・
ボストン連銀総裁講演
28:20 アメリカ (米) ブラード・セントルイス連銀総裁
講演
28:30 アメリカ (米) バーナンキFRB議長講演
イタリア (イタリア) 内閣信任投票
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!
→ さらに詳しい経済指標情報ならあおのり学校情報室へ

 

私の相場観をお伝えしたところで、

次はチャート分析をメインに相場を見ていきます。

まずはいつものようにドル円1時間足チャートから。

下のチャートは、昨日のドル円1Hチャートです。

ドル円 1時間足チャート
(1時間足チャート期間:9月9日~10月1日)

※上記チャートは、世界中のプロやアマの間で最も利用されている世界最強のチャートと言われるMT4チャートです。私自身も利用していますが、これほど使いやすいチャートにお目にかかったことがありません。

MT4の使い方やMT4を使えるFX業者の詳細はこちら

 

チャート全体の動きを確認すると

三角持ち合いを相場を形成していた下降トレンドラインを上抜けして、

チャートが良化しているという状況です。

しかし、その後はダラダラ下げて一時97円台半ばまで値を下げるものの、

チャートが良化していることから底堅い状況が見て取れます。

 

このような展開の中で昨日は、以下のとおり指摘していました。

結果は97.40円台まで下落しましたが、

予想していた97.10円の近くまで来て切り替えしているといった展開です。

再び97.10円付近までの下落で、押し目買い戦略の維持です。

結果がどうなったのかを、今日のドル円を1Hチャートで動きを確認していきましょう。

ドル円1時間足チャート

(1時間足チャート期間:9月10日~10月2日)

※ここで表示しているドル円MT4チャート は、プレミアム会員様にお渡ししているドル円チャートと比べ、表示しているトレンドライン等のライン表示をかなり抑えています。

ライントレーダーのラインはもう少し複雑であり、複雑だからこそ『エントリーポイント』『利食いポイント』『損切りポイント』がより明確化されます。より正確なトレンドラインを知ることで、①価格の動きを精緻に予測しやすくなり、②売買ポイントがより明確になることで利益が上がりやすくなることでしょう。

ライントレードのすべてを知りたい方はプレミアムをご覧下さい

 

慌てない慌てない、一休み一休みの心境でいれば良い、

ということを9月末から言い続けてきたように価格は下げてきていますが、

さてここからは97.10円の押し目買い戦略で挑むことができるという判断に変わりはありません。

 

しかしですね、今回はあまり自信がないのですが、

まあその理由は相場観と合わせてみた見方になるのですが、

打診的なロングにとどめるなら入ってもいいかなという気持ちでいます。

 

もちろん材料次第ではさらに下落する可能性もあるために、

ストップロスオーダーを万全にして事前にいくらの損を出すかを理解した上で、

エントリーしていくようにしましょう。

 

ドル円を含むクロス円、ユーロドルに関する詳細な売買戦略は、

下記をご参照下さい。

通貨ペア 売買戦略 トレード戦略 有効なテクニカル
(60分)
ドル円 メルマガで説明する97.10円付近まで値を下げれば、このあたりで買いエントリーを検討していきます。ラインの下にはストップ・ロス・オーダーを設定です。
※ドル円のトレード戦略は一部に過ぎません。メルマガでは何パターンかの戦略を提示します
買いサイン
ユーロ円 メルマガ会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 買いサイン
豪ドル円 メルマガ会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 横ばい
ユーロ
ドル
プレミアム会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 売りサイン
368343有効なテクニカル(60分足)は21種類のテクニカルの中から現在もっとも勝っているテクニカルを掲載しているので、このテクニカルを使えば今の相場環境なら勝率が上がります。FXプライムが提供しているぱっと見テクニカルを使うことで今儲かっているテクニカルが簡単にわかります。
ぱっと見テクニカル詳細

 

それでは今日もがんばりましょう!

 

お願いあおのり学校のFX情報がお役に立っていましたら、ポチポチっとお願いしますお願い

o0160006011292273288o0160006011292273287

 

1540012あおのり学校限定特典1540012

FXブロードネットに口座開設をして3万円入金するだけで、

①3万円入金で“実践的トレンドラインの引き方(レポート64P+動画33分)”

②“3,000円分の図書カード”をプレゼント中!

さらに5万通貨取引で5,000円もキャッシュバック

トレンドラインが引けるようになるだけで、

①価格の動く方向性がわかるようになる

①売買ポイントを発見できるようになる

『価格がどのように動くのかわからない』『売買ポイントが全くわからない』という方は、

それでは売買に迷いを生じやすいためにFXをすると損失を拡大するリスクが高まりますので、

まずはトレンドラインの実践的な引き方を学んでおいてください。

FXトレーディングシステムズ

もうダウンロードした?

FX業者の内部情報を公開!

世界150ヶ国展開 月間取引量500億ドルのAVAトレードが、世界中投資家の注文状況を丸裸にするツールを開発

  • どこに大量の指値が入っているのか?
  • 現在のトレンドの勢いは強いのか?弱いのか?

 

その全てがわかります!

ダウンロード