ホーム > 無料メール講座 >  ドル円は強い上昇トレンド継続か?

ドル円は強い上昇トレンド継続か?

 

節目のポイントを抜け、83円台まで急反発!

この勢いは続くのか否か?

 

こんばんは。

 

あおのり先生です。

 

 

ドル/円相場は、今までのドル売りから明らかにドルが強く戻される相場に

変化してきています。

 

このような変化は、前回メルマガでもお伝えしていた82.00円付近の

節目を超えたあたりから高まりを見せ、

ストップロスを巻き込みながら買い圧力を強めています。

 

そして、1か月ぶりの高値である83円台を回復する所まで値は回復。

 

節目を完全に抜けたことで、先週までのドルを売っていれば勝てた

相場が終わりました。

 

 

 

このままドル/円は上昇圧力を強め、値を上げていくのか?

 

あるいは、いったん調整が入り、値を下げていくのか?

 

 

 

この疑問に答える為には、ドルの動きが今どうなっているかということを、

ドル/円以外のマーケットでチェックしてみるとよくわかると思います。

 

米金融緩和が実施される11月初旬までは、ドルがあらゆる金融商品に対して

値を下げていました。ちょうど、下のような関係でドルは売られたのです。

 

ドル  ユーロ

    豪ドル

    円

    金

    株

 

ドルは売られ、ユーロや豪ドルなどドルよりも金利が高い通貨が選好されたり、

リスク回避の円が買われたり、

株や金になどのリスク商品にマネーは流入しました。

 

 

 

しかし、現在はドルの売り疲れから、ドルが一旦買い戻されています。

 

事実、マネーの動きは以下のような動きに変化してきています。

 

ドル  ユーロ

    豪ドル

    円

    金

    株

 

ドルが過剰に売られていた分、ドルにマネーが流入しているのです。

 

 

 

こういった中、特に資金流出が著しいのがユーロとなります。

 

ご存じのとおり、ユーロはアイルランド問題など対ドルで大幅に値を

切り下げてきてます。

 

ユーロ/ドルは11月初旬からすでに600pipsも下落しているのです。

 

 

 

アイルランド問題で売られやすくなっているユーロ/ドルが下がる限りは、

ドル/円も基本的には買い戦略が有効です。

 

ドルに対してもっとも値を下げているユーロにも買いが入れば、

ドル売りの流れの変化と捉えられ、円も買い戻されやすくなると

考えることができます。

 

 

 

ユーロ/ドルの勢いが特に強まるポイントとしては、会員様には

すでにお伝えしている下降ラインのある1.365ドル付近を上抜けてきた時が、

ドルの力が衰えるポイントとなります。

 

 

ユーロ/ドルが1.365ドルを抜ければ、ドル/円の買い目線の

ウエートを引き下げる必要がありそうです。

 

今はまだこのポイントを超えていないだけに、ドル/円は強気の

買い目線を継続していけます。

 

 

 

このように、ドル/円の動きだけでは把握できない動きも、

ユーロ/ドルなど他のドル/ストレート、金融商品の動きを見ることで、

微妙な潮の変わり目も把握できるようになります。

 

ドル/円だけの動きしか見ていないという方は、

他の金融市場の動きも見ることで、今の相場がどのように

動いているのかということを見極めていきましょう。

 

金融市場を理解できるようになれば、今のようなドル買いが入っている

時は、ドルを売っていくことが不利だとわかるはずです。

 

« 欧州ソブリン問題再熱でどう動く? 無料メルマガ講座へ戻る ドル円はどこまで上昇するのだろう?? »
このページトップへ