ホーム > 無料メール講座 >  ドル円の下落も想定内!勝つ前に、まず負けない!

ドル円の下落も想定内!勝つ前に、まず負けない!

 

損切りが増えれば、塵も積もれば山となるで大きな損失となります。

でも、実は損切りコストを抑える魅力的な(当然やるべき)トレードがあります。

 

 こんばんは。

あおのり先生です。

 

よくご入会したてのプレミアム会員様から次の様な質問を頂きます。

 

『損切りが何度も続いてしまい、大きな損失となってしまった。』

 

『損がかさみ、FXの自信を失ってしまった』

 

などといったの質問が結構多いのですが、

損切りを回避する方法を多くの会員様がお持ちだと言うことを

お察しいたします。

 

 

 

しかし、損切りを回避したいと言う意思は、

ストップロスオーダーの幅を拡大させることにもつながります。

 

なぜなら、損切りになるのが嫌だから、

許容できる損切り値を拡大しようとしてしまうからです。

 

そうなると、一トレードあたりのリスクが拡大してしまうことになり、

結果として負けた時の損失額が大きくなってしまいます。

 

 

 

確かに、損切りを避けたい気持ちはよくわかります。

 

何度も何度も損切りとなると気が滅入るものです。

 

気が滅入るから、損切りにかからないように

ストップロスオーダーの価格幅を広げておきたいですよね?

 

 

 

 

でも、そのやり方では、一回のトレードの損失が拡大してしまいます。

 

一回のトレードのリスクを拡大してしまえば、

今度は受けるダメージが多くなります。

 

まさにトレードオフの関係です。

 

 

 

でも、こういったことはたった一つのことで回避することで

誰でも簡単に克服できてしまうんです。

 

その克服方法とは・・

 

自分が決めたエントリーチャンスのポイントまで価格が動くのを

辛抱強く待つことです。

 

 

 

エントリーを待つ事ができていれば、

価格が売られすぎたり、買われすぎたりした

ある意味で相場が行き過ぎた絶妙のタイミングで

エントリーすることを可能にします。

 

エントリーするポイントまで注意深く待っていたわけですから、

ストップロスオーダーの幅も縮小することが出来るし、

その分利益も拡大しやすくなります。

 

 

 

一方で、

これが待つのではなく追いかけるトレードになっていれば

どうでしょうか?

 

相場とは波を描くように動いているため、

ある意味高値つかむことになってしまう可能性もあります。

 

そのため、たとえば上昇トレンドのような相場の時に、

トレンドラインに近づく前に焦ってエントリーしても

高値掴みになってしまいかねませんね。

 

 

 

また、追っかけるトレードとなっていればストップロスオーダーまでの

距離が拡大することで、損失額も拡大してしまいます。

 

だから、追いかけるのではなく、

基本は待てるトレードというのが大事なのです。

 

 

 

でも、実は待てるトレードができるトレーダーというのは、

明確な売買ルールを持っています。

 

トレードルールというのは、

相場がこうなった場合に売り買いし、利食いや損切りしていくという

明確なルールのことです。

 

待てるトレードをできていない人は、

まずは売買ルールの構築を急がなくてはいけません。

 

では、待つトレードの具体的な実践方法とは?

 

私の場合なら、単純に2つのことだけを守って

待てるトレードを実行しています。

 

 

まず一つ目に、

 

トレンドライン付近まで値が近付いてくるまで

エントリーチャンスを辛抱強く待つことです。

 

トレンドライン付近まで値を下げてこなければ、

エントリーを見送ることが賢明です。

 

 

 

二つ目に、

 

価格が下がってきたところで、

トレンドラインのすぐ上(下)に損切りの幅を小さくして設定します。

 

相場を追いかけないで、

トレンドライン付近まで価格が近付くのを待っていたわけですから、

ストップロス値を縮小させることができます。

 

どうですか?

 

簡単にできそうじゃないですか?

 

 待てるトレードができるだけで、

損失を抑えられるばかりか、大きな利益を狙っていくことまでできます。

 

 

 

だからこそ、まずは待てるトレードを身につけて下さい。

 

« ユ-ロ円上昇!上値を追いかけられる相場だろうか!? 無料メルマガ講座へ戻る 雇用統計は損失ではなく、利益を出せる相場です。 »
このページトップへ