ホーム > 無料メール講座 >  閑散相場の中、大きなチャンスは眠っています

閑散相場の中、大きなチャンスは眠っています

 

市場参加者が少ない中、動きがほとんどありません。

ボラがないため利益をとりづらい相場です。

このような相場でどうやって利益を確保すればよいのか?

 

 

クリスマス休暇に入ってきており、

海外勢の参入がなく、

相場に元気がありません。

 

テクニカル指標のボリンジャーバンドを使って、

各通貨ペアの動きを見ても、

動きが狭くなってきています。

 

つまり、大きな利幅を短期間に狙っていくことは

難しい相場です。

 

 

 

 

このような相場の中、

多くの個人トレーダーたちが

利益を出すことができないと考えがちです。

 

しかし、それはチャンスを見逃していることに

なってはいないでしょうか?

 

 

よくよく各通貨ペアのチャートを見てみると、

実はトレンドが綺麗に形成されていることがわかります。

 

特に綺麗なトレンドを描いていると思うのが、

ポンド/円です。

 

130.30円付近は強く上値を抑えてくるポイントと

見ています。

 

 

 

このポイントをなぜわかるのかというと、

それは11月中旬の高値133.00円付近より形成されている

下降トレンドラインがちょうどぶつかるポイントだからです。

 

今のポンド/円のこの下降トレンドは、

ちょうど下降トレンドラインに沿うように下げています。

 

そのため、過去の波の動きからすると、

このポイントでは売っていくことができると判断できます。

 

 

 

また、

すでにPremium会員様にはすでにお渡ししている、

抵抗ラインも133.00付近には存在しており、

二重のラインで上昇を抑えているといった相場です。

 

1本の抵抗ラインがあるよりも、

2本の抵抗ラインがあった方が、

抵抗するパワーは強くなります。

 

ならば、1本のラインの時よりも、

多くの売り参戦者が増えやすいポイントのため、

チャンスの幅は広がります。

 

 

 

このように、

確率的に利益を上げやすいポイントと言うのを探していけば、

いかなる相場であろうとも必ず眠っています。

 

このように、できるだけ確率的に勝ちやすいと判断できる、

優位性を持ったポイントでエントリーしていくということが、

私たちトレーダーの仕事です。

 

チャートを緻密に分析していれば、

そのような優位性を持ったポイントが見えてきます。

 

« 感情に支配されないトレードの作り方 無料メルマガ講座へ戻る 年末にかけて買いで入ろうか?売りで入ろうか? »
このページトップへ