ホーム > 無料メール講座 >  ドル円大幅下落の次のショートエントリーポイント

ドル円大幅下落の次のショートエントリーポイント

ドル/円は綺麗な下降トレンドが継続中!

はたして、追って売れる相場だろうか!?

 

メルマガ読者の皆さま。いつもありがとうございます。

こんばんは。あおのり先生です。

 

昨日はメルマガで指摘していた83.00円付近で上値を抑えられ、

シナリオ通りドル円はあれよあれよと値を下げています。

 

 

どこで反発して、どこで反落するかのポイントは

全て饗庭流のトレンドラインで導き出すことが出来ます!

 

 

想定通りのシナリオだったため、

メルマガ会員様より利益を出すことができたという

多数の声が届いており、私としても嬉しい限りです。

 

 

引き続き、

会員様に喜んで頂ける情報提供に努めてまいります。

 

 

さて、今はドル/円の下降トレンドが続いているために、

売りで入った方が利益が出しやすい相場です。

 

 

このように、ドル/円が下がり続ける中、

ご存知かもしれませんが、野田財務相から

次のような発言がありました。

 

 

『今の為替相場は一方向に動いているため、

このままの調子で円高にでもなれば、しかるべき措置をとる』

と軽い口先介入をして市場参加者をけん制してきました。

 

 

これは当然介入のことを行っているのですが、

野田財務相の発言などお構いなしのように、

ドル/円は値を下げ続けており、

ついに82.20円台にまで突入してきております。

 

 

82.20円台と言えば、

12月初旬につけた82.33円という安値のポイントを

割り込んだ水準であります。

 

 

そのため、

ここからさらに売りで追いかけていくというのは

中々に難しいことではありますので、

出来れば一旦上に戻してきたタイミングで

ショートで入ろうとは考えています。

 

 

では、

ドル/円はどのあたりまで戻すのでしょうか?

 

 

昨日から続く下降トレンドの流れから考えるに、

82.70円~82.80円が目先の抵抗ラインとして

意識されてくると判断できます。

 

 

このタイミングまで再び戻してくれば、

そのタイミングでは、順当に売りを考えていけます。

 

 

もちろん、これだけでドル円相場の全てを判断して

確実に利益を上げていけると言うわけではないので、

もう少し深く見ていかなければいけないのですが、

概ねはその通りということです。

 

細かく見ていくとどういう良いことが起きるのかというと、

例えば、いまのドル円の急激な下げに対しては、

ショートポジションを取っていたのはもちろんとして、

 

 

さらに細かくショートポジションを積み重ねることが

出来るタイミングすらあった。

 

 

いわゆる売り増しで利益を大きく膨らませることすら出来た、

よくある下降トレンドであったと言うことです。

 

« ドル/円の上昇の勢いは衰えたのか? 無料メルマガ講座へ戻る 損を未然に防ぐ、安全なトレード »
このページトップへ