ホーム > 無料メール講座 >  ドル円は戻り売りを試せる展開!ではどこで売る?

ドル円は戻り売りを試せる展開!ではどこで売る?

 

ドル円は下降トレンド一直線。

1月末より、下降トレンドが継続しています。

 

下降トレンドの時は、価格が下がっているために

売りから入ったほうが有利です。

 

では、どのあたりで売れるのか?

 

 

いつもメルマがご購読、

誠にありがとうございます。

 

あおのり先生です。

 

 

今のマーケットのの状況を一言で行ってしまえば、

ドル安であるということです。

 

ためしに、ドル/ストレードの通貨ペアをチャート上で

確認してみてください。

 

1時間足チャートで見ると、

ドル/円、ユロ/ドル、ポンド/ドルなど、

ほとんどの通貨がドルに対して値を上げていることに

気づくはずです。

 

ということは、

ドルは売りのチャンスとなってくるのではないでしょうか?

 

 

でも、

売るにしても節目節目を意識して売っていくことが、

大切です。

 

節目と言うのは・・・

 

たとえば、

本日のあおのり学校で見てもらった

ドル/円1時間足チャートを見てもらえれば、

トレンドラインを引いていますが、

それが節目となります。

 

現在の時間軸で見ると、

このラインは81.70円付近に存在していますが、

節目となるポイントなだけにいったんこのあたりで

売りで入っていくことが有効です。

 

節目となるラインは、

価格は跳ね返す役割があります。

 

 

 

それに、このラインの他にも、

実は、1月末の最高値83.20円付近より

形成されている下降トレンドラインとも

ぶつかるポイントが81.70円付近となります。

 

このラインを描くと、

81.70円付近で2本のラインが交わるように、

チャートに描かれることになります。

 

2本のラインが描かれると、

1本のラインの場合よりも反落する力が強くなるのです。

 

 

なぜなら、

売りで待ち構えていトレーダーの数が、

1本のトレンドラインを売りの根拠としているときよりも

2本ある場合のほうが、

売りの根拠とするトレーダーが増えやすいため、

売りが優位性を発揮しやすいポイントとなります。

 

こういった利益を出す確率が高そうなポイントを、

トレーダーは探していかなけばなりません。

 

そのポイントが正しければ、

特には面白いように連戦連勝するときもでてくるでしょう。

 

 

 

その他の確率的に勝てそうな売りポイントに関しては、

Premium会員様にお渡ししているレポートどおりの

売り場所でエントリーしていく予定です。

 

もし、

売買するときに優位性が特にありそうなポイントを

知りたいと言う方は、

Premiumのレポートと動画の中で解説しています。

 

9割以上の会員様より喜んでいただけている

Premiumで優勢を発揮できる売買ポイントを

理解したい方はPremiumに参加してください.

 

 

« 本日のドル円下落で割安感ありと判断し、買っていけるのか? 無料メルマガ講座へ戻る ドル下落の本質を見抜け! »
このページトップへ