ホーム > 無料メール講座 >  ドル円は上がるのか?下がるのか?

ドル円は上がるのか?下がるのか?

 

ドル円は今週に入り、

 

80.00円~80.70円という狭いボックス圏で推移しています。

 

 

ドル円は値幅が小さい展開ですから、

 

大きな利幅を狙えなかった相場でしたが、

 

今後の相場展開としては、

 

上昇するのでしょうか?下落するのでしょうか?

 

 

 

ここでFXを初めたばかりという方なら、

 

80.00円付近までドル円は落ち込んでいるために

 

そろそろ値ころ感が出てきたという理由で、

 

単純にロングポジションをとってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

 

あるいは、

 

ヤマ感でなんとなく売っているという方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

でも、

 

値ごろ感やヤマ感といったように、

 

基準としているのが自分自身の漠然とした主観的判断を根拠に注文を出しても、

 

結局は明確な軸をもっていないから、

 

日々のニュースなどの材料に振り回されてしまう結果になってしまうと思うのです。

 

 

 

たとえば、

 

今日はアメリカで消費者物価指数や鉱工業生産などの重要イベントが予定されていますが、

 

これらの結果が仮に予想よりも悪かったとすれば、

 

ニュースなどではその材料をドルの弱気材料のように報道してきます。

 

 

 

そのような弱気な声がニュースで増えれば、

 

あなたは不安になりませんか?

 

 

 

そして、

 

その不安感が、

 

売らなくてもいいところで売ってしまうことに繋がるのです。

 

 

 

ですが、

 

そのようなやり方をしていても、

 

FXでは永久に勝ち組にはなれません。

 

 

 

トレードをするときは、

 

明確な決めごと、

 

売買ルールを構築しなければ勝つことができないのです。

 

 

 

こうなったら買うとか、

 

こうなったら売るとか、

 

そういったロジックを組み立ていくことで、

 

売買の軸をもつことができ、

 

軸があるからニュースに振り回されなくなるのです。

 

 

 

私の場合は明確な基準がありますから、

 

今のドル円相場の展開で振り回されることもありえません。

 

 

 

そのような売買ルールに当てはめて

 

今のドル円相場を見ていくと、、、

こんばんは、あおのり先生です。

 

いつもメルマガのご購読、誠にありがとうございます^^

 

 

 

現在のドル円相場をみると、

 

5月末から続いていた下降トレンドが、

 

そろそろ上昇に転換してきたように見えます。

 

 

 

ドル円1時間足チャートでドル円の動きを確認!

 

 

なぜなら、

 

直近高値80.70円ラインを超えてきたために、

 

上昇トレンドが確定しているからです。

 

 

 

上昇トレンドとは、

 

高値と安値を切り上げることを言います。

 

 

 

それに、

 

下降トレンドラインを上抜けていることから、

 

売りの抵抗圧力が減っていると判断でき、

 

今後の展開としては

 

上昇圧力が高まりやすいと考えられます。

 

 

 

このように、

 

自分自身のロジックで相場を見れるようになれば、

 

それが軸となり、

 

相場の動きにあたふたする必要性がなくなります。

 

 

 

ぜひ、

 

まだ売買ルールが完成していないという方は、

 

早期の売買ルール構築を完成させ、

 

FXで大きな利益を確保して下さい。

 

 

 

売買ルールの構築ができれば、

 

驚くほどの的中率で、

 

相場の動きを見渡すことができるよになるでしょう。

 

 

 

 

P.S.

詳しい利食いのポイントに関しましては、

 

Premiumで公開していますので、

 

利食いポイントでお悩みの方は、

 

あおのり学校Premiumをご活用ください。

 

 

※あおのり学校Premiumでお伝えしている情報は、

FXだけではなく、株式、コモディティ(金、とうもろこし)など

あらゆる金融商品を売買するときに役立つ内容となっているため、

一生涯の投資のバイブルとなる情報をお届けしています。

 

 

« 量的緩和政策(GE2)がドル安を招く 無料メルマガ講座へ戻る ホームラン的な利益を生む勝ちパターン! »
このページトップへ