ホーム > 無料メール講座 >  トレンドをより的確に見抜くには、、

トレンドをより的確に見抜くには、、

 

チャートを見たときに、

 

私たちトレーダーとしてまず確認すべきことは、

 

トレンドを把握することです。

 

 

上昇トレンドなのか?

 

下降トレンドなのか?

 

レンジ相場なのか?

 

 

 

まずは、

 

トレンドを把握しなければなりません。

 

 

 

トレンドを見つけることができたら、

 

あとはそのトレンドに飛び乗るのです。

 

 

 

流れに身をゆだねることで、

 

利を膨らませることが可能となります。

 

 

 

トレンドを把握するためには、

 

トレンドラインが便利ですが、

 

相場の動きが小さい時などは、

 

トレンドラインが引きづらい時もあります。

 

 

 

そういったときに、

 

トレンドを正確にとらえることは、

 

とても大変です。

 

 

 

そういったときのために、

 

あるテクニカル指標を使うと効果的ですが、

 

あるテクニカル指標とは??

 

こんにちは、あおのり先生です。

 

いつもメルマガのご購読、

 

誠にありがとうございます^^

 

 

トレンドを確認するためには、

 

“移動平均線”が役に立ちます。

 

 

 

移動平均線は聞いたことくらいはありますよね?

 

 

 

ちょっとFXをかじったことがある方ならば、

 

『え?移動平均線?そんな単純なもので言いの?』

 

と思った方もいらっしゃることでしょう。

 

 

 

そのくらい、

 

シンプルで世界中のトレーダーから使われている

 

ゴクゴク基本的なテクニカル指標です。

 

 

 

逆にいえばし、

 

世界中のトレーダーが最もよくみて使っているテクニカル指標のために、

 

その効果はとても大きいのです。

 

世界中のトレーダーがみているということは、

 

移動平均線で売買サインが出た気ころは、

 

大きな売買圧力が働きやすい場所として

 

意識することができます。

 

 

 

トレンドラインと同様に、

 

シンプルだから使えないのではなく、

 

シンプルがゆえに、

 

使い方次第で、その威力は倍増するのです。

 

 

 

ということで、

 

実際の移動平均線を使って、

 

チャートを見ていきましょう。

 

◆移動平均線チャート画像

http://www.fxao.net/chartimg/0519.jpg

 

今回見て頂いているチャートは、

 

ドル円1時間足チャートです。

 

 

 

ここでは、

 

25日移動平均線(青ライン)と、

 

75日移動平均線(赤ライン)を使っています。

 

 

 

そして、

 

どちらの短期・中期移動平均線も、

 

チャートの方向性は上を指し示しています。

 

 

 

このことから、

 

移動平均線ベースで見ても、

 

トレンドは上昇を描いていることから、

 

買いエントリーを仕掛けていくのが有利な相場であるということがわかります。

 

 

 

25日間の平均値で見ても、

 

75日間の平均値からみても、

 

どちらの時間軸で見てもラインは上を向いていることから、

 

買い圧力が高まっていることがわかります。

 

 

 

このように、

 

移動平均線とトレンドラインなどを併用することで、

 

さらにするどい洞察で、

 

チャート分析をすることができます。

 

一つのやり方だけで確認するよりも、

 

他のやり方で確認すれば分析精度は当然上がります。

 

 

 

今回は、

 

移動平均線の向きに注目することで、

 

トレンドを把握する方法をお伝えしましたが、

 

移動平均線のもっと重要な使い方が他にもあります。

 

 

 

この方法を知っていると、

 

ブレイクアウト戦略と併用して使うことで、

 

大きな利幅を狙うことが可能となります。

 

 

 

今週のPremiumでは、

 

移動平均線とトレンドラインの併用に力点を置いて、

 

解説していきますので、

 

ブレイクアウト戦略と併用することで、

 

大幅利益を生み出すタイミングを知りたいという方は、

 

今週のPremiumをお見逃しなく!

 

 

 

 

P.S.

私が移動平均線を使う場合は、

 

○本の移動平均線を表示し、

 

○○日移動平均線を明確な基準の元に使っています。

 

 

 

このおかげで、

 

どこで買い圧力が働くのか、

 

売り圧力が働くのかがよりわかるため、

 

トレンドライン分析の場合だけと比べ、

 

断然有利となります。

 

 

 

移動平均線の使い方をみにつけることで、

 

トレンドをより正確に把握していきたい方、

 

より正確な分析力を身につけていきたい方は、

 

あおのり学校Premiumに参加してください。

 

« 勝てる相場と勝てない相場の見極め方 無料メルマガ講座へ戻る 円はなぜ買われているのか? »
このページトップへ