ホーム > 無料メール講座 >  勝率を高める簡単な方法

勝率を高める簡単な方法

 

勝てるという自信があってエントリーしているのに、

 

現実は負けが続いている・・

 

もう一度エントリーするも

 

どうしても勝てない・・・

 

 

 

こうなってくると、

 

大抵のトレーダーがFXの自信を失ってしまいます。

 

 

 

自信がなくなってくると、

 

現在採用している売買ルールが

 

本当に正しいのかどうか自信が持てなくなるものです。

 

 

 

『この売買ルールは本当にあっているのか?』

 

『他にもっといいルールがあるのではないのか?』

 

 

 

このように考えて、

 

他の売買ルールをあれこれ試すようになります。

 

 

 

しかし、

 

仮に新しい売買ルールを見つけたところで、

 

そのルールが100発100中ということはあり得ないでしょう。

 

 

 

そのルールが

 

相場の地合いにあわなければ、

 

いかに完璧な売買ルールといえども機能しなくなり、

 

負けが続くことになるはずです。

 

 

 

こうなると、

 

大抵の個人投資家たちはいかなる売買ルールも通用しないと

 

少ない経験で判断してしまい、

 

ついにはFXの世界から退場していきます。

 

 

 

そこで、

 

メルマガ会員様には永久に相場から退場しないためにも、

 

FXで勝率を高める簡単な方法をお伝えしたいと思います。

 

FXで勝率を高める簡単な方法とは?

 

こんばんは、あおのり先生です。

 

あおのり学校メルマガをご購読頂き、いつもありがとうございます^^

 

 

今回のメルマガでは、

 

勝率を高める方法をお伝えしていこうと思います。

 

 

 

勝率を高める方法はすごく簡単です!

 

答えは単純で、、、

 

狙っていくリターンを小さくし、

 

取るべきリスクを大きくするだけです。

 

 

 

リターンの計算は、

 

エントリーポイントから利益確定ポイントを引くことで算出されます。

 

リスクの計算は、

 

エントリーポイントから損切りポイントを差し引くことで算出されます。

 

 

 

たとえば、

 

ドル円を81円でロングエントリーして、

 

82円で利益確定しようと考えていれば、

 

1円のリターンを狙える相場であると判断できます。

 

 

 

そして、

 

損切りポイントを80円に設定すれば

 

1円のリスクであると事前に理解できます。

 

 

 

この場合、

 

リターンは1円でリスクは1円ですから、

 

確率からみると勝率は大体50%くらいになると思います。

 

 

 

この勝率が不満ならば、

 

60%~70%に確率で勝つことだってできてしまいます。

 

 

 

その方法は、

 

リターンを50銭狙い、リスクを1円に設定すれことです。

 

確率的には60%以上の勝率となるはずです。

 

 

 

このように、

 

FXで負けすぎているという方は、

 

単純にリスクを引き上げれば、

 

必然的に勝率は上がります。

 

 

 

FXで自信を失っているという方は、

 

リスクをもう少し引き上げるようにしてください。

 

少なくとも、

 

現状の成績よりは負けにくくなるはずです。

 

 

 

ただ、

 

勝率を高めることと利益を上げることは、

 

同義ではありません。

 

 

 

勝率が仮に10%だって、

 

利益を出しているトレーダーは利益を出しています。

 

 

 

私自身も、

 

多くの大衆トレーダーたちが意識しているように、

 

勝率自体にはこだわっていません。

 

 

 

だって、

 

私たちのやるべき至上命題は、

 

利益を上げることじゃないですか?

 

 

 

 

では、

 

利益を上げるためには

 

リスクとリターンの関係は、

 

どのくらいの配分で考えるのがベストなのでしょうか?

 

 

 

 

その答えに関しましては、

 

今週のPremiumの中で解説させていただきたいと思います。

 

FXで利益を上げようと願う会員様は、

 

是非とも参加してください。

 

※あおのり学校Premiumでお伝えしている情報は、

FXだけではなく、株式、コモディティなど

あらゆる金融商品を売買するときに役立つ内容となっているため、

一生涯の投資のバイブルとなる情報をお届けしております。

 

 

« チャートの波動が読みにくい時の対処法は? 無料メルマガ講座へ戻る 量的緩和政策(GE2)がドル安を招く »
このページトップへ