ホーム > 無料メール講座 >  負け組トレーダーから脱却するには?

負け組トレーダーから脱却するには?

勝ち組トレーダーと負け組トレーダーの

大きな違いは何なのか?

この違いを発見し、

勝ち組と同じ投資行動をとれば、

負け組トレーダーから脱却することが可能となるはずです。

そこで、

今回は勝ち組と負け組の投資行動の違いを見ていくことで、

勝ち組に近付いてもらいます。

こんにちは、あおのり先生です。

いつもメルマガのご購読、誠にありがとうございます。

今回のテーマでは、

多くのFXトレーダーのようにFXをやればやるだけ、

お金を減らす投資行動から抜け出してもらいます。

まず、

負け組トレーダーの投資行動として、

損失の先延ばしをしてしまっていることを

挙げることができます。

確かに、

再度エントリーした価格帯まで戻る可能性もあるので、

含み損の損失を確定することは、

なかなか難しいかもしれません。

今の相場状況で含み損の状態を抱えている方は、

ドル円、ユーロ円などの通貨ペアを問わず、

ショートポジションを持ち続けている方になるでしょう。

確かに、

先週までは欧州不安をあおるニュースが相次いでいましたから、

そのような報道を根拠にショートポジションをとってしまう気持ちもわかりますが、

そのポジションを持ち続けていては、

損失が増えていくばかりです。

まず、

相場の基本原則であるトレンドが継続する

という法則を理解していないために、

この大きな上昇に飲み込まれてしまい、

ショートで持ち続けている人は、

どんどん資産が減っていることになったはずです。

このように損失が見る見る膨れ上がっている中で、

-2万円程度の損失が出ている段階で、

スパッと損切りができればいいのですが、

これが-10万円まで膨れ上がってしまったらどうでしょうか?

少し皆さんにも考えてほしいのですが、

-2万円 と -10万円 のどちらを損切りしやすいですか?

もちろん、

損失額が少ない-2万円ですよね。

それを先延ばしにすればするほど、

みるみる損失額が増えてきて、

一発で致命傷を負ってしまうのが、

これが負けているトレーダーたちの投資行動です。

また、

彼らは損は先延ばしするくせに、

利益はすぐに確定してしまいます。

FX口座の中に、

数千円でもお金が増えればうれしいものですが、

そんな小さなお金で満足してしまい、

利益確定してしまうのです。

つまり、

損大利小のトレードスタイルになっているわけですが、

勝ち組というのはちょうど正反対のトレードをしています。

損切りをすぐに実行して損を先延ばしせずに、

利益を膨らませていく

損小利大のトレードをしているのです。

利益を膨らませていくためにやるべきことは、

大きく伸びきったところをすぐに決済するのではなく、

自分が決めた利食いポイントまでは

利益確定をぐっと我慢していくことです。

ユーロ円をスイングトレード的に買っていくという前提で説明すれば、

Premium会員様には既報済みのように、

103.80円あたりまでの上昇が予測できて、

その次のポイントとしては105.50円付近までの上昇も考えることができますが、

このポイントまでロングを維持してお金を膨らませていきます。

とはいえ、

当然のことながら再び値が下落することで、

せっかくの利益をとりこぼしてしまうことも当然あるでしょう。

そうなれば、

『せっかく大幅に上昇していたのに、

せっかくの利益をとりそこなってしまった、、、』

と苦々しく思うことでしょう。

投資の世界では良くあることなのですが、

その解決策はもちろんあります。

逆指値注文を使って、

損切りオーダーを出していたポイントを引き上げ、

仮に価格が下落してきた場合でも利益を上げられる状態にすることですが、

ではその方法は具体的にどのように実行すればよいのでしょうか?

詳しいやり方は、

FX勝利の法則Premiumの中で解説していますので、

利益を膨らませていくことで、

勝ち組トレーダーの投資行動を身につけていきたい方は、

ぜひご活用いただければ幸いです。

 

« ユーロ円売買戦略に変化の兆し! 無料メルマガ講座へ戻る ユーロ円下落の兆候 »
このページトップへ