ホーム > 無料メール講座 >  感情を抑え利益を上げやすくするには?

感情を抑え利益を上げやすくするには?

多くの大衆トレーダーたちは、

特にはニュースに振り回され、

また時には識者のコメントに振り回されたり、

あるいはチャート分析の仕方をころころ変えているために、

外為マーケットを見るうえで定見がない。

定見がないから、

一貫したトレードができないわけであり、

いつもころころ売買の根拠を変えていれば、

そこに感情が入り込みやすくなり、

結果としてFXで利益を上げることができないでいる。

FXとは感情が入るからこそ負けるのであり、

感情が入らなければ相場の世界で

大きく負けることはない。

むしろ、

正しい売買ルールさえ身に付けていれば、

トレンドという優位性を活かしている分、

利益は自然とついてくるものである。

確かに、

大切なお金が失うかもしれないというプレッシャーの中で、

トレードをしている関係上、

感情的になるのは仕方がないことだが、

仕方がないとあきらめていてもFXで勝つことはない。

では、

如何にして感情をセーブすることで、

FXの世界で利益をあげれるトレーダーになればよいのか?

こんにちは、あおのり先生です。

いつもメルマガをご購読いただき、誠にありがとうございます。

感情をコントロールする方法としては、

1、自分に合った資金管理の設定(2%ルールなど)

2、チャートを頻繁に見ないようにする

3、相場の理解を深める

という3つの方法があるのです。

1に関しては

投資関連の本でも言われていることであり、

当たり前のことになるのでここでは割愛します。

3に関しても、

チャート分析力を高めることで、

価格の動きを精度高くとらえられるようになるし、

未来の価格の動きに複数のシナリオを立てることができるので、

感情を大幅にセーブできるがようになります。

負けているトレーダーというのは、

『絶対に買いだ!』とか『絶対に下がる!』

とか断定的な判断しかできずに、

一つのシナリオしか描くことができないから、

自分のシナリオ通りに動いてこないと、

感情的になって負けてしまっています。

ですが、

勝っているトレーダーというのは、

自分の思惑に反して価格が動いて来ても、

一つのシナリオではなく複数のシナリオを描いているものです。

そのため、

外れたシナリオではない、

別のシナリオが価格の動きをサポートしてくれるので、

『こっちの値動きできたか!』

というようにすでに想定済みの値動きになるから、

そこに感情が入り込みにくくなるのです。

3に関してはFX勝利の法則Premiumの中で解説していますが、

どのように複数のシナリオを立てているのかを

毎週リアルタイムチャートを使って、

レポートと動画の中で解説しているので、

そちらを見続けることによって、

複数のシナリオを描ける投資眼を身に付けてください。

さて、

2、チャートを頻繁に見ないようにする

という今回のメルマガの本題に移りたいと思いますが、

はっきり言ってチャートにかじりついて見続けることに、

何のメリットもありません。

たとえば、

デイトレーダーとかスイングトレーダーが、

1分足とか5分足チャートをずっと見続けていても、

小さな値動きに一喜一憂してしまい、

自分が最初に決めた利食いや損切ポイントを

守りにくくしてしまいます。

スキャルとか、

超短期目線でトレードをするのならば、

チャートとにらめっこでもいいのですが、

超短期売買でないのならば、

そんなに頻繁にチャートを見ることに

何のメリットもありませんし、

むしろ感情が入りやすいので負けやすくします。

そもそもとして、

チャートを頻繁に見てしまうようなときは、

自分の思惑に反して価格が動いた時が多く、

価格が自分のエントリーポイントまで戻ることを

祈っているときが多いことでしょう。

損失が拡大しているすでに感情的になっている状態で、

さらに小さな値動きを凝視していれば、

ますます感情的になってしまうために、

その状態でまともな判断を下せるかというと、

余計難しくしてしまうことになるはずです。

誰でもできることですので、

チャートを頻繁に見ないことを取り入れることで、

少しでも感情をコントロールしたトレードを実践してみてください。

感情を排除できないトレーダー=負け組

感情を極力排除しているトレーダー=勝ち組

感情をコントロールすることを一つ一つ潰していくことが、

常勝トレーダーに近づくための秘訣となるので、

自分の感情をいかにセーブできるかを考えながら

引き続きトレードで利益を上げていきましょう。

 

« 上昇波動から下落波動へ切り替わるタイミングの発見! 無料メルマガ講座へ戻る ドル円相場はこのまま上昇するか? »
このページトップへ