ホーム > 無料メール講座 >  ドル円100円割れで​ロングによる損失を受​けた方へ

ドル円100円割れで​ロングによる損失を受​けた方へ

こんばんは、あおのり先生です。
いつもプレミアムをご活用いただき、誠にありがとうございます。マーケットが乱れています。
今日も日経は一時500円以上の下落。
その後反発していますが、
ドル円は100円割れの水準です。

100円割れで弱気になった方は多いでしょう。
そして、日経も買えないと考えられている方も多いでしょう。
しかし、私は買い下がっていきたいと考えています。
※中・長期目線です。デイトレ目線ではありません。デイトレ目線では、まだ下もあり得るという判断です。

多くのミーハー投資層が買い場と考えたところで拾えば損が出て、
ミーハー投資層がもうダメだと思ったところを買う人が利益を上げる人、
投資やトレードではそのようなミーハー層の心理を分析していくことで、
利益を上げていくことができるものです。
※人と同じ投資行動を取らない人が利益を上げているから、投資の世界では変わっている人が多いと思われやすい、実際そう言う人が多くなるのは仕方がありません。

ゆえに、
人間の心理を深く知るためには哲学、心理分析もある程度必要です。
投資やトレードとは他者の思考を読み、そして自分の思考も理解してやらなければ、
お金を減らすだけになってしまいます。

『敵を知り、己を知れば百戦危うからず』は投資家にも役立つ哲学的な教えです。
何もこの教えは、百戦錬磨になることを教えてくれるわけではありません。
現代の戦争とも言える投資やトレードも不確実なものであり絶対はないように、
戦争であっても勝つ時もあれば負ける時もあり、
必ず勝てると決まっているわけではありません。
その戦いにおいて全滅をしては再起は難しくなりますが、
そうならないための、大敗しないための先人訓なのです。

100円を割ったところで、
多くの投資家層は弱気になることは3桁と2桁の違いのある数字から仕方がありません。
弱気になってこのまま暴落するかもと案じられている方も、
中にはいるかもしれませんが、私は年内のドル円の推移を予想すれば
まだ強気で見ています。

仮に、今回のロングが失敗したとしても、
それは己を知っていればリスク管理をできているために
カスリ傷程度の損害ですんでいるはずだし、
良い失敗事例になったことでしょう。

そもそも、
失敗するからこそ、さらなるお金や人生の飛躍が待っています。
私が思うに、日本人は保守的すぎるために、
今のような激流にただ怯えすぎているだけでリスクを取っているように見えません。

幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、世間受けする良い会社・組織と
国に敷かれた既定路線に乗っかるだけで、
自分で人生を描く訓練をしてこなかったからこそ、
その既定路線が外される激動期には思考が停止してしまっているのです。

激動期ほど、チャンスになる時代はありません。
そして、既存路線が崩壊する時代はありません。
動かないことの方がリスクになる時代です。

しかし、動けばもちろん失敗もします。
リスクを果敢に取れば失敗をするのも仕方がありません。

でも、失敗を教訓にできるからこそ、
既定路線に乗らずに生きていく術を身につけられるのではないでしょうか?
失敗を恐れアクションを起こさなければ、時代の変化に取り残されますが、
失敗してでもアクションを起こして果敢にリスクを取る方が、
お金を増やすことができるはずです。
そして、失敗から得た教訓を活かして、
新たな活路がリスクを恐る方よりも遥かに開きやすくなります。

あおのり学校ブログもサーバー攻撃でブログがダウンして、
確かに一時的には意気消沈しますが(3ヶ月前にはアメブロの閉鎖)、
しかしこの失敗から得た教訓は大きいものがありました。
セキュリティー管理をより万全にすべきと痛感できたことです。

失敗からは、さらなる成功への飛躍が得られます。
トレーダーや投資家であっても散々失敗しているから、
失敗で自分を知ることができて教訓をえれるからこそ、
その先にある成功の切符を手にしています。

動かないことがリスクの今、
失敗も想定に入れつつもさらなる飛躍を目指し頑張りましょう。
多くの人が道に悩む時代、人生も投資も仕事も家庭も、
失敗を恐れない精神を持ち続けるからこそ、
必ず道が開けてきます。

あおのり学校プレミアムは、
激動期をチャンスと捉えるための思考回路を手に入れたい意思のある方、
自分のオリジナルの勝てる売買ルールを確立したい方、
チャート分析ってこんなにも簡単なのだと実感したい方、
にとっては最適な教材となります。
上記に当てはまる方は是非お役立てください。

 

« 今のドル円、クロス円​のベターな売買戦略 無料メルマガ講座へ戻る 少額資金でも勝てる奇​策『逆張り』 »
このページトップへ