ホーム > 無料メール講座 >  今のドル円、クロス円​のベターな売買戦略

今のドル円、クロス円​のベターな売買戦略

こんばんは、あおのり先生です。

いつもプレミアムをご活用いただき、誠にありがとうございます。

アベノミクスのインフレ圧力は大変強いですね。
時計や車、ブランドものの高級品も安値での売り尽くしセールで、
日本の高級品の売れ行きが世界的に相対的に絶好調のようです。
消費者も、インフレを見越して安いうちに買っておきたい心理が働いているからでしょう。

インフレ期待で利益が上がる絶好のチャンスの投資の需要も非常に高いです。
わずか1時間前に募集させていただいたあおのり学校主催セミナー
もうすでに11名の募集が集まっています。
この勢いでいくと、30名の枠も明日か明後日までには埋まりそうですが、
『アベノミクスによる資産形成術』を学び、
より有効に今のチャンスを捉えていきたい方は、
お早めのお申し込みをお願いします。
今までにないペースで、申込者が殺到しております。
セミナーの詳細 http://aonorifx.com/seminar/

さて、
それでは本題の今のドル円の売買戦略について、
どのような戦略が良いのかを解説していきたいと思いますが、
まずその前に下記のドル円チャート足チャートをご覧下さい。

http://aonorifx.com/chart/20130530.zip

約2週間のこのチャートを見て、今のドル円のトレンドはどうなっていると思いますか?
上昇トレンド?
下降トレンド?
横ばいトレンド?

1時間足チャートで見ると、
現在のトレンドは下落のトレンドを描いていますが、
下げの圧力は弱く、比較的緩やかな下げであることがわかります。

下降トレンドとは、高値切り下げ、安値切り下げパターンですが、
ちょうどそのような形状になっています。

4時間足で動きを確認するとまだ上昇波動を継続していますが、
短期的に価格の動きが弱回っていることがわかりますので、
ドル円は今までのロング戦略の有効度が低下していることがわかります。

チャートだけではなく会員様にはお伝え済みの相場観から見ても、
ある材料がそろそろ出ることでの下落もあり得ることから、
買いが今まで以上に警戒されるタイミングです。
※なお、このような警戒感を伝えるニュースサイトは私が知る限り、ほぼ皆無です。誰も注目していないようですが、プロ目線ではこういう材料も警戒できます。

でも、やりにくい通貨ペアがあれば、やりやすい通貨ペアもあります。
やりにくい通貨ペアをひとまず置いて、
トレンドがつかみ易い通貨ペアで勝負をするのがデイトレーダーです。

株のデイトレーダーだって、4000銘柄ほどある日本株の中から、
最も勝ちやすいと判断できる銘柄を選んで勝負をすることで、
利益を上げています。
短期目線であればあるほど、勝ちやすい通貨ペアを選ばなければいけません。

今利益を上げやすいとあおのり学校プレミアムで判断している通貨ペアは、
プレミアムに載せていますので、
そちらのチャートの形状を確認して、
このようなチャートがチャンスになりやすいのかということを学び
利が上がりやすいチャート形状を覚えてください。

こういったチャートパターンを数多く知ることが、勝利に直結します。
アマチュアが今から独学で相場の勉強をしても、少し遅いと思います。
であれば猛スピードで学べるプレミアムを活用することで、
無駄な損失も減らしやすくした上で、
利を掴みやすくなるチャート形状を学ばれた方が遥かに良いと思います。

 

« ドル円の買い支えポイ​ント100円、売り強​まるポイント105.​50円 無料メルマガ講座へ戻る ドル円100円割れで​ロングによる損失を受​けた方へ »
このページトップへ