ホーム > 無料メール講座 >  表にはない、裏技

表にはない、裏技

=====================
あおのり学校メルマガ10月8日号
著者:あおのり先生
テーマ:メンタル
=====================

東京のオフィスにて。

和を持って尊しとすることは、善か悪か?

色々、議論を巻き起こしそうなテーマとなりますが、

あなたはどちらが正しい価値観だと考えますか?

組織の中で生き残り組織内で上を目指すのであれば、

和を大事にする必要があり、

個人プレーは嫌われます。

また和がなければ技の継承は難しく、

日本は優れた車や電化製品をつくることはなかったはずです。

しかし、ことトレードや投資の世界はこの和を、

あまり必要とされない個人プレイヤーの世界でもあります。

個人プレイに優れた人は、うなぎのぼりの収入を得やすい世界です。

和を大事にする日本の強みを発揮しにくい反面、

個人主義が強い欧米や中国は強いですね。

そのため、

強みを発揮しにくい日本の投資家やトレーダーは、

実は、投資の世界では惨敗続きとなっている現実があります。

つまり、金融マーケットで鴨にされ続けているということです。

この連鎖から抜け出す唯一の方法は、

多数派の逆を行くことです。

それに、

お金持ちになる人はもちろん和も大事にもしますが、

和を大事にするだけではなく、

仮に周りと考え方が合わなかったとしても、

ここぞという時には人とは違う行動をとることで

お金を増やしてもいます。

つまり、皆が買わない時に価格が急落した時に仕込んだり、

メディアで悪材料しかないときに買い込んだりと、

人とは違う行動をすることで、お金を増やしています。

逆に、価格が上昇して皆が買う時に仕込んだり、

メディアで良い材料しかないときに売ってしまったりと、

人と同じ行動をしかできないことで、お金を減らしています。

和を必要以上に重んじすぎている人は、

人と違うことをすることに慣れていないから、

そのための行動を起こす際に、勇気が求められます。

人と違うことをすることって、勇気がいりますよね。

他の人と違う考え方をしているけど、

でもここでは勝負すべき時だと考える時が

長い投資人生において、将来必ず出てくると思います。

そこでは利益を出すチャンスになる可能性は、

人とは逆の行動をとっているので、高まると思われます。

そんな時に勇気を奮い起こすためにも、

投資の先人たちが数々の失敗や成功をした上で語り継いできた

次の投資格言を思い出して、

勇気を出してみてくだい。

『人の行く裏に道あり花の山』

 

« え、FXで4000万円? 無料メルマガ講座へ戻る 単純 VS 複雑 »
このページトップへ