ホーム > 無料メール講座 >  単純な作業の繰り返し

単純な作業の繰り返し

=====================
あおのり学校メルマガ2014年7月8日号
著者:あおのり先生
テーマ:チャート分析
=====================

こんにちは、あおのり先生です。

いつもメルマガ購読ありがとうございます。

 

マーケットに対峙するということは、

すごく地味なことです。

外為マーケットと毎日対峙し続けて思うことは、

ただ淡々と同じことを繰り返す作業に過ぎないのです。

 

数多くある通貨ペアの中でチャンスを見つければ、

その通貨ペアを主軸に売買をしていきます。

儲けが薄い、勝てそうにない通貨ペアでは勝負をしません。

 

欲を前面に押し出して、

一発逆転の勝利を夢見ることもしません。

 

つまり、

売買する上でのルールも完成しており、

相場に対しての迷いもなく、

コツコツ利益を上げ続けていく境地に入ります。

 

一方、

毎月負けが続いている人は、

そもそもとして、ルールも確立されておらず、

ノリでマーケットに対峙しているように見えます。

 

また、

すぐにでもお金を増やしたいと、

焦っている人に負けている人は多くいます。

また、今はいらないとチャンスを逃すと焦り、

無駄に損失を増やす人は多いものです。

 

例えば、

先週は、米雇用統計が想像以上に良い結果で、

ドル円は102.20円まで上昇しました。

勝てない人はこういうのを追いかけていきます。

 

その結果として、

現在のドル円は、

101.60円台下落しておりますが、

攻めるべきところを間違えれば、

高値を掴まされます。

 

なぜ、今は追いかけなくても良いのかといえば、

理由は他にもありますが、一例を出すと、

ドル円の4時間足チャートに、

75日移動平均線を表示することで、

その答えが出ています。

 

4Hチャートに75MAを表示して見ると、

価格と移動平均線は交互に絡み合いながら推移しています。

こういう時というのは、

中期的な値動きとして、

方向感に乏しい展開であることを物語っているのです。

 

仮に、

上昇トレンド相場であれば、

価格は75MAの上に位置しているはずで、

そして75MAも上向き方向を示していることになります。

こういう時なら、追いかけるのも良いかもしれませんが、

今は追いかけても上値が重くなるのは目に見えていました。

 

このように移動平均線を使って、

その上でトレンドラインなどのライン分析をして、

あるいは様々な時間軸のチャートを見ていれば、

チャートの動きはほぼ完ぺきに読み取れます。

一度慣れてしまえば、実に簡単です。

 

事実、私は101.50円付近にあるトレンドラインを、

売買すべきポイントと考え、

下落を待ち構えていました。

高値から下げたところでドル円を再び仕込んでいますが

ドル円は案の定、この付近から反発を試しています。

 

もちろん、再度この水準を下回ったところで、

すでに拾っていくべきポイントも、

今の時点からすでに明らかで、

買っていくべきシナリオも用意されている状態にあります。

 

お金を毎月減らしている方は、

それはルールが良くありません。

仮に、マーケットに対峙していたとしても、

どんどんお金を失うことを繰り返すだけになりそうです。

 

ただ単純に、ライン分析とテクニカル指標、

そしてチャートを複数の時間軸から見ていけば、

迷いというのはだいぶ減ってくると思いますよ。

マーケットからお金を搾り取られることを繰り返すくらいなら、

そうならないための方法を、まずは会得下さい。

 

« マーケットの“異変” 無料メルマガ講座へ戻る 日本銀行の失敗 »
このページトップへ