ホーム > 無料メール講座 >  上がり続けるドル円に思わぬ死角?

上がり続けるドル円に思わぬ死角?

=====================
あおのり学校メルマガ2014年9月10日号
著者:あおのり先生
テーマ:リスク管理
=====================

こんばんは、あおのり先生です。

いつもメルマガご購読ありがとうございます。

 

ドル円の勢い衰えが見えませんね!

売りと買いの均衡バランスが崩れ、

買い方に大きく傾いたことから、

アレヨアレヨという間に、

ドル円が106.60円台まで上昇してきました。

 

あおのり学校ブログではこの上昇相場を年初旬から読んでいて、

ずっと買いでベットしていたので、

特に、8~9月に上昇相場に切り替わってから、

ブログを見て下さっていた方の多くは、

今の相場で利益を確保していると思います。

 

私は、短期スキャル、デイトレード、

スイング、中長期投資などが、

どの時点でどのスタイルが有効かということを考えながら

取引をしておりますが、

この中である程度長く持というと決めていたドル円の

含み益の出方が8月からは違います。

 

長い目線であろうが、短期目線であろうが、

ドル円を買うのであれば、

私はそのどちらも「買い」という判断で見ています。

 

ですので、

個人的には今の相場で、

売りを仕掛けていく人と言うのは、

自殺行為をしているようにも思えるのです。

オシレーターのテクニカルが過熱しているからと、

チャートのみで判断している方の中には、

売り向かっていた方もいるかも知れません。

 

そして、その売りポジションを切らなければ、

ドル円の含み損はかなり大きなものに

なってしまっていたと思います。

『大損を出すことは、FXではご法度です』

 

例えば、

今あなたの元手が100万円あったとして、

100万円が50万円になったとすると、

100万円まで戻すのに、

100%リターンの運用成績を出さなければなりません。

 

100万円が25万円に減ったとすると、

100万円まで戻すのに、

400%リターンの運用成績を出さなければいけなくなります。

 

100%リターンを年間上げるのは、

大きなリスクを取らなければ難しいことですが、

400%リターンを年間で出すことはほぼ不可能です。

もし仮に、そのくらいのリターンを狙うのであれば、

ハイレバレッジにする必要がありますが、

ハイレバにすれば感情的になりやすく、

感情的になれば負けやすくなります。

 

FXでは、冷静さを維持している人が勝利をしやすく、

ハラハラドキドキしてマーケットに向き合っている人は、

ポジションも思惑と逆に方に少しでも動けば、

直ぐ決済するだろうし、

利益がちょっとでも出ていれば、

せっかく出たトレンドの波にも乗ることはできないでしょう。

つまり、感情的になっていても大して儲けられない、

むしろ負けやすくなります。

 

感情的にならないためにも、

そして大損を出さないためにも、

エントリーをすると同時に、

『逆指値注文』を予約して下さい。

逆指値注文は、損切りの自動決済機能と

言い換えることができますが、

思惑に反して価格が動いたとしても、

逆指値を出していたポイントで、

損切りが自動的に執行されることになります。

 

逆指値注文さえ設定して置けば、

【100%大損自体ありえません】

つまり、リスクというものは、

自分の判断で制限をかけることができるのです。

 

FXで大損を出すことをなくす方法はわかりましたが、

では、損切りをどこに設定すれば良いのか?

損切りポイントを理解して設定していれば、

損切りが相次ぐことも無くなります。

詳しい損切りポイントはプレミアムで教えているので、

損切りというディフェンスを完璧にしたい方は、

ご活用ください。

損切りなんて、全然難しくないことが理解できます。

 

« 105円を超えるドル円のエントリー手法 無料メルマガ講座へ戻る 運用利回り【300%】VS【10%】 »
このページトップへ