ホーム > 無料メール講座 >  トレンドラインに強弱を付ける

トレンドラインに強弱を付ける

=====================
あおのり学校メルマガ2014年10月28号
著者:あおのり先生
テーマ:チャート分析
=====================

こんばんは、あおのり先生です。

いつもメルマガご購読ありがとうございます。

 

FXユーザーの多くは、

チャート分析力を高めたいと考えておりますが、

チャート分析をマスターすることは、

相場感やメンタルコントロール法を身に付けるよりも

もっと簡単なことです。

 

チャート分析の軸さえ固まってしまえば、

迷わずエントリーの決断を下すことができるようになります。

 

でも、

たくさんのテクニカル指標をチャートに入れて

分析してはいけません。

 

なぜなら、

次のようなテクニカルを入れていたとすると、

一目均衡表は買いサイン

ストキャスティクスは売りサイン

ボリンジャーバンドは買いサイン

RCIは買いサイン

 

というような状況に陥りやすくなり、

『一体どのテクニカルで売買判断をすればわからない・・・』と

頭が混乱してしまいかねません。

 

であるのだから、

チャートはシンプル イズ ベストと考えて

見た方が良いと言えます。

 

価格というのは、

人間の心理で動いており、

機関投資家であろうが個人投資家であろうが、

買いたいと思えばその思いが買いエントリーに反映され、

価格は上昇するようになります。

 

別に、テクニカル指標は万能ではなく、

人間の心理が買いに傾き過ぎた時など、

価格は大幅上昇するのだから、

チャート分析通りにどの分析法でも

100発100中で動いてくれることなどありえません。

 

だからこそ、

最も古典的である分析手法となりますが、

レジスタンスラインやサポートライン、

トレンドラインの3つのラインだけでも良く、

私はチャートリーディングはこれだけで

70%は完成したも同然と考えています。

 

さて、あなたは複雑にチャート分析をして、

頭がこんがらがった売買をしたいですか?

それとも、

シンプルにチャートの動きを読むラインを中心とした分析手法で、

的確に価格の方向性を読み、

売買ポイントを発見していきたいと考えますか?

 

私は、シンプルな分析を取っていますが、

これだけでも十分に勝てています。

複雑にチャートを見る人は如何にもトレーダーという感じで、

凄そうに考えてしまいがちですが、

ただ見栄えが良いことは勝つこととイコールではありません。

 

では、シンプルに見るために必要な

トレンドラインを引くためにはどうすれば良いか?

それは上昇トレンドをまず発見し、

その中の安値と安値を結び合わせて、

上昇トレンドラインを引いていく。

 

逆に、

下降トレンドが発見できれば、

その中の高値と高値を結び合わせ、

下降トレンドラインを引くという

シンプルな作業のみとなります。

 

トレンドラインはブログで解説していますので

分からない方は参照ください。
http://aonorifx.com/blog/5366/

 

ただ、引き方の基本は分かるのですが、

どうもうまく引くことができない

という方はかなり多いと思います。

 

それは当然のことで、

引き方は人それぞれ違います。

一言で言うと、

プロはラインの引き方を高値安値の起点を抑えつつ、

価格の波動を抑え引いていますが、

アマチュアは価格の波動を捉えずに引いています。

 

それでは、正しく引けるようになりませんが、

私が正しく引けるようになった理由をお答えします。

それは、トレンドライン分析の師匠がいたことです。

 

彼はラインを正確に引いていて、

私はそのやり方は1年かけて学び取りました。

勝っているプロから学んだ方が、

断然ラインの引き方の精度が変わってきました。

 

でも、ラインを正しく引いただけでは

実はそれだけでは不十分です。

 

実は、トレンドラインには

有効になるラインと

有効にならない可能性が高いラインがあることを

あなたはご存じでしたか?

 

プレミアムのチャート分析では、

有効度の高いラインは太く、

そして有効度の低いラインは細く

表示しています。

 

私は正しく引いたトレンドラインに、

強弱を付けてメリハリを持たせることで、

チャートを見ただけで、

次のことが瞬時にわかります。

 

売買圧力が高まりやすいラインとして、

細いラインはエントリーに失敗する可能性が高そうだ

太いラインはエントリーに成功する可能性が高そうだ

と視覚的に把握できています。

 

このような境地に行くためには、

ひたすらラインの引き方をプロを真似て近づけることが、

ライントレードを身に付けるための近道です。

 

あおのり学校では、

ライントレード演習帳(49800円)という

トレンドラインの引き方をマスターできる問題集を

用意しております。

 

160の質問形式で、

ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルなどの

通貨ペアのチャートのどこに

トレンドラインなどのラインを引けるのかを

あなたにも引いてもらい、

回答で私の引き方を学習して、

最後にそのラインを使いどこで売買するかも回答してもらう、

ライントレードに特化した構成となっております。

ライントレード演習帳とは?
http://aonorifx.com/movie/8772/

 

チャート分析がまったくわからない

トレンドラインの引き方がわからない

ラインの強弱の付け方がわからない

という方は、問題集を解くことで、

ライントレードをマスターして下さい。

 

« ドル円売買の急所ポイント 無料メルマガ講座へ戻る 10月のトレード戦略まとめ »
このページトップへ