FX予想

本日為替予想:麻生財務相が法人税減税否定で300円近い日経平均暴落!!!ドル円クロス円弱含み中に

こんばんは、あおのり先生です。

あおのり学校へのご来校、いつもありがとうございます。

 

今日は、日経平均の大暴落で終わり、

300円近い下げを記録して13700円台まで下落しました。

その影響で、ドル円、クロス円やや軟調に切り替わり、

さらにユーロドルは下落基調を強めていうといった展開です。

 

日経平均の下落は、麻生財務相が今週報道があった、

法人税減税の可能性を否定してきたためですが、

麻生発言を嫌気して日経は暴落しました。

 

私のような自営業者にとってはありがたい案であったのですが、、、

どうやらまだ自民党内でも異論があるようで、

法人税減税は不確定な状況で、

その代替案として投資減税を考えているようです。

 

こちらであっても投資家やトレーダーにとってはありがたいのですが、

現在一進一退が続くマーケットを投資減税策で、

円安、株高により持っていこうという思惑もあるのでしょう。

 

いずれにしても、日本の借金1000兆円を超えている今、

日本経済破綻も叫ばれだしている状況下で、

本当に日本の経済って破綻するのでしょうか?

仮に破綻する場合があったとして、為替はどう動くのでしょうか?

そのような話を今日のメルマガで解説していきたいと思います。

メルマガの登録はこちらから

※今日の20時までの登録者にのみお届けします。

 

昨日はNYダウも113ドルほど下落して弱い展開でしたが、

欧州のGDPが堅調でこれを原因にしてユーロドルまあまあ強くなりましたね。

昨日の詳細なイベントは以下をご参照ください。

NYダウ平均 米10年国債利回り WTI原油先物
15337.66ドル
(-113.35ドル)
2.7080% (-0.0070%) 106.85ドル (+0.02ドル)
リスク商品のNYダウは下落。WTI原油先物は小幅高となりました。為替マーケットの参加者はリスクを取ることに消極的となってきています。また、米10年国債利回り は下落しています。つまり、安全商品の国債が買われていることがわかります。米10年国債利回り の動きからも、リスクをとることに消極的となっていることがわかります。リスクに対して消極的ということは、豪ドル>ポンド>ユーロ>ドル>円の順で買われにくくなる相場展開が予想されます。
昨日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
15:00 ドイツ (独) 第2四半期GDP・速報値
[前期比]
+0.1% +0.6% 上 +0.7%
15:00 ドイツ (独) 第2四半期GDP・速報値
[前年比]
-0.2% +0.2% 上 +0.5%
18:00 ユーロ (ユーロ圏) 第2四半期GDP・速報値
[前期比]
-0.3% +0.2% 上 +0.3%
18:00 ユーロ (ユーロ圏) 第2四半期GDP・速報値
[前年比]
-1.1% -0.8% 上 -0.7%
21:30 アメリカ (米) 7月生産者物価指数 [前月比] +0.8% +0.3% 下 0.0%
21:30 アメリカ (米) 7月生産者物価指数
[コア:前月比]
+0.2% +0.2% 下 +0.1%
26:20 アメリカ (米) ブラード・
セントルイス連銀総裁講演
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!

 

では、今日はどのような展開となるか?

(米) 8/10までの週の新規失業保険申請件数を筆頭にして、

まあまあ重要度の高い米経済指標が予定されているので、

これら経済指標の予想と結果による価格変動を警戒していきたいところです。

 

また、

今日は日経平均の大幅下落で緩やかな円高ドル安になったように、

NYダウ、日経平均の上昇があれば円安ドル高、

その逆であれば円高ドル安に動きやすい

といった展開になりやすく、経済指標の他に株式市場にも注目していきましょう。

 

本日の注目イベント”の詳細は下記をご参照ください。

本日の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
21:15 アメリカ (米) ブラード・
セントルイス連銀総裁講演
21:30 アメリカ (米) 8月ニューヨーク連銀
製造業景気指数
9.46 10.00
21:30 アメリカ (米) 7月消費者物価指数[前月比] +0.5% +0.2%
21:30 アメリカ (米) 7月消費者物価指数
[コア:前月比]
+0.2% +0.2%
21:30 アメリカ (米) 8/10までの週の
新規失業保険申請件数
33.3万件 33.5万件
22:00 アメリカ (米) 6月対米証券投資
[ネット長期フロー]
-272億USD 175億USD
22:15 アメリカ (米) 7月鉱工業生産 [前月比] +0.3% +0.3%
23:00 アメリカ (米) 8月フィラデルフィア連銀
景況指数
19.8 15.0
経済指標発表時間前後は為替の動きが激しくなるのでこの時間帯にFXをする生徒さんは細心の注意を払ってください!

 

私の相場観をお伝えしたところで、

次は、チャート分析をメインに相場を見ていきます。

まずはいつものようにドル円1時間足チャートから。

下のチャートは、昨日のドル円1Hチャートです。

ドル円 1時間足チャート
(1時間足チャート期間:7月23日~8月14日)

※上記チャートは、世界中のプロやアマの間で最も利用されている世界最強のチャートと言われるMT4チャートです。私自身も利用していますが、これほど使いやすいチャートにお目にかかったことがありません。

MT4の使い方やMT4を使えるFX業者の詳細はこちら

 

チャート全体の動きを確認すると、下落波動の動きになっており、

一時は95.80円台まで価格が下落するも、

現状では値を切り返しているといった動きをしています。

 

このような展開の中で昨日は、以下のとおり指摘していました。

今日は、98円台で一進一退の展開ですが、

引き続き追いかけずに押してきたポイントで拾っていく戦略を描いていますが、

96.90円ライン付近で押し目買いロングを狙います。

結果がどうなったのかを、今日のドル円を1Hチャートで動きを確認していきましょう。

(1時間足チャート期間:7月24日~8月15日)

※ここで表示しているドル円MT4チャート は、プレミアム会員様にお渡ししているドル円チャートと比べ、表示しているトレンドライン等のライン表示をかなり抑えています。

ライントレーダーのラインはもう少し複雑であり、複雑だからこそ『エントリーポイント』『利食いポイント』『損切りポイント』がより明確化されます。より正確なトレンドラインを知ることで、①価格の動きを精緻に予測しやすくなり、②売買ポイントがより明確になることで利益が上がりやすくなることでしょう。

ライントレードのすべてを知りたい方はプレミアムをご覧下さい

 

今日も、98円台前半付近で価格は一進一退の展開ですが、

引き続き追いかけずに押してきたポイントで拾っていく戦略を描いています。

会員様にはお伝え済みのテクニカル指標の買いサインポイントが上がってきているので、

今回は97.20円付近で押し目買いロングをまず狙います。

 

もちろん材料次第ではさらに下落する可能性もあるために、

ストップロスオーダーを万全にして事前にいくらの損を出すかを理解した上で、

エントリーしていくようにしましょう。

 

ドル円を含むクロス円、ユーロドルに関する詳細な売買戦略は、

下記をご参照下さい。

通貨ペア 売買戦略 トレード戦略 有効なテクニカル
(60分)
ドル円 メルマガで説明する97.20円付近まで値を下げれば、このあたりで買いエントリーを検討していきます。ラインの下にはストップ・ロス・オーダーを設定です。※ドル円のトレード戦略は一部に過ぎません。メルマガでは何パターンかの戦略を提示します 横ばい
ユーロ円 メルマガ会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 横ばい
豪ドル円 メルマガ会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 買いサイン
ユーロ
ドル
プレミアム会員様にはあおのり学校が考える売買ポイントを提示予定 買いサイン
368343有効なテクニカル(60分足)は21種類のテクニカルの中から現在もっとも勝っているテクニカルを掲載しているので、このテクニカルを使えば今の相場環境なら勝率が上がります。FXプライムが提供しているぱっと見テクニカルを使うことで今儲かっているテクニカルが簡単にわかります。
ぱっと見テクニカル詳細

 

それでは本日も、がんばっていきましょう!

 

1540012あおのり学校限定特典1540012

あおのり学校から2万円以上入金するだけで“マーケットの魔術師(2,940円)”をプレゼントしています。

マーケットの魔術師は、数百億円や数千億円をトレードや投資で増やした桁違いの実績を上げた数十人の声をまとめた本となります。ぞのため、FXで利益を上げようと考えられる全ての方にとって大変役立つ内容です。

アイネットFX
もうダウンロードした?

FX業者の内部情報を公開!

世界150ヶ国展開 月間取引量500億ドルのAVAトレードが、世界中投資家の注文状況を丸裸にするツールを開発

  • どこに大量の指値が入っているのか?
  • 現在のトレンドの勢いは強いのか?弱いのか?

 

その全てがわかります!

ダウンロード