作成者別アーカイブ: たまねぎ先生

事実、私は今週仮想通貨を買い増しました。

皆様、こんにちは。たまねぎ先生です。
仮想通貨について解説します。

 
 
5cdf97c4-00ed-4a7d-8ce2-f51b23433819
 
こんにちは。たまねぎ先生です。
今週も仮想通貨業界では色々なニュースが飛び交いました。

 

ビットコインの価格は50万円を超えていたところから、
45万円を割る場面も出てくるなど、
相変わらずのボラティリティを発揮しています。
(9/14時点)
 
50万円台のものが5万円動くとなると
10%以上の変動率ということになりますから、
他の金融商品ではなかなか見ることのないボラティリティです。
 
先週は中国政府の「ICO禁止」のニュースによって相場が動かされましたが、
今週も同じく中国のニュースが相場に影響を与えております。
 
中国の場合は色々なリソースから情報が出るので
完全に真偽を確かめることができているわけではないのですが、
 

今週の重要ニュース

今回のニュースは、「中国の取引所を規制する」というニュースです。
実際に私の友人・知人には、中国の方もいらっしゃいますし、
ダイレクトに情報を受け取ることができるのでありがたい状況なのですが、
 
現地の人たちの情報によると、
まず中国の仮想通貨取引所に中国元で入金できないという話でした。
 
中国元を入金できないので、
元でビットコインやその他のアルトコインを購入することができません。
 
つまりFIat通貨からの資金の流入がストップされていることになります。
これも一時的だったようですし、
取引所によっては普通に入金できたところもあるらしいので
全ての取引所にあてはまるわけではないですが、相場への影響は大きいですね。
 
先週も書きましたが、
中国が仮想通貨業界に与える影響はとても大きいので、
真偽は関係なくてもそのようなニュースが出るだけで価格には影響を与えます。
 
これらのニュースはもちろん仮想通貨相場の下げ要因ですので、
ビットコインはもちろんその他アルトコインは下落しました。
 
私のように最初から中長期でBuy & Holdのつもりで投資している人は
下落した時は少しずつ買い増すという戦略を取るんですが、
 
業界に参入してきた人にとっては下落はひやっとする出来事ですよね。
 
「大丈夫なの?この下落」という風に思う人も多いのか、
Twitter界隈でも「どうしよう。」といった不安のツイートが多かったです。
 
相場の格言で「悲観は買い」といったものがありますが、
私も1つの指針にはしていて、
タイムラインでもうダメだという雰囲気のツイートが増えてきたら
少しずつ買い増すという戦略をとっています。
ご自身で仮想通貨に中長期的に資金を投資してみようと考えている人はこの戦略を試してみてくださいね。
 

今週もう一つの下げ要因

更に今週はもう1つ相場の下げ要因がでました。
それは、米JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモンCEOが
仮想通貨のビットコインを「詐欺」だと批判しました。
 
日経などのニュースサイト複数で大きく取り上げられ、
これを受けてビットコインは大きく下落しました。
 
45万円を超えて47万円付近にいたビットコインは
この報道を受けて43万円台まで下落。
その他のアルトコインも10%近く下落したものが多かったです。
 
金融の世界で相場に対して大きな影響力を持つ人が、
このような発言をすることはよくあることです。
 
私は慣れっこなので、また言っているなという感じでしたが、
相場はそうは思わなかったようです。
 
個人的には、こういう下げ要因を作る人は
逆に自分が仕込む場所を用意しているのではないかと考えています。
 
自分が中長期的に仮想通貨を保有したい場合、
なるべく安い価格で購入したいのは当然です。
多くの人がそう考えるでしょう。
 
ですから、今回の報道も相場をあえて下げて、
下げきったところで自分たちが買うのではないかと考えています。
 
もちろん天底を捉えるというのは至難の業なので、
私は「下落しているな。」と思ったら先程書いた「悲観」を指針に少しずつ買い増すようにしています。
 

今週の私のスタンスは、

今週も私の仮想通貨保有量はトータルで増えております。
 
特にETH、XRP、Moneroを買い増しました。
 
年末に向けて何かしらのイベントや報道がでるとみていて、
その期待で買われて相場が上昇するのではないかと見ています。
 
「噂で買って、事実で売る」とよく言われますが、
 
私はこれを基にポジション取りをすることが多いです。
 
今の仮想通貨業界は要は噂だらけなわけです。
だから期待値でみんなが買う。だから価格が上昇する。
 
でもこの期待はいつか事実に変わります。
 
これは素晴らしいプロダクトが完成したという事実かもしれませんし、
失敗しましたという事実かもしれません。
 
ですが、どちらの場合でも一度は下がると見ています。
 
なぜならそれ以上期待値を感じられないものを人は手放すからです。
つまり売るということになるので相場、価格は下がります。
 
そのタイミングを見計らうことが重要です。
今後どうなるかは誰にもわかりませんが、
 
しっかりとリスク管理をした上で、
余剰資金から仮想通貨を少額でも購入し、触れてみてください。

メルマガ登録者には「勝率90%の出し方」を含む7本の動画をプレゼントしています

メールアドレス(必須)

カテゴリー:仮想通貨 | コメントする |

ビットコインが一時55万円まで続伸!そんな今、中国の動きがアブナイ

こんにちは。たまねぎ先生です。
仮想通貨について解説します。

 
 

b301b761-2f0a-4d51-ad33-dbfcb43da5f9

 
 

ビットコインの価格は先週50万円を超えて、
9/1には一時的に55万円を超える価格をつけた取引所もありました。
 
そこからは上昇が落ち着き、50万円前後での推移を続けています。
 
 
ビットコインの価格というのは国によっても違えば、
取引所によっても違うのですが、
特に日本のビットコインの価格は他国と比べて高い値段なっております。
 
前回のメルマガでも書きましたが、
日本ではCMなど啓蒙活動に力を入れている取引所もありますし、
 
東京などの主要都市ではMeetupという集まりや、
各種セミナーも盛んに行われております。
 
徐々にではありますが、
ビットコインをはじめとする仮想通貨が普及していっているのを感じます。
 
 

中国の見過ごせない動き

 
話は変わりますが、今週はとても大きなニュースが出ました。
 
9/4に中国人民銀行を筆頭とする省庁を横断する委員会が以下のようにICOについて言及しました。
 
ICOによる資金調達は経済および金融の秩序を著しく乱す活動として直ちに禁止する。」
 
まずICOという言葉について簡単に説明します。
近頃仮想通貨界隈では毎日のように出てくる言葉である「ICO」というのは
 
Initial Coin Offering」の略で、
一言でいうと自社やプロジェクトの仮想通貨を発行し、
その仮想通貨を購入してもらうことで資金調達を行うというものです。
 
株の世界ではIPOという言葉がありますね。
この場合は東京証券取引所などに上場するところまでも含んだ言葉となっておりますが、
ICOは単に「仮想通貨を発行して、資金を集める」といった意味で使われています。
 
これまでベンチャー企業が事業計画を立て、
あとは資金だという時には、VC(Venture capital)や個人投資家、
エンジェル投資家に資金を投資してもらってその代わりに自社の株式を渡すという資金調達が一般的でした。
 
ですが、このICOはもっと個人レベルの人たちから資金を調達できるということで、
日本でも「新しい資金調達の方法」という見方で注目されていました。
 
もちろんそれに伴った問題は多数あります。
例えば資金は集まったものの一向に事業計画やプロジェクトが進まない問題であったり、
 
発行する仮想通貨の使いみちなど色々な人が問題を提起していましたが、
今週は国レベルでの動きが出たのです。
 
今週中国の委員会は、
ICOの大部分は「金融詐欺であり、ネズミ講である」と警告し、
ICO関連のサービスは停止、企業や個人に対して当面全面禁止という発表を行ったのです。
 
この中国政府がICO規制に乗り出した背景は、
投資家保護の観点からICOによる詐欺の防止やマネーロンダリング対策が主な目的とされています。
 
 
中国の仮想通貨マーケットに与える影響は大きく、
今回の発表を受けて、仮想通貨市場全体が下落する流れとなりました。
 
特に中国でのプロジェクトであるNEOやQtumといった仮想通貨の価格が大きく下落し、
それにつられて、その他の仮想通貨の価格も下落したということになります。
 
とはいっても現在この原稿を執筆している段階では、
少し戻してきている傾向もあるので、
絶好の買い場になった可能性もありますね。
 

僕自身は・・・

 
僕は、基本的にはBuy &Holdでの取引が多いので、
 
今回の下落をした時に少し複数の仮想通貨の買い増しを行いました。
 
具体的には、NEM/XEMという仮想通貨が一番多く買い増した仮想通貨です。
 
またNEMについても機会があれば説明します。
 
 
各国の動きにはこれからも注目する必要があるなと感じています。
 
特にマーケットインパクトが大きい、中国、韓国、米国、シンガポール、日本の仮想通貨に関するニュースなどですね。
 
実は仮想通貨にはビットコインのように非中央集権をテーマに動いているものと、そうでないものが存在します。
 
一概にどちらが良い、悪いという話ではありません。
 
少しでも興味を持った仮想通貨があれば調べてみて、
 
「あ、これおもしろそう」と思ったら少額からでも買ってみることをオススメします。
 
 

メルマガ登録者には「勝率90%の出し方」を含む7本の動画をプレゼントしています

メールアドレス(必須)

カテゴリー:仮想通貨 | コメントする |

【速報】ビットコインがついに50万円の大台を突破!半年で5倍の価値に。

こんにちは。たまねぎ先生です。
仮想通貨について解説します。

 
 
図1
 

今週はビットコインがついに大台である50万円を突破しました。
その後も51万円台をつけるなど上昇の勢いは止まりませんね。
伴ってその他のアルトコインも上昇しているものが多数あり、
仮想通貨の市場規模(Marketcap)は17兆円規模まで膨らんでいます。
これは単純に、Fiat通貨(現行の国が発行している通貨)から
仮想通貨にお金が流れてきていることを意味します。
つまりどんどん参入者が増えてきている、
もしくは既に仮想通貨を保有している人が
更に資産を追加しているということになります。
仮想通貨の市場規模や、
各仮想通貨の発行量や価格をチェックするには以下のサイトが便利です。
https://coinmarketcap.com

 

時価総額2位のイーサリアムも目立った上昇を見せた


今週はビットコインだけでなく、
上昇が目立った仮想通貨の中に
時価総額2位のイーサリアム(Ethereum)というアルトコインがあります。
これは簡単にいうと
スマートコントラクトという
ブロックチェーン上で完結することができる
契約の自動化プログラムを動かすプラットフォームです。
他にもスマートコントラクト関係の仮想通貨はいくつか存在し、
そんな中でもLISKという仮想通貨も今週大きな上昇を見せました。
300台だったものが一時的に800円台まで上昇しました。
私もLISKは少額保有していたので、一旦決済しています。

 

市場規模が大きい国は?


こういった仮想通貨のマーケットって
世界的にどこが大きいと思いますか?
実は私達が住む日本や、韓国、中国などの
アジアマーケットが今一番熱い状態となっております。
日本では最近大手仮想通貨取引所である「bitflyer」がTVやYoutubeでCMをしていますね。
NHKのニュースや特番などでも
「仮想通貨」や「ビットコイン」という名前をちらほら見るようになりました。
実際にわたしの周りでも
この数ヶ月のうちに仮想通貨の取引を始めた人が
少なくみても20~30人いらっしゃいます。
日本ではまだまだ小さいことは否めないですが、
明らかに仮想通貨に注目している人、
取引を始めている人が増えております。

 

では、他の国はどうでしょう?
中国は、最大の仮想通貨市場でした。
なぜかというと、
ビットコインなどの仮想通貨はマイニング(採掘)という
高難易度計算処理を高性能なコンピュータを使って行い、
そこから新しいコインが発生します。
つまりマイニングした人達が新しいコインを手に入れることができるのです。
このマイニングには、広い土地と電気が必要となります。
中国は土地が広く、更に電気代も安いのでマイニングに適しているとされ、
大きなマイニング工場がいくつも存在するのです。
現在でも世界最大級のマイニングファーム(工場)が複数中国に存在します。
必然的にうまれるコインが中国に多いことから、
そこから取引所での取引量も大きくなったのです。

 

中国を猛追する “ある国” の実情


そんな中国をものすごい勢いで追いかけている国があります。
それが韓国です。
例えばイーサリアムの取引をピックアップしていうと、
韓国の取引量は世界で1番になっているのです。
そんな韓国に今週は市場視察も兼ねて訪問してきました。
約10年ぶりの韓国、
更に出発日の朝に北朝鮮がミサイル発射の報道が出て、
すごいタイミングに行くなという感じです。
 
結論から言いますと、
韓国での仮想通貨はまだまだ浸透していないなと感じました。
取引量は大きいですが、
恐らく一部の大口投資家が大きな資金を入れてるのではないでしょうか。
一般の街の人へのリサーチや、
色々なお店でも確認しましたが、
まだまだ知らない人もいるし使えるところもありませんでした。
 
これは残念だったという感じではなく、
まだまだ市場規模は大きくなる、
伸びてくるという捉え方をしました。
つまりまだまだ仮想通貨というジャンルに投資することで
先行者利益を得ることが可能だということです。
もちろんやみくもに始めるという話ではありませんが、
市場ができあがってない状態というのはビジネスチャンス、
お金を稼ぐチャンスがたくさんあります。
しかも仮想通貨・ブロックチェーンというのは
政府や世界の大企業も取り組んでいる一大マーケット。
まだまだ一般には浸透していませんが、
徐々に広がりは見せています。
近々中国にもマーケット・リサーチに向かうつもりでおります。
その際は報告いたします。

 

※本文で仮想通貨という言葉を使っていますが、

世界では「Crypto currency」という言葉が一般的です。

これを直訳すると「暗号通貨」となります。

実際僕自身も僕の周りのクリプト界隈にいる方達は

暗号通貨という言葉を使います。

ですが、こと日本においては、テレビのニュースや、

政府も仮想通貨という言葉を使い、

これが一般的になっているため

仮想通貨という言葉を使っています。

世界では暗号通貨なんだってことも

頭の片隅に入れておいてもらえると

ウェブサイトやTwitterなどで

暗号通貨と書かれていたとしても

理解しやすいと思いますので、お願いします。

メルマガ登録者には「勝率90%の出し方」を含む7本の動画をプレゼントしています

メールアドレス(必須)

カテゴリー:仮想通貨 | コメントする |
1 / 212

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



あおのり学校限定特典

特典:『要点攻略入門編(14,800円)+3つの売買戦略』進呈。

条件:みんなのFXに口座開設し最低10万円入金の上1回取引

みんなのFX

特典:『FX丸分かりセミナー(29、800円)』進呈。

条件:FXブロ-ドネットに口座開設し1回取引

FXトレーディングシステムズ

特典:『マーケットの魔術師(2,940円)』進呈。

条件:アイネット証券に口座開設し2万円以上入金


特典:特典:2,000円キャッシュバック

条件:ヒロセ通商に口座開設+新規ポジション1万通貨取引


特典:『トラリピくんストラップを抽選で100名様』進呈。

条件:マネースクウェア・ジャパンに口座開設し入金

マネースクウェア・ジャパン

メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ