カテゴリー別アーカイブ: システムトレード

シストレに向いている人いない人

皆様、こんにちは。高橋です。
株のシステムトレードについて解説します。

 
 

前回、システムトレードのデメリット、
について紹介させて頂きました。
前回のURLはこちら
http://aonorifx.com/blog/30123/
 
「そのシャツめっちゃ可愛いじゃないですか~」

然でした
突然話しかけられました。
 
こんにちは高橋です。
 
今年の夏の夜の出来事なんですが、
寝る前に、
「さぁ、軽く飲んでから寝るか」と思い、
冷蔵庫の中を物色するも、
お酒がありませんでした。
 
何か軽く飲まないと、
なかなか眠たくならず、
夜更かしをしてしまいがちな私にとって
アルコールが無いのは
かなり寂しいものなので、
夜な夜な近所のコンビニまで徒歩でスタスタと
お酒を買いに行きました。
 
コンビニの中で、
「今はちょっとダイエット中やから、
糖質オフのビールにしよか、
いや、むしろ今日はハイボールを攻めてみるか」
などとOLのアフターファイブのような事を考えながら
商品を選び、
会計を済ませるためにレジに向かった瞬間、
「そのシャツめっちゃ可愛いじゃないですか~」
とレジの向かい側から、
二十代?の胸元に「トレーニング」という
プレートが付いた女性店員に話かけられました。
 
2efffb47-8892-4112-92fd-3bcec6c4f4b4
 
びっくりしました。
こちらは完全に気を抜いており、
まさか話かけられるとは思っておらず、
プチ青天の霹靂状態です。
 

プチ晴天の霹靂

普通、コンビニでの店員との会話って
会計上の最低限の会話をするだけじゃないですか?
高橋「お願いします」
店員「〇〇円になります。おつりは△△円のお返しになります」
「ありがとうございました~」
高橋「ありがとう」
みたいな。
 
でもその女性店員は、
やや年上の仲の良い先輩に話すくらいの
フランクなトーンで話かけてきました。
 
びっくりしながらも
挙動不審になり、
あたふたしていては
「ただの怪しい人」になってしまうので
それではマズイという思いから、
コンマ数秒で頭を切り替え、
ポーカーフェイスを装いながらも
私が発した言葉は
「ああ、これユニクロで買ったんすよ~」でした。
 
女性店員にたいして、
特に面白い事は言えませんでしたが、
突然話かけられた割には
会話は成立していたので、
及第点の返しだったと思います・・・。
 
そのあとは普通に会計を済ませ、
特に他の会話はありませんでした。
 
帰路につく途中、
さっきの女性店員の事を考えていました。
 
元々、他のコンビニや、似た業種の経験がある人かもしれませんが、
「トレーニング」と書かれたプレートを付けていたので、
あのコンビニでは最近働き始めた人だと思うのですが、
その段階で
他のスタッフもいる中、
業務外の事を話しかけるのは、
凄く度胸があるか、人見知りしない話好きな人かと思いました。
もし、私が店員さんの立場だったとしたら、
なかなか世間話を振る事は出来ないと思います。
 

シストレに向いていない人

女性店員と業務外の話をする事により、
最初はびっくりはしたものの、
悪い気は全くせず、
なにか距離が縮まった気がして
むしろ、いい気分になりました。、
 
ですので、
「あの人はお客さんと話す機会が多い職種が向いるんじゃないかな?」
「その場合どの職業がいいかな」
などと妄想しながらトコトコと帰っていきました。
 
人間、誰しも向き不向きがありますよね。
当然システムトレードを行う場合においても
向き不向きの面があります。
 
大前提として
システムトレードは
「統計的に優位性がある売買ルールに基づいてトレードをする」
のですが、
 
あくまでもルール通りにトレードを行ってこそ
優位性があるトレードが行えるので、
 
損失が発生している時や、
利益がでている時でも損失に変わるのが怖いので、
自分の判断でルール外の手仕舞いを行ってしまう・・・
というような
「売買ルールを信じられないパターン」
によく陥るような人は向いていないかもしれません。
 
ですが、そいういった事は
システムトレードを行う人にとって、
最初はほぼ全員が通る道なので、
あまり気にしなくても良いです^^
 
ただ、あまりにも極端に
「ルールを破ってしまう傾向が極端に強い人」
システムトレードは向いていないかもしれません・・・。
 
上記の問題はクリアできる問題として、
一旦置いておいて、、、
 

シストレのトレードパターンは一言で終わらない

シストレのトレード方法にワンパターンで終わらない。
そもそもシステムトレードと一言で言っても
1パターンのトレード方法というわけではなく、
複数のパターンがあり、
その人の性格や環境に合わせた運用方法があります。
 
今回は代表的な2つのシステムトレードの運用方法の中から
私がこういう人が適性があるのではないか?
と思うパターンを紹介します。
 
1つめは
「売買ルールを自分で作成して運用する」というスタイルです。
自分で売買ルールを作成する場合、
作成方法について、
自分でプログラミングで作成する、
システムトレードアプリで作成するなど、
売買ルールの作り方は多種多様なのですが、
 
多数派と思われる
システムトレードアプリの方で作成した場合、
売買ルール作成に少しコツが必要になります。
(と言ってもプログラム等の専門的スキルは不要です)
そのスキル自体は後から身につける事が出来ますが、
適正という意味で向いていると思う人は・・・
 
「自分で作戦を考えて試行錯誤をする事が好きな人」
例えば、ゲームで強い敵に勝つ方法を考えるのが好き、
将棋などの対戦ゲームが好きなどなど、
「1つのジャンルに深くハマる事が好きなタイプの人」
は売買ルール作成に向いていると思います。
 
逆に、飽き性であったり、
浅く広くハマるタイプの人はちょっと不向きかもしれません。
 
シストレ運用方法 2つめは
「売買ルールを自分で作成せず運用する」というスタイルです。
こちらのパターンの場合、
自分以外が用意した売買ルールにてシステムトレードを行う事になり、
自分で売買ルールを作成していないので、
売買ルール作成にかかる膨大な時間と手間がゼロになるので、
売買ルールの出来さえ良ければ、とても楽に資金が増えていきます。
 
そういったメリットがある反面、
自分で売買ルールを作成していないので、
売買ルールの性質や詳細を理解できない場合が多く、
自分のお金を運用する時に、
損失が発生している時などに、
 
「売買ルールが通用しなくなったのでは!?」
「想定外の事が起こっているのでは!?」
 
と疑心暗鬼になり運用を止めてしまう事が想定されます。
 
自分で売買ルールを作成していても、
「売買ルールを信じられなくなるパターン」はあるのですが、
自分で売買ルールを作成せず運用するスタイルの方が
その傾向が強いと思います。
(システムトレードの初心者のうちは
誰しもその傾向があると思いますが、
経験を積んでいくと
売買ルールに疑心暗鬼になる事は少なくなっていきます)
 

シストレに向いている人

ですので、
「自分で作ったルールでなくても精神的に大きな負担にならず運用できる人」
は自分で売買ルールを作成せず運用するタイプに向いていると思います。
 
そもそも、どのような売買ルールでも常に右肩上がりの成績にはならず、
一時的な損失は必ず発生するものであると念頭に置かなければいけませんので、
「少しの損失も許容できないタイプの人」
には厳しいかもしれません。
(このタイプはトレード自体が難しいような気もしますが・・・)
 
あと、
「自分で売買ルール作成が、時間や労力の関係上難しい生活環境の人」
も売買ルールを自分で作成せず運用派としてトレードできますね。
 
売買ルールを自分で作るにしても、作らないにしても
2つのパターンで
メリットとデメリットがあるので、
どちらが正解という事はありませんが、
割合で言うと、2つめのパターンにあてはまる方が多いかな?と思います。
 
一応トレードのメンタルは後からでも鍛えられるので、
実運用の経験を積めば精神的な負担は軽くなるのですが、
向き不向きの面は、
個人個人の元々の性格による部分も大きいので、
無視はできない要素です。

ざっくりと大雑把にまとめますと
、、
「ルールを破ってしまう傾向が極端に強い人」であり、
「少しの損失も許容できないタイプの人」
以外の人ならばほとんどの場合で、
システムトレードに不向きという事は無いと思います。
 
以上で、システムトレードに
向いている人いない人の紹介を終了します。
 
次回は、株のシステムトレードを行うために必要なものについて
お話させて頂きます。
 
PS ちなみに
「そのシャツめっちゃ可愛いじゃないですか~」
と話しかけられたシャツは、
ユニクロで買ったドンキーコングの赤いシャツでした。
http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/194482

メルマガ登録者には「勝率90%の出し方」を含む7本の動画をプレゼントしています

メールアドレス(必須)

カテゴリー:システムトレード | コメントする |

天才の勝負観とは?日本人で初めて、格闘ゲームでプロになった男

皆様、こんにちは。高橋です。
株のシステムトレードについて解説します。

 
 
前回、私がシステムトレードをお勧めする理由の一つとして、
「実際にトレードする時の負担が軽い」
という事を紹介させて頂きました。
前回のURLはこちら
http://aonorifx.com/blog/30046/
 
ところで、
普段YouTubeって見ますか?
私は結構見るんですけど、
YouTubeって「あなたへのおすすめ」とかいって
おすすめの動画の候補が沢山表示されますよね。
 
こないだ、その候補の中に、
ウメハラ氏が講演している動画があり、
「おっ!、講演動画なんかあるのか、
こういうのは見た事ないな、面白そう」
とワクワクしながら見てみました。
(※ウメハラ氏とは、
格闘ゲームで日本人初のプロになった
ゲーム業界では超がつく有名人です)
 
動画内で、
勝負事にたいする自身の考え方について
話をしておられたのですが、
「あ〜、いい事言ってるな」
と思った箇所がありました。
 
それは
(格闘ゲームの)競争で勝つために完璧な手法はない。
もし完璧な手法が存在すれば、
競争そのものが成立しない。
だから、現在は良いとされる手法であっても、
常に改善を目指さなければならない
といった内容で、
トレードにも共通して同じ事が言えるなぁ
と考えていました。
 
システムトレードにおいても、
メリットは多いものの、
完璧な手法ではなく(そもそも完璧な手法自体存在しない)、
デメリットの部分もありますので、
今回はシステムトレードのデメリットについてお話します。
 
まずは箇条書きでデメリットを紹介します。

1. バックテストは過去にない相場の動きに弱い
2. ハイパフォーマンスが期待できにくい
3. 企業業績などを加味するのが難しい
4. つい裁量を加えてしまう場合がある
5. 売買ルールを作成するのにスキルが必要



hand-2007352_1280
 

1.バックテストは過去にない相場の動きに弱い

こちら以前にもふれましたが
おさらいとして再度紹介致します。
 
バックテストでは
過去の値動きを想定して
売買ルールを作成しているので
未来も過去と同じような結果になる可能性は高いものの、
必ず過去と同じような結果になる。
 
という保証はないので注意が必要です。
過去にない状態が未来に起こると、
システムトレードは対応力に弱い部分がある・・・
 
というのがシステムトレードの
「バックテストは過去にない相場の動きに弱い」のデメリット部分ですが、
こちらは売買ルールを作成する人のスキルに大きく依存します。
ですので、売買ルール作成がスキルが未熟な人が作ったものは
想定外の事が起こった時のリスクが大きいです。
 

2.ハイパフォーマンスが期待できにくい

 
売買ルールにもよりますが、
基本的にシステムトレードでは
ごく一部の天才的な裁量トレーダーや豪運トレーダーが叩き出す
「1年間で資金が数十倍になりました!」というような
超ハイパフォーマンスの成績はほぼ不可能といえます。
 
ですが、
堅実に安定的に運用しようと思えば、
数十%の年利は実現できる可能性が高いです。
 
ですので、システムトレードでは
「一攫千金を目指す!」というよりは、
「安定した資産運用」という性質の方が強いです。
宝くじ的な夢は期待できにくい、
という意味でデメリットとしましたが、
 
私は超ハイパフォーマンスでなくても、
コツコツ増えていく可能性が高い方に魅力を感じています。
とは言え、定期預金の金利のような、
意味があるのかないのか、
よく解らない程度の金利と比べると
システムトレードは圧倒的にハイパフォーマンスです(笑)


3.企業業績などを加味した戦略つくりが難しい

 
現在のシステムトレードの環境では
企業業績等のファンダメンタルを加味出来ないという事があります。

 
ですので、
あくまでチャート上の価格、ローソク足、出来高を基準に、
戦略を考える必要があります。
 
おそらく将来的には
企業業績も加味してバックテストができるようになる
という気はしているのですが、
今のところは私の知る限り不可能ですので、今後の発展に期待ですね。


4.つい裁量を加えてしまう場合がある

 
システムトレードでトレードを行うには、
2つのトレード方法があり、
自分で証券会社にて発注する方法と自動売買があります。
 
自分で発注するタイプのシステムトレードでは、
システムトレード初心者のうちは、
ついつい仕掛けや手仕舞いで裁量を加えて、
色々ルールに反する事をやってしまいがちです。
 
ルールに反する事で、
本来存在するはずの優位性のあるトレードから離れていき、
システムトレードをやりながらも相場から退場していく・・・
 
というパターンで
ルールを守れず、相場からいなくなるというパターンがあります。
 
 
自動売買では、
手動では裁量を加える余地がない、
もしくは裁量を加える手段が少ないので
つい裁量を加えてしまうリスクが劇的に減少します。


5.売買ルールを作成するのにスキルが必要

 
システムトレードのイメージとして、
プログラミングが出来ないと駄目なんじゃないか?
数学的知識が必要なんじゃないか?
 
と思っている方が結構いらっしゃるみたいです。
確かにそういった方法で
システムトレードを実践しているというパターンもあります。
 
ですが、別にプログラムが出来なくても、
小難しいような数式を知らなくても、
全く問題なくシステムトレードのルール作成が出来ます。
 
ただし、最初にある程度、
ルール作成で慣れが必要な部分がありますので、
 
最初につまづいて、
システムトレードのルール作成から離れていくというパターンが多いです。
 
私もルール作成をする際に、
最初は苦戦しながら作成していた記憶があります。

ですが、
自分で売買ルールを作成しなくても、
システムトレードを行える方法があるので、
そちらの紹介についてもまた今後させて頂きたいと思います。
 
システムトレードのデメリットについて
紹介させて頂きましたが、
致命的なデメリットといえるものは無く、
ちょっとしたデメリットはあるものの、

やはり、システムトレードには、
余りあるメリットがあると私は考えています。
 
次回は
“ システムトレードに向いている人いない人 ”
についてお話させて頂こうと思います。
 
PS 私が見たウメハラ氏の動画ですが、。
格闘ゲームを知らなくても、
トレードやビジネスに変換して考えても
面白い動画だったと思うので、
興味があれば見てみて下さい。
「ウメハラ 講演」とかで
YouTube検索をするとhitすると思います。

メルマガ登録者には「勝率90%の出し方」を含む7本の動画をプレゼントしています

メールアドレス(必須)

カテゴリー:システムトレード | コメントする |

元パチプロだった私が、システムトレードを激推しする理由Part2

皆様、こんにちは。高橋です。
株のシステムトレードについて解説します。

 
 
people-2574477_1920 (1)
 
前回、私がシステムトレードをお勧めする理由の一つとして、
「バックテスト」が行えるので
統計的に優位性のあるルールで売買ができる。
という事を紹介させて頂きました。
前回のURLはこちら
http://aonorifx.com/blog/29965/
 
前回の記事を要約しますと、
バックテストを行うと、
「統計的に優位性があるルール」で売買するので
安定した利益が見込める可能性が高い。
という事でした。
 
さて、
今回は私がシステムトレードを
あなたにお勧めしたい理由の2つめの話をさせて頂きます。
 
2つめの理由は
「実際にトレードする時の負担が軽い」という点です。
 
トレードする時の負担が軽いと一言で言っても
メリットはいくつもあります。
 
まずは時間でのメリットです
 
システムトレードでは売買ルールが既に定まっているので、
トレードの判断で悩む要素が
裁量トレードに比べて劇的に少なく、
トレードが楽に行えます。
何をどのタイミング売買するかが決まっているので、
あとはシステム通りにトレードを行えばいいだけです。
 
システムトレードでトレードを行う方法は、
証券会社への発注は手動で行うパターンと
自動で売買できるパターンがあります。
 
手動で証券会社で発注する場合では、
トレードのルールにもよると思いますが、
私が実際に行っていたトレードルールでは
1日で夜に10分程度の作業で発注作業が終わっていました。
 
自動売買でシステムトレード取引の場合、
自分ではトレードで発注する手間もないので、
1日で実際にトレードにかかる時間がゼロ秒で、
トレーに関して時間を割く必要が無く、
1日のトレード結果を確認したい時に
時間が数秒~数分かかるくらいです。
 
一方、裁量トレードでは
株の場合ですと、夜な夜な注目している銘柄を分析したり、
デイトレードを行うにしても、日中に時間がとれなかったり
FXなど夜間にトレードを行うようなトレード対象でも
モニターを凝視しながら、
自分がトレードしたいタイミングを
ひたすら待ちながら売買をする。
といったパターンが多いと思うので、
トレードそのものにかなり時間がかかります。
仮にそのやり方で
利益が得られたとしても大変ですよね。
 
疲れて帰ってきた時や
忙しくて時間がとれない時に限って
後から振り返って
「あの時、トレードしてたら勝ってたのに~!」
という事も往々にしてあり、
実際にトレードはしていないものの、
何か損した気分にさせられるのも嫌なもんですよね。
 
という事で
システムトレードは時間に関するメリットが相当大きく、
相場が開いている時でも、閉まっている時でも、
トレード自体はシステムに任せておけばよいので、
当の本人は、仕事なり、趣味なり、家族との時間なり・・・
と好きなように過ごせます。
 
次に精神的な負担についてのメリットです
 
先程、システムトレードでは売買ルールが既に定まっているので、
トレードの判断で悩む要素が
裁量トレードと比べて劇的に少ないとお伝えしましたが、
トレード判断での部分において、、
相場で利益をあげている時も、損をしている時でさえも
精神的な負担が裁量トレードよりは確実に軽いです。
なにせトレード判断で悩まなくても良いのですから。
 
精神的な負担はトレード結果にも悪影響を及ぼします
 
裁量トレードで負けが込んできて
ついついアツくなり、
普段では考えられないような
大きな量のポジションで損失を取り返そうとしたり、
自分のルールを破って、
何でもかんでも仕掛けて、取り返そうとする・・・
こういう事って一度はやったことありませんか?
 
仮にポジションを増やしたり、
いつもと違うルールでうまくいったとしても、
それはその時に単に運が良かっただけで、いずれはやられてしまいます。
トレード結果にも影響がでますよね。
 
システムトレードでは、
トレードルールの通りに売買が行われるだけなので、
いたってクールなもんです。
 
今回の私が言いたかった事をまとめると、
システムトレードのメリットは、
「時間の節約と精神的負担が軽い」という面もあるという事です。
 
以上で
システムトレードをお勧めする2つめの理由の
「実際にトレードする時の負担が軽い」についての話を終了致します。
 
次回はシステムトレードのデメリットの部分について
お話させて頂きます。

メルマガ登録者には「勝率90%の出し方」を含む7本の動画をプレゼントしています

メールアドレス(必須)

カテゴリー:システムトレード | コメントする |
1 / 212

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



あおのり学校限定特典

特典:『要点攻略入門編(14,800円)+3つの売買戦略』進呈。

条件:みんなのFXに口座開設し最低10万円入金の上1回取引

みんなのFX

特典:『FX丸分かりセミナー(29、800円)』進呈。

条件:FXブロ-ドネットに口座開設し1回取引

FXトレーディングシステムズ

特典:『マーケットの魔術師(2,940円)』進呈。

条件:アイネット証券に口座開設し2万円以上入金


特典:特典:2,000円キャッシュバック

条件:ヒロセ通商に口座開設+新規ポジション1万通貨取引


特典:『トラリピくんストラップを抽選で100名様』進呈。

条件:マネースクウェア・ジャパンに口座開設し入金

マネースクウェア・ジャパン

メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ