作成者別アーカイブ: 高橋佑輔

平日の昼間からビール飲めますか?

皆様、こんにちは。高橋です。
株のシステムトレードについて解説します。

 
 
beer-2439237_1280
 
本日はシステムトレーダーの
日常の過ごし方の例についてお話させて頂きます。
システムトレーダーについては
過去の記事「シストレに向いている人いない人」(http://aonorifx.com/blog/30238/
にてお話させて頂いたように、
 
自分で売買ルールを作成してトレードする人

自分で売買ルールを作成せずにトレードをする人
 
の2種類の人がいます
(上記2種類のシステムトレーダーについて、それぞれメリットやデメリットがあり、どちらも素晴らしい面があるのですが、その話題は今回割愛します)。
 

好きな時に好きなことをできる自由

 
自分で売買ルールを作成する人(Aさん)と
自分で売買ルールを作成せずにトレードをする人(Bさん)とで、
どちらもシステムトレーダーだとすると、
 
基本的にはトレーダーとは思えないくらい
トレードについて日頃ほぼ何もしません。
 
夜とかにその日の損益を見るくらいですかね。
しかし、それも見なければいけないという事は無いです。
 
ですので、
平日は仕事や趣味などトレードに無関係な1日を過ごし、
休日もプライベートなどで時間を過ごすといった事になります。
 
AさんとBさんの違いは、
平日の夜や休日など空いた時間にAさんが売買ルール作成(改善)に取り掛かるといった事です
(売買ルールがある程度完成していると、売買ルールの作成を常に行う必要はなく、何かトレードのヒントを思いついた時のみの作成で十分です)。
 
つまり
システムトレーダーは日頃、
トレードにかける時間がほぼ全くなく
自由な時間が過ごせるという事になるのです。
 
しかし、
自分でトレードをやらないと物足りない
とか
裁量トレードでも稼ぎたい
といった方もおられると思います。
 
そういった方は
システムトレードで資金の一部を運用しつつ、
別の資金で他のトレードを行うハイブリッド的な運用は全然アリだと思います。
なにせシステムトレードは時間と労力を必要としませんから、
他のトレードをする余裕が生まれてきますからね。

 
 

このたび、私が作成しました
年利70%の売買ルール「Chronus(クロノス)」の詳細ページが完成しましたので是非ご一読ください。

https://www.synergista.net/chronus

 

「Chronus」の今週の成績(12/8~12/14)

 
現在、私が作成しました売買ルール「Chronus(クロノス)」を
株式会社テラス様にて販売しております。
http://www.openterrace.jp/detail.html?id=1118
 

さて、「Chronus」のシミュレーションモードの今週の成績はといいますと、
前回の2017年8月7日から12月7日時点で、
518,305円の利益が上がっていたものが、
12月14日時点で、493,603円の利益となり、
24,702円の損失となっています。
今期は負けてしまいましたので、
2連敗となっております。
 

下図の表の左上の「累積ネット損益」というところを見て下さい。
ALLはストラテジーの集合体ですが、
右側のCL1やCL2はストラテジーとなっており、
中にはマイナスのものもありますが、
全体でプラスであれば何も問題ありません。

 

スクリーンショット 2017-12-15 14.36.06
今期は12/8から12/13までは毎日僅かにプラスだったのですが、
12/14に大きめに負けてしまいましたので、
トータルではマイナスになってしまいました。

 

SnapCrab_NoName_2017-12-14_17-32-49_No-001
上の図の今期の日経平均の赤丸の箇所を見て頂きたいのですが、
今期の序盤では日経平均が上昇しており、
その後下落しているものの
今期全体で見れば、上昇しているという流れでした。
 

現在のポジション比率は
空売りのポジション比率が圧倒的に多い状況になっています。

 

グラフはこちら

 

SnapCrab_NoName_2017-12-14_17-6-10_No-001
 
グラフの赤い線が全体の資産の流れなのですが、
黄色の〇が今期の資産の推移で
今期は最終日に下落してしまった事がわかります。
 
ただ、過去の資産の流れを見ると、
よくあるレベルの下落なので、
全く気にする必要はありません。
 
「chronus」について
もし、何か疑問点がありましたら、
些細な事でも全然構いませんので、
遠慮なく
http://itrade.tokyo/contact-takahashi/
までお問い合わせください。
私がお答えさせて頂きます。
最後まで読んで頂きありがとうございます。
 

PS:小腹が減った時や、
おかずに何か一品追加したいような時って
どうされていますか?
 
私の中で最近ちょっとブームになっているものがあります。
それは、極々シンプルで
納豆と生卵を混ぜて食べるだけなんですが、
安価で美味しく、
 
しかも調理時間も短く、
栄養価も高いらしいので
私のなかでデメリットが見当たりません。
「早い安い美味い」を地で行くお勧めの一品です。
 
ちなみに前のブームはゆで卵で、
その前は魚の缶詰でした。
 
ゆで卵は調理時間が少し長く、
魚の缶詰はやや価格が高くかさばる
というデメリットがあったので、
今の納豆卵で満足しています。
 
ちょっとずつ良いものを求めて変化させていく過程が
システムトレードの売買ルール作成段階に似ているなと思いつつ、
今日も冷蔵庫に手を伸ばすのでした。


カテゴリー:システムトレード | コメントする |

売買ルール持ってる?

皆様、こんにちは。高橋です。
株のシステムトレードについて解説します。

 
 
rules-1339917_1280
 
あなたはトレードを行う時の売買ルールを持っていますか?
非システムトレーダーの場合、
特に決まった(定義された)売買ルールでトレードをせず、
その時その時で感覚的に売買している方が多いと思います。
 
私としては決まった売買ルールが無いのはお勧めできません。
何故なら売買ルールに再現性がないからです。
明確にルールが定義されている売買ルールであっても
1回1回のトレードで勝ったり負けたりして、
統計的に優位性があるかどうかの判断をする為に
多くのトレード回数が必要となるのに、
 
売買ルールが定義されていないとなると、
何が原因で勝っているのか負けているのか解らない状態になってしまいます。
 

システムトレードの仕組み

 
システムトレードでは
明確に定義づけられた売買ルール
(例えば:〇日間の移動平均の乖離率が〇%以上など)
で取引を行います。
 
そういった明確に定義づけられた売買ルールを過去の価格データを用いて
検証(バックテスト)をするので、
優位性があるかどうかの判断ができます。
そうやって完成した売買ルールを複数用いてトレードを行うのが
システムトレードの強みです。
 
明確なルールを持っているのと持っていないのとでは
長期的なパフォーマンスにおいて
かなりの差が出るのは自然な事であると思います。
 
このたび、私が作成しました
年利70%の売買ルール「Chronus(クロノス)」の詳細ページが完成しましたので是非ご一読ください。

 
https://www.synergista.net/chronus
 

「Chronus」の今週の成績(12/1~12/07)

 

現在、私が作成しました売買ルール「Chronus(クロノス)」を
株式会社テラス様にて販売しております。
http://www.openterrace.jp/detail.html?id=1118
 
さて、「Chronus」のシミュレーションモードの今週の成績はといいますと、
前回の2017年8月7日から11月30日時点で、
518,961円の利益が上がっていたものが、
12月7日時点で、518,305円の利益となり、
656円の損失となっています。
今期は僅かとはいえ負けましたので、
前期までの3連勝が終了となりました。
 
下図の表の左上の「累積ネット損益」というところを見て下さい。
ALLはストラテジーの集合体ですが、
右側のCL1やCL2はストラテジーとなっており、
中にはマイナスのものもありますが、
全体でプラスであれば何も問題ありません。
 
スクリーンショット 2017-12-07 18.52.39

 
今期は主にCL1やCS4で勝ちましたが、
CL6にて負けたのでトータルで微損となりました。

 

SnapCrab_NoName_2017-12-7_17-28-24_No-00
上の図の今期の日経平均の赤丸の箇所を見て頂きたいのですが、
日経平均が途中で大きく下落した事もあり、
前期の終わりより日経平均が下がっています(-226円)が、
 
Chronusではほぼトントンで、
たいした被害になりませんでした。
 
現在のポジション比率は
買いのポジション比率が圧倒的に多い状況になっています。
 
グラフはこちら

 

SnapCrab_NoName_2017-12-7_17-2-58_No-00

 

グラフの赤い線が全体の資産の流れなのですが、
黄色の〇が今期の資産の推移で
今期は大きな資産変動がなかったことが解ります。
 
「chronus」について
もし、何か疑問点がありましたら、
些細な事でも全然構いませんので、
遠慮なく
http://itrade.tokyo/contact-takahashi/
までお問い合わせください。
私がお答えさせて頂きます。
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。
 
PS:新居に引っ越して少し経つのですが、
早速プチトラブルがありました。
 
トイレの水を流すと止まらないんです・・・
 
タンクの横のレバーで水を流すときに、
レバーを軽く動かすと
しばらくしたら水が止まってくれるのですが
問題は大きくレバーを動かしたときに
5回に1回くらい
ずっと水が流れっぱなし状態になってしまっているんです。
 
原因を究明するべくタンクのフタを開けて、
レバーを動かして挙動を観察ていると、
原因がわかりました。
 
タンクの中の水が一定まで貯まると
正常時は球が浮かんできて
水が止まるようになっているのですが、
一向に球が浮かんでこない時がありました。
 
「浮かべ!浮かべ!」という応援もむなしく
うんともすんともいかないので、
管理人さんを呼んで修理してもらいました。
 
トレードでも同じように
上手くいっていない原因をすぐに解明して
修正できたら最高ですね。


カテゴリー:システムトレード | コメントする |

トレードの世界で生き残れない人の共通点

皆様、こんにちは。高橋です。
株のシステムトレードについて解説します。

 
 
トレード未経験者や初心者と
トレードで勝つという話をしている時に
違うな~そうじゃないな~
と思う事があります。
 
よくあるパターンとして、
トレードで勝っている人は何か凄い情報を知っていて
その情報によって勝っているのではないか。
 
とか、、、
勝ちパターンを知っていて
勝つためのスキルに長けているのではないか。
 
といった
内容の話をされる事が非常に多いです。
 
ですが、実際には違います。
いえ正確に言うと、
上記のようなパターンによって勝つ事もありますが、
もっと土台の部分が異なります。
 
長期間勝ち続ける事が出来ているトレーダーが
何故勝ち続ける事が出来るか
という事の大きな要因は
負け方が上手い
という事に尽きます。
 

勝ち続けるトレーダーのうまい“負け方”

 
負け方が上手いから被害を最小限にとどめて
次の勝負に挑む事ができ、
負け方が上手いから
何度裏目にでて、損失トレードが続いても
相場から退場せずに済みます。
 
1回1回のトレードや短期間のトレードで勝つという事は
誰でも出来ます。
単に運が良ければ勝てますからね。
むしろ初心者の方が短期的に見ると
大きく勝てる事が多いと言ってもいいくらいです。
初心者は資金に対して
とてつもなく大きなポジション量でトレードするので
勝つ時の恩恵は大きいです。
ですが、負け方が下手なのでいずれ相場から去っていく人が大半となります・・・。
システムトレードではあらかじめ過去のデーターを元に
検証を重ねて、
如何にうまく負けるかを試行錯誤する事が可能なので、
システムトレードでのトレードは
大負けしにくく、長期的に勝ちやすいのですね。
このあたりの詳細は
過去の記事
「元パチプロだった私が、システムトレードを激推しする理由Part1」
http://aonorifx.com/blog/29965/)をご参照ください。
 
このたび、私が作成しました
年利70%の売買ルール「Chronus(クロノス)」の詳細ページが完成しましたので是非ご一読ください。

 
https://www.synergista.net/chronus
 

「Chronus」の今週の成績(11/24~11/30)

 
現在、私が作成しました売買ルール「Chronus(クロノス)」を
株式会社テラス様にて販売しております。
http://www.openterrace.jp/detail.html?id=1118
 
さて、「Chronus」のシミュレーションモードの今週の成績はといいますと、
前回の2017年8月7日から11月23日時点で、
452,380円の利益が上がっていたものが、
11月30日時点で、518,961円の利益となり、
66,581円の利益になっています。
今期も勝ちましたので、
現在3連勝中ということになります。
 
下図の表の左上の「累積ネット損益」というところを見て下さい。
ALLはストラテジーの集合体ですが、
右側のCL1やCL2はストラテジーとなっており、
中にはマイナスのものもありますが、
全体でプラスであれば何も問題ありません。
 
図1201
 
日経平均は今期上昇していますが、
前期から保有している
空売りのストラテジーCS4で保有しているポジションの含み損が軽減され
今期の勝ちに繋がっている主な要因になりました。

 

SnapCrab_NoName_2017-12-1_9-8-23_No-001
 
前回、日経平均が下がれば面白い事になりそうとお話しましたが、
上の図の今期の日経平均の赤丸の箇所を見て頂きたいのですが、
日経平均が上昇しても空売り銘柄で被害にならず、
利益の方向に動いたのは非常に素晴らしいです。
もし、日経平均が大きく下がっていれば、
今期はもっと大きな利益になっていたと思われます。
 
現在のポジション比率は
空売り銘柄のポジション比率が圧倒的に多い状況になっています。
 
グラフはこちら

 

SnapCrab_NoName_2017-11-30_20-17-12_No-001

 

グラフの赤い線が全体の資産の流れなのですが、
黄色の〇が今期の資産の推移で
負ける時は少なく
勝つ時は大きい資産曲線を描いていることが解ります。
 
「chronus」について
もし、何か疑問点がありましたら、
些細な事でも全然構いませんので、
遠慮なく
http://itrade.tokyo/contact-takahashi/
までお問い合わせください。
私がお答えさせて頂きます。
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。
 
PS:つい最近、新居に引っ越しをしまして
新しい家具や家電を買い揃えているのですが、
大きいものから小さいものまで色々買っていると
なかなか持ち運びが大変ですね。
 
あまりに大きいものはネットショッピングや配送にしていますが、
自分で運べるサイズのものは
極力自分で何とかしていて、
買う→車に詰める→部屋に移動させる。
のループを何度も繰り返しています。
ここ数日、暖かかったこともあり
ハァハァ息を切らしつつ汗をかきながら持ち運んでいました。
 
そういった経緯がありながら、
色々な物を買っているのですが、
今回、遮光カーテン(光を通しにくいカーテン)デビューをしました。
 
使ってみたところ、
確かに光がほとんど通らず、
照明を消すと部屋が暗いので、
以前より熟睡出来ているような気がします。
あと、冷暖房効率も良くなるらしいです。
 
値段も手頃でしたので、
買って良かったと思います。
なかなかお勧めですね。
遮光カーテン。


カテゴリー:システムトレード | コメントする |
1 / 612345...»

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



あおのり学校限定特典

特典:『要点攻略入門編(14,800円)+3つの売買戦略』進呈。

条件:みんなのFXに口座開設し最低10万円入金の上1回取引

みんなのFX

特典:『FX丸分かりセミナー(29、800円)』進呈。

条件:FXブロ-ドネットに口座開設し1回取引

FXトレーディングシステムズ

特典:『マーケットの魔術師(2,940円)』進呈。

条件:アイネット証券に口座開設し2万円以上入金


特典:特典:2,000円キャッシュバック

条件:ヒロセ通商に口座開設+新規ポジション1万通貨取引


特典:『トラリピくんストラップを抽選で100名様』進呈。

条件:マネースクウェア・ジャパンに口座開設し入金

マネースクウェア・ジャパン

メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ