カテゴリー別アーカイブ: バイナリーオプション

混乱の乱高下相場:個人投資家が勝ち残る為の「5つの提言」

皆様、こんにちは。K先生です。
バイナリーオプション投資について解説します。

 
winner-1714482_1280
 
先月末からの株価の暴落、そして為替相場でのドル安は一服し、とりあえず目先の
危機は去りつつあります。
 
 
この乱高下によって、相場から離れていた人たちが再度、夢を求めて戻ってきているようです。実際私の元同僚が多く勤めているFX業者にも、ほとんど取引のなかった顧客から問い合わせが相次いでいるようです。
 
 
実際に、マーケットは乱高下の度合いを深めておりますが、相場の頂点では
ボラティリティは高くなりやすく、右肩上がりの相場地合いの時よりも難易度は格段に
高まります。
 
 
そして、現在は悪材料があれば、一瞬にして市場が崩落するような危険な局面に入っています。
 
 
そのため、為替レートの上げ下げで利ざやを取る個人トレーダーの多くは市場に翻弄されて、損失を拡大させるでしょう。今回再度取引を再開しようとする個人の多くは市場から一人また一人と去っていきます。
 
 
多くが敗退して市場から抜けていき、最後に残るのは生粋のギャンブラーと、
底値に向かって落ちる相場をハゲタカのように狙う長期投資家だけになっていきます。
 
 
では、このような中で如何に私たちは勝ち残っていけば良いのか?
 
今日は5つの提言をしたいと思います。
 
 

混乱の乱高下相場を勝ち残る為の「5つの提言」

 
 
①信用力の高い通貨買い、信用力低い通貨売りの徹底
 
不安定なマーケット地合いになると、信用力の低い通貨ほどどこまでも叩き落されます。
そして、信用力が高い通貨とは、10年国債利回りが低い通貨ペアです。
日本の 10年国債利回りもわずか 0.1%と金利がほとんど付きませんが、信用されているからこそ金利が下がるのです。スイスの利回りなどマイナス圏です。
 
つまり、マーケットが不安定になればなるほど、
 
スイスフラン>円>ユーロ>ドル>その他先進国>新興国
 
という順で買われやすくなります。レアルやトルコリラ、ルーブル、ランドなどは現在は安定していますが、値段が安く金利も高いから買いだと思って買うと、さらにどん底まで叩き落されるのが新興国通貨なので、これらは買いでは一切手を出さないことです。
 
現在まだそこまでリスクが顕在化しているわけではないのですが、今後アメリカや中国の問題がより深刻になってくることで、リスク回避通貨としてドルよりも円が選好されやすくなるでしょう。
 
 
②動きが読めない通貨ペアは一切無視
 
ユーロ円など方向感はほとんどなく、さらに動きも一定の法則がなく、価格の未来を予測しにくいです。
 
このような通貨ペアは売買から外し、ドル円のように大口機関投資家が仕込む通貨ペアに絞りましょう。今の相場は、何か悪材料が出るといきなり暴落したりもする不安定な
地合いです。
 
本当のチャンスのところまでトコトン待つことで、他のほとんどの個人は敗退していく中を生き残ることができます。
 
 
③様子見スタンス量を増やす
 
正直、今のドル円は楽に取りやすいと思います。
 
ただ、この流れもいつまでも続くわけではなく、ユーロ円のように訳がわからない動きに変わる時も出て来るでしょう。そうなってくれば、チャートが自分で納得できずわけがわからなければ一切取引をしないことです。
 
他の多くの個人はこれから市場から敗退していくことになります。その後生き残るのは、プロのみのマーケットへと変遷していくでしょう。なので、下手なところで傷口を広げてはいけず、次の大相場の芽が出て来た時の余力を絶対に残すようにしましょう。
 
 
④勝ちやすい通貨ペアを選定しその通貨ペアに集中する
 
リスクが高まっている時の通貨ペアの力関係は、信用力の高い通貨に最終的には
軍配が上がりますので、中長期的には信用力が高い通貨ペアの方が上がるので、
確率論的にも信用力が高い通貨ペアを買っていれば勝てます。
 
 
⑤資金サイズをいつもよりも小さくする
 
相場の世界は勝ちにくい時もあれば勝ちやすい時もあります。今は高値圏のボックス、
さらに乱高下が激しく、中国バブル崩壊前よりも難易度が高まっています。
勝てないなら、リスクを小さくする必要があります。
これからのマーケットは、腕がないアマチュアは市場から一人また一人と抜け落ちていくでしょう。
 
つまり、アマチュアという鴨がいなくなってくる市場環境の中ではプロが主要な敵となるので、彼らと伍して戦っていく必要があります。
 
いつもよりも勝てないなら資金サイズを下げる、様子見を増やす、勝ちやすい通貨ペアを探すなどして、私たちは勝ち残っていきましょう。
 
特に、対ドルではその他通貨ペアは崩れているので、お宝をうまく発見できれば資金を大きく増やしていきやすくもあります。
 
 
では、また次回お会いしましょう。


カテゴリー:バイナリーオプション | Leave a comment |

2月19日(月)今週の注目指標

皆様、こんにちは。K先生です。
バイナリーオプション投資について解説します。

 
 
本日のブログも、今週の注目指標についてご案内したいと思います。
 

2/19(月)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
香港、上海休場(旧正月)
NY休場(プレジデンツデー)
8:50 (日) 1月貿易収支 +3590億円 -1兆36億円 -9434億円
19:00 (ユーロ圏) 12月建設支出 (前月比) 0.5% 0.1%
2/20(火)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
上海休場(旧正月)
(ユーロ圏) 欧州連合(EU)財務相会合(於;ブリュッセル)
6:45 (NZ) 10-12月期生産者物価指数 (前期比) 1.0% 1.0%
6:45 (NZ) 10-12月期生産者物価指数 (投入高・前期比) 1.0% 0.9%
9:30 (豪) RBA議事録        
16:00 (独) 1月生産者物価指数 (前年比) 2.3% 1.8% 2.1%
19:00 (独) 2月ZEW景気期待指数 20.4 16.0 17.8
19:00 (ユーロ圏) 2月ZEW景気期待指数 31.8 29.3
24:00 (ユーロ圏) 2月消費者信頼感・速報 1.3 1.0 0.1
2/21(水)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
上海休場(旧正月)
10:10 (日) 布野・日銀審議委員 講演
17:30 (独) 2月製造業PMI・速報 61.1 60.5 60.3
17:30 (独) 2月サービス業PMI・速報 57.3 57.0 55.3
18:00 (ユーロ圏) 2月製造業PMI・速報 59.6 59.2 58.5
18:00 (ユーロ圏) 2月サービス業PMI・速報 58.0 57.6 56.7
18:30 (英) 1月失業者数 +0.86万人 -0.72万人
18:30 (英) 1月失業率 2.4%   2.3%
18:30 (英) 12月ILO失業率(3カ月) 4.3% 4.3% 4.4%
18:30 (英) 1月財政収支 -10億GBP +114億GBP +116億GBP
23:00 (米) ハーカー・米フィラデルフィア連銀総裁 講演        
23:15 (英) カーニー・英中銀総裁 講演        
24:00 (米) 1月中古住宅販売件数 557万件 560万件 538万件
24:00 (米) 1月中古住宅販売件数 (前月比) -3.6% 0.5% -3.2%
28:00 (米) FOMC議事録 (1月30・31日分)        
2/22(木)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
14:15 (米) クオールズ・FRB理事兼副議長 講演
18:00 (独) 2月Ifo景況感指数 117.6 117.0 115.4
18:30 (英) 10-12月期GDP・改定 (前期比) 0.5% 0.5% 0.4%
18:30 (英) 10-12月期GDP・改定 (前年比) 1.5% 1.5% 1.4%
22:30 (米) 新規失業保険申請件数 23.0万件 23.0万件 22.2万件
24:00 (米) ダドリー・米NY連銀総裁 講演        
26:10 (米) ボスティック・アトランタ連銀総裁 講演        
2/23(金)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
6:45 (NZ) 10-12月期小売売上高 (前期比) 0.2% 1.3%
8:30 (日) 1月全国消費者物価指数 (前年比) 1.0% 1.3%    
8:30 (日) 1月全国消費者物価指数 (生鮮食品除く:前年比) 0.9% 0.8%    
16:00 (独) 10-12月期GDP・確報 (前期比) 0.6% 0.6%    
16:00 (独) 10-12月期GDP・確報 (季調前:前年比) 2.3% 2.3%    
19:00 (ユーロ圏) 1月消費者物価指数(HICP)・確報 (前年比) 1.3% 1.3%    
27:30 (ユーロ圏) クーレ・ECB理事 講演        
2/24(土)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
5:40 (米) ウィリアムズ・米サンフランシスコ連銀総裁 講演        

 

専門家でも相場を予想しづらい地合いに

 
先週のドル円相場は 、金曜日に一時105円半ばまで売られ、2016年11月10日以来、
1年3カ月ぶり円高水準をつけました。
この時ドルは円だけでなく 主要6通貨に対するドルの値動きを示すドル指数も、
3年2カ月ぶり低水準をつける全面安となっています。それ以前に懸念されていた
株式市場では、 ダウ平均が1月下旬のピークから一時2700ドル以上値下がりした
ものの、この5営業日で下落幅の半分を回復しています。
 
また。 主要国の中で直近安値からの戻りが最も鈍かった日経平均も連騰しています。
これにより、株式市場と為替市場が連動しない相場状況となっており、来週以降の動きを予想するのが非常に難しくなっています。
このような状況下では、無理に取引をせずじっと動きを見守ることも
必要かもしれません。
 
では、今週注目の指標についてお話ししましょう。
 
 

今週も引き続き米連銀総裁の講演に

 
上記のように、現在の為替相場は、株価ではなく日米の金利差によっているところが
大きいため今後予定されているアメリカの利上げ回数に注目が集まっています。
 
週の後半にはこの利上げ回数に関する発言が予想される米連銀総裁の講演が連続
していますので引き続き注意が必要です。
 
21日
(米) ハーカー・米フィラデルフィア連銀総裁 講演

 
22日
(米) ダドリー・米NY連銀総裁 講演
(米) ボスティック・アトランタ連銀総裁 講演

 
24日
(米) ウィリアムズ・米サンフランシスコ連銀総裁 講演

 
また、ここまで急激に円高が進行した事に対し、日本政府や日銀による口先を含めた介入も予想されるため、突発的な円安にも警戒が必要でしょう。
 

今週の注目指標

 
その他注意すべき経済指標は
 
20日に発表される
(豪) RBA議事録
 
21日に発表される
(米) FOMC議事録 (1月30・31日分)
 
23日に発表される
(日) 1月全国消費者物価指数
 
には注目が必要です。
 
では、また次回お会いしましょう。


カテゴリー:バイナリーオプション | Leave a comment |

FXで絶対に負けない2つ方法

皆様、こんにちは。K先生です。
バイナリーオプション投資について解説します。

 
you-win-1143113_1280
 
相変わらず、FX相場は非常にボラティリティが高い地合いが続いています。
昨日もドル円相場は、日経平均や欧州株の下落により、108円半ばから1円以上も円高になっています。
 
 
売りからも入ることができるFX取引においては、変動が大きければ大きいほど利益を得ることができますので、私も、最近は流石に今の地合いはバイナリーオプションよりもFX取引の方が利益を出しやすいと考えています。
 
 
しかし、FX取引で安定的に一定以上の資金が必要で、今の地合いで少ない資金で
レバレッジをかけて取引をし、反対方向に動けばあっという間にロスカットになっています。
 
 
これを機にある程度資金があり(100万円くらい)、FXを始めようとされる方に
今回私の知っているある投資家の手法をご案内します。
 
このやり方をすることで、あなたは FX で絶対に負けなくなります。
 
 

FXで絶対に負けない2つの方法

 
 
FX で絶対に負けない方法は2つ存在します。
 
あなたもこの方法を取れば、二度とFX で負けることがなくなります。
 
その方法とは、、、
 
 
1:ポジションの量をどんどん増やし 1ポジションの量をどんどん増やし ポジションの量をどんどん増やしナンピンしていくこと
 
2:ポジションを持ちっぱなしにすること ポジションを持ちっぱなしにすること
 
 
相場価格を動かす要因は、突き詰めると「ポジションの量」「ポジションの保有期間」だけです。どれだけインフレが進もうが、どんな規制が入ろうが、この2つが動かなければ、価格は動きません。したがって相場では、ポジションを大きく取れる者、もしくは長く取れる者が最強です。
 
 
もしくは、ポジションを持ったら、10年でも100年でも待つことです。
そのうち、どうしてもポジションを決済せねばならず、損失覚悟で取引する相手が出てきます。
 
 
これらの観点から見ると、個人投資家にとって強い味方となるのは、「時間」です。
「ポジションの量」では、個人投資家は機関投資家に太刀打ちできません。
しかし個人投資家は、「ポジションの保有期間」を自由に決めることができます。銀行やヘッジファンドなどは、長くても四半期ごとに結果を求められます。
 
 
したがって、彼らはどうしても短期勝負になってしまい、時間的優位性を生かせません。自分の性格や生活スタイルに合うのであれば、長期トレードを選択することをおススメします。
 
 
短期になればなるほど、プロやコンピュータと戦うことになり、過酷な戦いが待っています。そのため、短期に固執する FX トレーダーは株ユーザーよりも負けている割合が圧倒的に多くなってしまうのです。
 
 
 
どうでしょうか?
 
 
上にあげたFX必勝法ですが、なかなかこれを実践できる人は少ないのではないでしょうか?
 
しかし理由を探ってみると
 
 
・すぐに利益を出したい
・莫大な含み損があることに耐えられない
 
といった、実は勝つことには直接関係ない理由である場合が多いです。
 
 
どんなに優秀なシンクタンクからインサイダー情報をもらっていても、トレードとは自分の決断に他なりません。自動売買をやっている人でもどのロジックを使うかをを選択するのは結局トレーダーなのです。その覚悟がなければ、結局この必勝法を実践できずに損失をだしてしまいます。
 
FX取引を始めようとされている方は、なぜ取引をしたいのかをじっくり考えてみてください。
 
 
では、また次回お会いしましょう。


カテゴリー:バイナリーオプション | Leave a comment |
1 / 1712345...10...»

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ