事実、私は今週仮想通貨を買い増しました。

皆様、こんにちは。たまねぎ先生です。
仮想通貨について解説します。

 
 
5cdf97c4-00ed-4a7d-8ce2-f51b23433819
 
こんにちは。たまねぎ先生です。
今週も仮想通貨業界では色々なニュースが飛び交いました。

 

ビットコインの価格は50万円を超えていたところから、
45万円を割る場面も出てくるなど、
相変わらずのボラティリティを発揮しています。
(9/14時点)
 
50万円台のものが5万円動くとなると
10%以上の変動率ということになりますから、
他の金融商品ではなかなか見ることのないボラティリティです。
 
先週は中国政府の「ICO禁止」のニュースによって相場が動かされましたが、
今週も同じく中国のニュースが相場に影響を与えております。
 
中国の場合は色々なリソースから情報が出るので
完全に真偽を確かめることができているわけではないのですが、
 

今週の重要ニュース

今回のニュースは、「中国の取引所を規制する」というニュースです。
実際に私の友人・知人には、中国の方もいらっしゃいますし、
ダイレクトに情報を受け取ることができるのでありがたい状況なのですが、
 
現地の人たちの情報によると、
まず中国の仮想通貨取引所に中国元で入金できないという話でした。
 
中国元を入金できないので、
元でビットコインやその他のアルトコインを購入することができません。
 
つまりFIat通貨からの資金の流入がストップされていることになります。
これも一時的だったようですし、
取引所によっては普通に入金できたところもあるらしいので
全ての取引所にあてはまるわけではないですが、相場への影響は大きいですね。
 
先週も書きましたが、
中国が仮想通貨業界に与える影響はとても大きいので、
真偽は関係なくてもそのようなニュースが出るだけで価格には影響を与えます。
 
これらのニュースはもちろん仮想通貨相場の下げ要因ですので、
ビットコインはもちろんその他アルトコインは下落しました。
 
私のように最初から中長期でBuy & Holdのつもりで投資している人は
下落した時は少しずつ買い増すという戦略を取るんですが、
 
業界に参入してきた人にとっては下落はひやっとする出来事ですよね。
 
「大丈夫なの?この下落」という風に思う人も多いのか、
Twitter界隈でも「どうしよう。」といった不安のツイートが多かったです。
 
相場の格言で「悲観は買い」といったものがありますが、
私も1つの指針にはしていて、
タイムラインでもうダメだという雰囲気のツイートが増えてきたら
少しずつ買い増すという戦略をとっています。
ご自身で仮想通貨に中長期的に資金を投資してみようと考えている人はこの戦略を試してみてくださいね。
 

今週もう一つの下げ要因

更に今週はもう1つ相場の下げ要因がでました。
それは、米JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモンCEOが
仮想通貨のビットコインを「詐欺」だと批判しました。
 
日経などのニュースサイト複数で大きく取り上げられ、
これを受けてビットコインは大きく下落しました。
 
45万円を超えて47万円付近にいたビットコインは
この報道を受けて43万円台まで下落。
その他のアルトコインも10%近く下落したものが多かったです。
 
金融の世界で相場に対して大きな影響力を持つ人が、
このような発言をすることはよくあることです。
 
私は慣れっこなので、また言っているなという感じでしたが、
相場はそうは思わなかったようです。
 
個人的には、こういう下げ要因を作る人は
逆に自分が仕込む場所を用意しているのではないかと考えています。
 
自分が中長期的に仮想通貨を保有したい場合、
なるべく安い価格で購入したいのは当然です。
多くの人がそう考えるでしょう。
 
ですから、今回の報道も相場をあえて下げて、
下げきったところで自分たちが買うのではないかと考えています。
 
もちろん天底を捉えるというのは至難の業なので、
私は「下落しているな。」と思ったら先程書いた「悲観」を指針に少しずつ買い増すようにしています。
 

今週の私のスタンスは、

今週も私の仮想通貨保有量はトータルで増えております。
 
特にETH、XRP、Moneroを買い増しました。
 
年末に向けて何かしらのイベントや報道がでるとみていて、
その期待で買われて相場が上昇するのではないかと見ています。
 
「噂で買って、事実で売る」とよく言われますが、
 
私はこれを基にポジション取りをすることが多いです。
 
今の仮想通貨業界は要は噂だらけなわけです。
だから期待値でみんなが買う。だから価格が上昇する。
 
でもこの期待はいつか事実に変わります。
 
これは素晴らしいプロダクトが完成したという事実かもしれませんし、
失敗しましたという事実かもしれません。
 
ですが、どちらの場合でも一度は下がると見ています。
 
なぜならそれ以上期待値を感じられないものを人は手放すからです。
つまり売るということになるので相場、価格は下がります。
 
そのタイミングを見計らうことが重要です。
今後どうなるかは誰にもわかりませんが、
 
しっかりとリスク管理をした上で、
余剰資金から仮想通貨を少額でも購入し、触れてみてください。

メルマガ登録者には「勝率90%の出し方」を含む7本の動画をプレゼントしています

メールアドレス(必須)

カテゴリー:仮想通貨 | コメントする |

【北朝鮮ショック】無一文になっていませんか?リスクヘッジの実態とは

皆様、こんにちは。K先生です。
バイナリーオプション投資について解説します。

 
 

皆様、こんにちは
K先生です。
 


菅義偉官房長官は15日午前、北朝鮮のミサイル発射を受けた2度目の記者会見で、ミサイルは「襟裳岬東約2200キロの太平洋上に落下した」と述べた。1回目の会見で発表した約2000キロを修正した。(参照元:産経新聞)


 

私たちにとって、
緊急事態に対するリスクヘッジは必要ですね^^
今日のテーマはリスクヘッジです。
 
これまでのブログで、バイナリーオプションとはどういう金融商品なのか、
そのメリット・デメリット、レンジ相場での攻略法、
トレンド相場での攻略法についてお話してきました。
 

これらの内容についてはすでに弊社にて、
「世界一ずる賢いバイナリー攻略講座」
としてそれぞれレンジ相場編、トレンド相場編として
皆様にご案内させていただいております。
 
今回は私が製作中のFX取引と併用した
ヘッジ取引としてのバイナリーオプションについて、
その基本的な考え方をお話したいと思います。
 
この理論についてはまだまだ検証中ですが、
いずれ皆様にきちんとした講座として
ご案内できればと考えております。
 

バイナリーとFXを併用してヘッジする

今回肝となるバイナリーオプションのメリットは
FX取引とバイナリーオプションの共通点と
相違点のそれぞれのいいところを利用していくというものです。
 
FX取引とバイナリーオプションの共通点は、
取引する通貨ペアの値動きが完全に一致しているということです。
 
この共通点を利用して、トレンド相場攻略では、
FX取引で利用しているテクニカル指標を利用し、
バイナリーオプションでスキャルピング取引をすることをご紹介しました。
 
そして、2つの相違点は、FX取引では、
通貨ペアの値動きが損益に直結するのに対し、
 
バイナリーオプションでは、
毎回設定される目標レートに達していれば利益、
達していなければ投資金額を全額失ってしまいます。
 
しかも、バイナリーオプションのルールとして、取引終了時間直前では、
持っているチケットを途中で売り抜けることで、
損切り・利食いをするということもできなくなりまさに神頼みになってしまいます。
 
今回の攻略法は、このリスクを極力ヘッジするために、
同時にFXとバイナリーオプションの取引をしていくというものです。
 
具体的にお話していきましょう。
例えば、下記の図のような場合を見てみましょう。
 
17091502
バイナリーオプションのある回の取引において、
取引終了間際に、目標レートギリギリのところで推移していたとします。
 
バイナリーオプションでは、取引終了時に
この目標レートを超えてしまうと、投資金額を全て失ってしまいます。
 
そこで、取引終了直前からFX取引において、
ポジションを保有し、
バイナリーオプションで目標金額を超えてしまい、
損失が発生してしまった状況においても、
FX取引で利益を上げることでその損失分をヘッジするというものです。
 

ヘッジの手法『ピラミッティング』

ここで、使うべき手法があります。
それがピラミッティングです。
 
ピラミッティングとは、トレンド相場において、
相場の上昇(下降)につれてポジションを積み上げ、
利益率を高めるトレード手法です。
 
例えば、最初に1lotでエントリーし、
そのまま価格が順行していった場合ポジションを
2lot,3lotと積み増していきます。
 
すると下図のようにちょうどピラミッドのように
ポジションのロット数が積み上がります。

スクリーンショット 2017-09-15 15.33.15
これにより、
価格の推移がバイナリーオプションにとって不利になればなるほど、
FXでは利益が拡大していくという形になります。
 
逆にFX取引で予想に反した動きになってしまったとしても、
その状況においては、バイナリーオプションの予想が当たっているので、
こちらで利益が出せるのです。
 
これにより、双方の取引での損失を最小に抑えることができます。
 
ピラミッティングをしていく値幅やロット数をどのように
調整していくかなど技術的にはかなり精緻な調整が必要にはなりますが、
 
バイナリーオプションとFX取引両方のメリットを活かすことにより、
取引で生じるリスクを抑え、
安定した利益を出せるようになる理屈はご理解いただけるかと思います。
 
しかし、この手法にもデメリットがあります。
ヘッジ取引として、FXのポジションを保有することになるため、
バイナリーオプションの大きなメリットの一つである値動きの少ない地合いでも、
少ない金額で大きな利益を得ることができる資金効率の良さを享受しにくくなるのです。
 
前述のとおり、バイナリーオプションでは、
予想が外れると投資金額を全て失ってしまうため、
その損失分をFXのスキャルピングの値幅変動でヘッジするには、
かなりの資金が必要になります。
 
資金に余裕がない方は、このヘッジ率を低く設定することで、
全体の証拠金を調整していく必要があるでしょう。
 
いかがだったでしょうか。
最初にお伝えしたとおりこの手法はまだまだ作成段階であり、
日々検証を進めている段階であるため
攻略法として確立しているものではありません。
 
しかし、バイナリーオプションを他の金融商品と組み合わせて
よりリスクが少なく安定的にリターンを見込める商品とすることは、
非常に有効であると考えております。
 
バイナリーオプションに限らず全ての金融商品において
金融的リスクとリターンを正しく認識することなく
安定的に利益を出すことはできません。
 
次回は、少しバイナリーオプションから離れて、
この金融的リスクとリターンについてお話ししたいと思います。
では、また次回お会いしましょう。

メルマガ登録者には「勝率90%の出し方」を含む7本の動画をプレゼントしています

メールアドレス(必須)

カテゴリー:バイナリーオプション | コメントする |

シストレに向いている人いない人

皆様、こんにちは。高橋です。
株のシステムトレードについて解説します。

 
 

前回、システムトレードのデメリット、
について紹介させて頂きました。
前回のURLはこちら
http://aonorifx.com/blog/30123/
 
「そのシャツめっちゃ可愛いじゃないですか~」

然でした
突然話しかけられました。
 
こんにちは高橋です。
 
今年の夏の夜の出来事なんですが、
寝る前に、
「さぁ、軽く飲んでから寝るか」と思い、
冷蔵庫の中を物色するも、
お酒がありませんでした。
 
何か軽く飲まないと、
なかなか眠たくならず、
夜更かしをしてしまいがちな私にとって
アルコールが無いのは
かなり寂しいものなので、
夜な夜な近所のコンビニまで徒歩でスタスタと
お酒を買いに行きました。
 
コンビニの中で、
「今はちょっとダイエット中やから、
糖質オフのビールにしよか、
いや、むしろ今日はハイボールを攻めてみるか」
などとOLのアフターファイブのような事を考えながら
商品を選び、
会計を済ませるためにレジに向かった瞬間、
「そのシャツめっちゃ可愛いじゃないですか~」
とレジの向かい側から、
二十代?の胸元に「トレーニング」という
プレートが付いた女性店員に話かけられました。
 
2efffb47-8892-4112-92fd-3bcec6c4f4b4
 
びっくりしました。
こちらは完全に気を抜いており、
まさか話かけられるとは思っておらず、
プチ青天の霹靂状態です。
 

プチ晴天の霹靂

普通、コンビニでの店員との会話って
会計上の最低限の会話をするだけじゃないですか?
高橋「お願いします」
店員「〇〇円になります。おつりは△△円のお返しになります」
「ありがとうございました~」
高橋「ありがとう」
みたいな。
 
でもその女性店員は、
やや年上の仲の良い先輩に話すくらいの
フランクなトーンで話かけてきました。
 
びっくりしながらも
挙動不審になり、
あたふたしていては
「ただの怪しい人」になってしまうので
それではマズイという思いから、
コンマ数秒で頭を切り替え、
ポーカーフェイスを装いながらも
私が発した言葉は
「ああ、これユニクロで買ったんすよ~」でした。
 
女性店員にたいして、
特に面白い事は言えませんでしたが、
突然話かけられた割には
会話は成立していたので、
及第点の返しだったと思います・・・。
 
そのあとは普通に会計を済ませ、
特に他の会話はありませんでした。
 
帰路につく途中、
さっきの女性店員の事を考えていました。
 
元々、他のコンビニや、似た業種の経験がある人かもしれませんが、
「トレーニング」と書かれたプレートを付けていたので、
あのコンビニでは最近働き始めた人だと思うのですが、
その段階で
他のスタッフもいる中、
業務外の事を話しかけるのは、
凄く度胸があるか、人見知りしない話好きな人かと思いました。
もし、私が店員さんの立場だったとしたら、
なかなか世間話を振る事は出来ないと思います。
 

シストレに向いていない人

女性店員と業務外の話をする事により、
最初はびっくりはしたものの、
悪い気は全くせず、
なにか距離が縮まった気がして
むしろ、いい気分になりました。、
 
ですので、
「あの人はお客さんと話す機会が多い職種が向いるんじゃないかな?」
「その場合どの職業がいいかな」
などと妄想しながらトコトコと帰っていきました。
 
人間、誰しも向き不向きがありますよね。
当然システムトレードを行う場合においても
向き不向きの面があります。
 
大前提として
システムトレードは
「統計的に優位性がある売買ルールに基づいてトレードをする」
のですが、
 
あくまでもルール通りにトレードを行ってこそ
優位性があるトレードが行えるので、
 
損失が発生している時や、
利益がでている時でも損失に変わるのが怖いので、
自分の判断でルール外の手仕舞いを行ってしまう・・・
というような
「売買ルールを信じられないパターン」
によく陥るような人は向いていないかもしれません。
 
ですが、そいういった事は
システムトレードを行う人にとって、
最初はほぼ全員が通る道なので、
あまり気にしなくても良いです^^
 
ただ、あまりにも極端に
「ルールを破ってしまう傾向が極端に強い人」
システムトレードは向いていないかもしれません・・・。
 
上記の問題はクリアできる問題として、
一旦置いておいて、、、
 

シストレのトレードパターンは一言で終わらない

シストレのトレード方法にワンパターンで終わらない。
そもそもシステムトレードと一言で言っても
1パターンのトレード方法というわけではなく、
複数のパターンがあり、
その人の性格や環境に合わせた運用方法があります。
 
今回は代表的な2つのシステムトレードの運用方法の中から
私がこういう人が適性があるのではないか?
と思うパターンを紹介します。
 
1つめは
「売買ルールを自分で作成して運用する」というスタイルです。
自分で売買ルールを作成する場合、
作成方法について、
自分でプログラミングで作成する、
システムトレードアプリで作成するなど、
売買ルールの作り方は多種多様なのですが、
 
多数派と思われる
システムトレードアプリの方で作成した場合、
売買ルール作成に少しコツが必要になります。
(と言ってもプログラム等の専門的スキルは不要です)
そのスキル自体は後から身につける事が出来ますが、
適正という意味で向いていると思う人は・・・
 
「自分で作戦を考えて試行錯誤をする事が好きな人」
例えば、ゲームで強い敵に勝つ方法を考えるのが好き、
将棋などの対戦ゲームが好きなどなど、
「1つのジャンルに深くハマる事が好きなタイプの人」
は売買ルール作成に向いていると思います。
 
逆に、飽き性であったり、
浅く広くハマるタイプの人はちょっと不向きかもしれません。
 
シストレ運用方法 2つめは
「売買ルールを自分で作成せず運用する」というスタイルです。
こちらのパターンの場合、
自分以外が用意した売買ルールにてシステムトレードを行う事になり、
自分で売買ルールを作成していないので、
売買ルール作成にかかる膨大な時間と手間がゼロになるので、
売買ルールの出来さえ良ければ、とても楽に資金が増えていきます。
 
そういったメリットがある反面、
自分で売買ルールを作成していないので、
売買ルールの性質や詳細を理解できない場合が多く、
自分のお金を運用する時に、
損失が発生している時などに、
 
「売買ルールが通用しなくなったのでは!?」
「想定外の事が起こっているのでは!?」
 
と疑心暗鬼になり運用を止めてしまう事が想定されます。
 
自分で売買ルールを作成していても、
「売買ルールを信じられなくなるパターン」はあるのですが、
自分で売買ルールを作成せず運用するスタイルの方が
その傾向が強いと思います。
(システムトレードの初心者のうちは
誰しもその傾向があると思いますが、
経験を積んでいくと
売買ルールに疑心暗鬼になる事は少なくなっていきます)
 

シストレに向いている人

ですので、
「自分で作ったルールでなくても精神的に大きな負担にならず運用できる人」
は自分で売買ルールを作成せず運用するタイプに向いていると思います。
 
そもそも、どのような売買ルールでも常に右肩上がりの成績にはならず、
一時的な損失は必ず発生するものであると念頭に置かなければいけませんので、
「少しの損失も許容できないタイプの人」
には厳しいかもしれません。
(このタイプはトレード自体が難しいような気もしますが・・・)
 
あと、
「自分で売買ルール作成が、時間や労力の関係上難しい生活環境の人」
も売買ルールを自分で作成せず運用派としてトレードできますね。
 
売買ルールを自分で作るにしても、作らないにしても
2つのパターンで
メリットとデメリットがあるので、
どちらが正解という事はありませんが、
割合で言うと、2つめのパターンにあてはまる方が多いかな?と思います。
 
一応トレードのメンタルは後からでも鍛えられるので、
実運用の経験を積めば精神的な負担は軽くなるのですが、
向き不向きの面は、
個人個人の元々の性格による部分も大きいので、
無視はできない要素です。

ざっくりと大雑把にまとめますと
、、
「ルールを破ってしまう傾向が極端に強い人」であり、
「少しの損失も許容できないタイプの人」
以外の人ならばほとんどの場合で、
システムトレードに不向きという事は無いと思います。
 
以上で、システムトレードに
向いている人いない人の紹介を終了します。
 
次回は、株のシステムトレードを行うために必要なものについて
お話させて頂きます。
 
PS ちなみに
「そのシャツめっちゃ可愛いじゃないですか~」
と話しかけられたシャツは、
ユニクロで買ったドンキーコングの赤いシャツでした。
http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/194482

メルマガ登録者には「勝率90%の出し方」を含む7本の動画をプレゼントしています

メールアドレス(必須)

カテゴリー:システムトレード | コメントする |
2 / 37312345...102030...»

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



あおのり学校限定特典

特典:『要点攻略入門編(14,800円)+3つの売買戦略』進呈。

条件:みんなのFXに口座開設し最低10万円入金の上1回取引

みんなのFX

特典:『FX丸分かりセミナー(29、800円)』進呈。

条件:FXブロ-ドネットに口座開設し1回取引

FXトレーディングシステムズ

特典:『マーケットの魔術師(2,940円)』進呈。

条件:アイネット証券に口座開設し2万円以上入金


特典:特典:2,000円キャッシュバック

条件:ヒロセ通商に口座開設+新規ポジション1万通貨取引


特典:『トラリピくんストラップを抽選で100名様』進呈。

条件:マネースクウェア・ジャパンに口座開設し入金

マネースクウェア・ジャパン

メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ