変化が速い仮想通貨マーケットで情報をいち早く手に入れるには?

こんにちは。たまねぎ先生です。
仮想通貨について解説します。


 

ビットコインは続伸しています。

対USドルで4,400ドルを超える上昇、対円でも50万円近くまで上昇しました。

正確には50万円にはタッチしていませんが、

一部の先物市場では50万円タッチを見せましたね。

今週に入ってからは、22日に一時40万円台付近までの下落がありましたが、

その後戻し44万円付近をウロウロとしてます。

ある程度価格推移としては安定していますね。
 


 

一方で、ビットコインからHF(ハードフォーク)したビットコインキャッシュ(BTC)は、

8月17日の深夜から急激に上昇しだし、

3万円台で推移していたものが一時10万円台をつけるなど大幅な上昇を見せました。

価格が約3倍になっていますので

上昇率でいうと200%以上の上昇率を見せたことになります。

この理由については、

色々な憶測がインターネット上で飛び交っていましたが、

以下の理由が大きいのではないでしょうか。

 

ビットコインキャッシュはビットコイン保有者に付与されているんですが、

信用取引や、ビットコインの貸出をしていた人は、

逆に返済義務が生じます。ビットコインを借りていたことになり、

借りているものに付与されるので利子が更につくイメージですね。

そして国内の大手取引所であるcoincheckの返済期限が18日でしたので、

そこでの買い需要を見越して、

他の取引所や投資家が買いに走ったものだと予測できます。

 

こういった買いが入るタイミング、

売りが入るタイミングを測ることができるのも

仮想通貨のマーケットの特徴かなと思います。

もちろん全てではありませんが、

色々な情報を追っていると、

時々こういったチャンスに出くわすことがありますので探してみてください。

情報のスピードは「Twitter」が圧倒的に早いです。

 


 

ビットコインではなく、アルトコインの中でも大きく動くものがありました。

というか仮想通貨の世界では1週間もあれば大きな動きをする仮想通貨がいくつか出てきます。

そんな中でも直近で特に目立った動きをしたのが「Monero」モネロです。XMRと書きます。

国内の取引所でもcoincheckで取扱いされています。

 

モネロについて簡単に説明しますと、

アルトコインの1つで、「匿名性」というのがキーワードとなる仮想通貨です。

リング署名という技術が使用されていて、閲覧用と送金用の2つのアドレスを保有しており、

送金を行った際にワンタイムアドレスというアドレスを作ります。

取引の履歴は、このワンタイムアドレスが履歴となるため

外部から履歴を追うことができないというわけです。

 

「匿名性」がキーワードのアルトコインは、

他に「DASH」「Zcash」と有名な仮想通貨がありますが、

どれも時価総額で上位30位以内に位置し安定しています。

1つの特徴としてこの3つは仲間的に見られている傾向が強く、

例えばZcashの良いニュースが出てZcashが上昇した時に、

つられてMoneroやDASHも一緒に上昇することが多いです。

他のパターンも同じです。

必ずつられるのかというとそうではありませんが、

比較的傾向としては強いので覚えていて損はないかと思います。

 

話を戻しますと、

8月21日に韓国最大の取引所である「Bithumb」へMoneroが上場するというニュースが出ました。

これを受けて数十分後に急騰。

一気に+60~70%ほど価格が上昇しました。

取引所が新しい仮想通貨を取り扱うことを「上場」と言います。

上昇理由としては、

「取引所に上場する⇒認知度が上昇⇒流動性、出来高、参加者が増加⇒価格上昇が見込める⇒急騰」

といった流れでしょうか。

 

そして実際に「Bithumb」への上場というのも大きな要因だと思っています。

今日本の仮想通貨マーケットはとても大きなものになっていて世界への影響も大きいのですが、

それと同じくらい、もしくはここ最近でいうとそれ以上に

韓国の仮想通貨マーケットのインパクトは大きくなっています。

そんな国の最大取引所への上場なので余計に急騰に結びついたのではないでしょうか。

これから更にたくさんの情報がやりとりされる仮想通貨の1つになったので、

皆さんもMoneroに注目してみてください。

ちなみに僕も少額ではありますが、Moneroは保有しております。

 

毎日のように新しい仮想通貨が登場してきて、

情報を全て追うのは難しいし時間も取られてしまうと思います。

まずはビットコインでも良いですし、

アルトコインの中で自分の興味のある分野のプロジェクトに注目してみて、

その仮想通貨を調べてみるのも良いですね。

まだマーケット自体が成熟するには遠く、

これからのマーケットですので、同時にチャンスも多いです。

ご自身の投資のポートフォリオの中に少しずつ組み込んでみてください。

 

※本文で仮想通貨という言葉を使っていますが、

世界では「Crypto currency」という言葉が一般的です。

これを直訳すると「暗号通貨」となります。

実際僕自身も僕の周りのクリプト界隈にいる方達は

暗号通貨という言葉を使います。

ですが、こと日本においては、テレビのニュースや、

政府も仮想通貨という言葉を使い、

これが一般的になっているため

仮想通貨という言葉を使っています。

世界では暗号通貨なんだってことも

頭の片隅に入れておいてもらえると

ウェブサイトやTwitterなどで

暗号通貨と書かれていたとしても

理解しやすいと思いますので、お願いします。


カテゴリー:仮想通貨 | コメントする |

元パチプロだった私が、システムトレードを激推しする理由Part1

皆様、こんにちは。高橋です。
株のシステムトレードについて解説します。

 
 
前回システムトレードを
あなたにぜひ知って頂きたい!
という内容の配信させて頂きました。
http://aonorifx.com/blog/29733/
 
そして今回は、
私がシステムトレードを
あなたにお勧めする理由について
お話させて頂きますね。
 
私がシステムトレードを
お勧めする理由として
大きく分けると2つあります。
 
今回は、2つのうちの
1つめの理由についてお話させて頂きますね。
 
その理由ですが・・・
 


 
と本題に入る前に、
まずはシステムトレードが
どういったものであるかという説明を
させて頂きます。
 
あなたは既にシステムトレードの事を
ご存知であるかもしれませんが、
認識の再確認のためにも
一度見て頂くようにお願いします。
 
まず、システムトレードの定義ですが
「定められた売買ルールによって行うトレード方法」
という事になります。
 
ちなみに
システムトレードではない
非システムトレードの事を
裁量トレードと言ったりします。
 
裁量トレードでは
チャートを見て
特に決まっていないタイミングで
売買を行うか判断したり、
 
業績やニュースなどで判断し、売買するといった
「定められていない売買ルールによって行うトレード方法」で
一般の個人トレーダーの
ほとんどの方が行っているトレード方法ですね。
 
システムトレードの簡単な例をあげると
例えば
「晴れた日の次の日は〇〇の銘柄を買う」
とか
「月曜日だから〇〇の銘柄を買う」
といった極々単純な売買ルールでも
システムトレードですし、
 
「○日間の移動平均乖離率が〇%以上で、
なおかつ昨日の出来高が〇以上」
といったようなちょっと複雑そうな事も
システムトレードという事になります。
 
とまぁ、とにかく
あらかじめルールが決まっていて
その売買ルールをもとにトレードをすれば
システムトレードである。
という事なんですね。
 
システムトレードの定義については
解って頂けたと思うのですが、
もちろんそれだけでは
厳しいトレードの世界で勝ち続けられる。
というわけではありません。
 
つまり
売買ルールが決まっていればシステムトレード
といえるけれど、
相場で戦うためには売買ルールはなんでも良い、
というわけではないのですね。
 
システムトレードで相場で勝っていくためには
「定められた売買ルール」の部分が重要で、
「定められた売買ルール」の質で
トレードでの今後の明暗が決まる。
と言っても言い過ぎではないです。
 


 
そこで本題に戻って
私があなたにシステムトレードをお勧めしたい
理由の2つのうちの1つめの話になります。
 
システムトレードが他のトレード方法と違って
有利なポイントは
「検証ができる」という点です。
システムトレード業界では
検証の事をバックテストといいます。
 
バックテストとは過去の相場において
「定められた売買ルール」で取引を行った場合
どういう結果になったか。
というテストの事ですが、
ちょっと実感がわきにくいと思うので
具体的にお話しますね。
 
バックテストをすると何が良いかというと、
日本株のシステムトレードの場合、
3000銘柄以上の銘柄がありますが、
それを10年などの年単位の期間で
「定められた売買ルール」でバックテストします。
するとバックテスト結果として
「定められた売買ルール」での
バックテスト結果が表示されます。
損益がどうでいくら儲かった(損した)とか、
勝率が何%だったか、
などなどの細かい結果が解ります。
 
そして
バックテストを行った後に
そのバックテスト結果を見て、
さらに売買ルールを変更して、
再度バックテストをして、
その結果を見て、
さらに売買ルールを変更して・・・
という具合に
何度も何度もバックテストを繰り返し
ルールの改善を行います。
 
「相場は同じような値動きを繰り返しやすい」
という想定のもと、
統計的な根拠を持った、
優位性のある売買ルールを
試行錯誤して
作っていくという事なのですね。
 
しかも
バックテストはあくまでもテストなので
バックテストの段階では
作成途中の
あまり質が良くない売買ルールでも
お金が減らないところが
また良いんですよね。
 
しかも膨大なデータから長期間のテストを
パソコンで計算して行うので
統計的な信頼性も高いですし、
人力で膨大なデータをテストするのは難しいです。
 
もし裁量トレードで
実際にトレードしながら
試行錯誤しているうちに
資金が溶けていったら
凄く悲しいですよね・・・
 
「バックテストを繰り返し、
売買ルールをより良いものに改善していく」
という行為はの強みは、
過去のいろんな相場に
対応できている
という事でもあります。
 
例えば一番注目したいところでは、
リーマンショックの超急落の相場があります。
 
その後の〇〇ショックといわれる急落も
想定の範囲内ですし、
2013年のようなアベノミクスの上昇相場も同様に
バックテストにて想定済みなので、
色んな相場の値動きに対応できるようになっています。
 
という事は
今後リーマンショック級の超急落が
実際に起こったとしても
既にバックテスト上で経験済みなので
耐えられるレベルの損失で抑えられる。
もしくは急落を利用して
儲ける事が可能な売買ルール作成が
既に行われているという事になるのです、
これって凄い事だと思いませんか?
 
おそらく
非システムトレードのトレード方法で
過去にリーマンショック級の相場変動の経験がなく、
トレードスキルも高くないトレーダーの場合、
実際にそういった激しい値動きが起こった時
運以外の要素で
想定の損失内で耐えられる個人トレーダーはわずかだと思います。
 
システムトレードのバックテストは
スポーツでいうところの
練習に似ています。
 
例えば、試合の当日に
「今日は一生懸命頑張ります!」
と息まいている人よりも、
試合が始まる何か月も前から
準備しコツコツと練習を頑張った人の方が
高いパフォーマンスを発揮できると思いませんか?
 
スポーツに限らず、
事前準備が結果を左右する大きな要因
になる事は自然な流れであると思います。
 
ですので、
特に何の戦略も持たずに本番を迎える人
(本番だけが本番と思っている人)と、
事前に入念な準備を行った人では
結果に大きな違いが出る事は解っていて、、
本番をやる前から
すでに勝負アリのようなものです。
 
これがそのまま
トレードの世界においても
あてはまる事であると思います。
 
とは言え
システムトレードとて万能ではありません。
というのも、
バックテストでは
過去の値動きを想定して
売買ルールを作成しているので
未来も過去と同じような結果になる可能性は高いものの、
必ず過去と同じような結果になる。
という保証はないので
注意が必要です。
過去にない状態が未来に起こると、
システムトレードは対応力に弱い部分がある・・・
というのがシステムトレードのデメリット部分です。
 
しかし、
過去のデータを参照して戦略を練る。
という方法以外での
戦略の練り方はかえって難しいと思います。
ほとんどの戦略や考え方って、
過去のものを参考にしていると思うので。
 
過去にない状態が未来に起こると、
システムトレードは対応力に弱い。という
デメリットをやわらげる方法もあります。
過去の値動きで売買ルールを作りながらも
今までにないような値動きをする未来を想定
しながら作った売買ルールと、
過去の値動きだけを考えて売買ルールを作った場合では
実際に未来で想定外の相場になった時に、
結果に雲泥の差が生まれますので、
売買ルールの作成の発想次第で
想定外の事が起こってしまった時のリスクを
抑える事も可能です。
 
システムトレードにおけるバックテストはテーマとして
膨大な量になってしまうので、
ひとまずここで終了としますが、
今回覚えて頂きたい事は
システムトレードは、
バックテストを何度も繰り返した後に生まれる
「統計的に優位性があるルール」で売買するので
安定した利益が見込める可能性が高い。
という事です。
 
優位性のある売買ルールでトレードができる
システムトレーダーと
優位性のある売買ルールでトレードができない
大部分の裁量トレーダーでは
トレード結果で大きな差が生じるのは
いわば必然であるとさえ思います。
 
以上で私がシステムトレードを
お勧めしたい理由の一つめの
紹介を終わります。
 
次回は2つめの
システムトレードをお勧めしたい理由
についてお話させて頂きます。
 
PS 元パチプロだった時の話は、
また今後おいおい話をさせて頂きますね


カテゴリー:システムトレード | コメントする |

バイナリーオプションの取引タイプとルールとは

皆様、こんにちは

 

K先生です。

 

私のブログ前回はまずバイナリーオプションとは
何かということを説明させていただきました。

 

では具体的にバイナリーオプションにはどのような取引方法があるのでしょうか?
バイナリーオプションには主に3つの取引タイプがあります。

 

主な取引タイプ
 
【ラダー取引】
ラダー取引とは、取引終了時にレートが目標レート(権利行使価格)よりも
上か下かを予想する取引です。
バイナリー取引においてはもっともポピュラーな取引タイプで、
日本でバイナリーオプションのサービスを
提供しているところでは全てこの取引ができます。
第3回ラダー画像
©FX Trade Financial
 
【レンジインアウト取引】
レンジインアウト取引とは取引終了時にレートが指定のレンジ内に入っているか、
入っていないかを予想する取引です。
ラダー取引よりも、指定されるレートのレンジは狭まっています。
第3回レンジ画像
©FX Trade Financial
 
【ワンタッチ取引】
ワンタッチ取引とは、取引時間中に、レートが指定のレートに1回でも達するか、
達しないかを予想する取引です。
他の取引タイプとは異なり、取引終了時のレートではなく、
取引時間中のレートの値動き全てが対象となります。
第3回ラダー画像
©FX Trade Financial
 
 
実はバイナリーオプションは、2013年12月に公的規制により大きなルールの変更がありました。

 

これにより、
・取引時間は2時間以上、取引終了の直前(1~2分前)までチケット購入が可能
・権利行使価格の固定
・取引時間内の損切り・利食いの導入、取引終了の直前(1~2分前)までチケット売却が可能

 

などが新たに加わり現在の形となっております。
しかし、バイナリーオプションと聞くとどうしても、

ギャンブル性が高い、業者とのトラブルがあるといった
ネガティブな印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

確かに、国民生活センターには近年バイナリーオプション取引
でのトラブルの相談件数が急増しております。
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20140904_1.html

 

これを見ると
「インターネット上の広告を見て興味を持ち、
海外業者とバイナリーオプション取引を開始したが、
出金を求めても応じてもらえない」
といったようなトラブルが多発しています。
 
実は、バイナリーオプションでのこうしたトラブルの多くは
海外業者とのトラブルがほとんどなのです。
 
海外の業者は、高配当率や日本では規制のある
様々な魅力的なサービスを提供しておりますが、
それは裏を返せば日本の法律の
適応を受けないからできていることで
トラブルがあった時にも自己責任となってしまうことを意味します。

 

私も、外資系のFX業者におりましたので、ですので、
バイナリー取引をする際にまず確認するべきなのは日本の金融庁の登録
を受けているかどうかです。

 

2017年8月現在で金融庁に登録のあるバイナリーオプション提供会社は以下の7社です。

・ヒロセ通商
・トレーダーズ証券
・GMOクリック証券
・YJFX
・FXプライム by GMO
・IG証券
・FXトレードフィナンシャル

 

その中でも、各社いろいろなサービスで差別化を図っています。

 

各社無料のデモ口座で取引を試すことができるのでまずは、
各社の使用感を試してみてください。私が、使っている戦略別業者選定法については、いずれ詳細をご案内させていただきます。
 
ヒロセ通商:https://stg-lionbo.hirose-fx.co.jp/demo/
トレーダーズ証券:https://min-fx.jp/bo/first/ (デモ取引より)
GMOクリック証券:https://www.click-sec.com/corp/guide/fxop/demo/
YJFX:http://www.yjfx.jp/opt/ (オプトレ!デモ口座より)
FXプライム by GMO:https://www.fxprime.com/service/demo_trade.html
IG証券:http://www.ig.com/jp/demo-account(デモ口座開設後、ログインが必要)
FXトレードフィナンシャル:http://www.fxtrade.co.jp/bo (クイックデモより)
 


 

本日はバイナリーオプション取引の種類と
日本の金融庁の登録を受けている業者で取引をすれば
トラブルはないということをご紹介させていただきました。
 
次回は、バイナリーオプションのメリットとデメリットをうまく利用することで、
バイナリーオプションがFX取引よりも、
安定して利益を上げることができる理由
について詳しくお話したいと思っております。
 
では、また次回お会いしましょう。


カテゴリー:バイナリーオプション | コメントする |
30 / 397«...1020...2829303132...405060...»

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ