トレードルール作りの難しさ

皆様、こんにちは。高橋です。
本日はトレードルール作りの難しさについて話します。

 
 
244bb951ed9b7243134257a73f64c4cd_m
 
ゴールデンウィークは外が混んでいるという理由であまり外出をせず、家でまったりと過ごしていました。
 
 
その時にトレードの売買ルールを1つ作成し、先日からテストがてら様子を見ています。
 
 
さて、本日はトレードの売買ルールを作成する時に苦労する事について話します。
 
 
売買ルール作成にて圧倒的に難しいのは、作成したい売買ルールの形を作る(決める)段階です。
 
 
ゼロからイチを作るのが難しいというように、最初になんとなくでも売買ルールの形が想像できたらあとは試行錯誤していくと、売買ルールが完成に向かっていくので試行錯誤する事自体は楽なんですね。
 
 
ですので、多くのトレーダー、特にシステムトレーダーは最初にいかに作成する売買ルールをどう決めるかという事が重要であると思います。
 
 
ちなみに私は、他の方のブログで1行でもなにか売買ルール作成のきっかけのヒントがないかと血眼になって探していました。
 
 
昔ほどではないですが、今でも結構ブログは見ています。
 
 
このたび、私が作成しました
年利70%の売買ルール「Chronus(クロノス)」の詳細ページが完成しましたので是非ご一読ください(第2弾の詳細ページです)。
e935b30f-8dda-42b0-8dec-fbbf9a8d5a31
https://synergista.jp/lp/ic1y/
 
 
 

「Chronus」の今週の成績(5/7~5/10)

 
 
「Chronus」のシミュレーションモードの今週の成績はといいますと、前回の2017年8月7日から2018年5月7日時点で284,676円の利益が上がっていたものが、5月10日時点で281,977円の利益となり、2,699円の損失となっています。
 
 
今期は僅かながら負けましたので、現在2連敗中となっています。
 
 
下図の表の左上の「累積ネット損益」というところを見て下さい。
 
 
ALLはストラテジーの集合体ですが右側のCL1やCL2はストラテジーとなっており、中にはマイナスのものもありますが全体でプラスであれば何も問題ありません。
 
SnapCrab_NoName_2018-5-10_21-30-33_No-001
 
 
 
今期は5/7にやや大きな損失となっており、その影響で全体のパフォーマンスがマイナスになりました。
 
 
 
SnapCrab_NoName_2018-5-10_15-9-12_No-00
 
 
 
上の図の日経平均のチャートを見て頂きたいのですが、今期の日経平均はさほど大きな動きが無かった事が解ります。
 
 
現在のポジション比率は買いと売りの比率はほぼ半々です。
 
 
グラフはこちら
 
SnapCrab_NoName_2018-5-10_21-30-51_No-00
 
 
 
グラフの赤い線が全体の資産の流れとなっており下の画像の黄色い枠が今期分の資産グラフとなっています。
 
 
 
SnapCrab_NoName_2018-5-10_21-30-51_No-001
 
 
「Chronus」がトップ5にランクイン!
 
 
株やFXでの売買ルール販売を行っている株式会社テラスのサイトの利益率ランキングにてiTRADE「Chronus」がランクインしています。
 
URLはこちら
http://www.openterrace.jp/
 
 
 
SnapCrab_NoName_2018-5-9_11-9-31_No-001
 
 
 
40個以上ある売買ルールの中から久々にChronusがランキング入りした事は嬉しいのですが、1カ月数%の利益率でランクインした事でいかに直近が稼ぎにくかった相場かどうかという事が解ります。
 
 
「Chronus」について
 
 
もし、何か疑問点がありましたら些細な事でも全然構いませんので遠慮なく
 
https://itrade.tokyo/contact-takahashi/
 
までお問い合わせください。
 
 
私がお答えさせて頂きます。
 
 
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。
 
 
PS:
 
先日、カレー屋のココイチに行きました。
 
 
ココイチってカレーの辛さを選択できるじゃないですか。
 
 
私はたまに辛いルーにトライしては「辛すぎた・・・」と後悔しています。
 
 
ですが、その日は「今日はちょっと辛くてもいける気がする」と思い、1辛を注文してみました。
 
 
そして出来上がった1辛のカレーを食べて「ああ、今日もやっぱり失敗したな・・・」と1口で1辛を注文した事を後悔したのですが、その日はそれだけでは終わりませんでした。
 
 
昔は無かった?と思うのですが、ココイチではハチミツのような甘いソースがテーブルに置いてあるので、
「この甘いソースを掛ければ辛いルーが中和されて、いつもの辛さになるのでは?」と「ひらめいた!」とばかりに思い立ち、甘いソースをぶっ掛けました。
 
 
するとどうでしょう。
 
 
あの辛かったルーが辛さが中和されるどころか辛さそのまま、さらに後から甘さも感じさせるという混沌の世界にいざなう演出を醸し出してくるのです。
 
 
いつもの辛いルーへのトライの失敗よりも数ランク上の失敗をしながらも、大量の水に助けられながらなんとか完食しました。
 
 
この件で辛いルーへのトライはしばらくしないと思いますが、まだ「米の量を増やしては後悔するパターン」が残っているのでまた近いうちにやらかしてしまいそうです。



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ にほんブログ村への応援はコチラをクリック


カテゴリー:システムトレード | Leave a comment |

子供に気づかされたお金のこと

皆様、こんにちは。本郷です。
ワンエッジドレーディングについて解説します。

 
 
b5515b99873b746e5ca844afa8b15d65_s
 
先日、上の子が貯めていた「お年玉」から3000円だけ使わしてほしいと言われたので少し驚きました。
 
 
なぜ驚く必要がある?と思われるでしょうが上の子は、言ってみれば「100円ちょうだい」が数ヶ月に、一度あるか無いかで、ほとんど「お金」を使うにしても駄菓子を買う程度です。
 
 
なので、いきなり100円から3000円にアップする話をするなんて本当、驚いたのです。
 
 
我が子には、昔から「お金の教育」は学校で学べないので家で教えようと心に固く誓っていたので今回の「3000円」の提案はちょうど良い機会になるだろうと思い、最初の返事としては快く快諾しました。
 
 
いつもの事なのですが、よく親子で「話し合い」をします。
 
 
それも正直に、誠実に、事実を、正しく、丁寧に、を心がけているのでいつも「話し合い」は、笑顔で率直な意見交換をしたり相談し合ったりしています。
 
 
上の子は、自分で「本当は反抗期やねんけど、お父さんと一緒にいる時は反抗期にならへんねん(笑)」と笑顔で言ってくれる可愛い息子です。
 
 
なので今回の「話し合い」では、この様な質問をしました。
 
 
「これは、おまえが貰って貯めたお年玉だから自由に使う権利はある。
 
 
しかし、だからと言って3000円を一気に使ったら、どうなる?
 
 
そして小学生のおまえが3000円を、もう一度、手にするには一体、いつになるか考えてみて。
 
 
だから、お父さんから提案がある。まず、この3000円を何に使うか言わなくても良いから考えて。
 
 
そして、一気に使うのか、何回かに分けて使うのかお父さんは解らないけれど、その使い方に自分は凄く満足できる?
 
 
言いたい事は、この3000円を再度、手にするには時間が掛かる。
 
 
だから、もしお父さんなら本当に欲しかったモノを買って満足するかそれとも、いつも買う駄菓子とかみたいに少額で、ちょっとずつ使って小さな満足を出来るだけ長い期間、味わうか。この、どっちかかな。
 
 
これは、どんな事に価値を感じるか次第だから自由に決めなさい」
 
 
すると息子は、こう答えました。
 
 
「実は、学校で二人の女の子からプレゼントを貰ったからその、お返しをしなくちゃと思ってて。
でも、そのお返しが幾ら必要なのか解らないからとりあえす3000円もあれば充分だと思って。
 
 
よく考えると、一人1000円は使いすぎやしちゃんと何が欲しいか聞いてから、買えそうなモノを買うようにする。
 
 
そして、残ったお金は小遣いとして出来るだけ長い期間を掛けて使うようにするわ!ほんで、何日で3000円がなくなったか記録してみる」
 
 
と笑顔で言ってくれました。
 
 
父親として、お恥ずかしい話ですが
 
 
メチャメチャ嬉しい気持ちになりましたw
 
 
なぜなら、普段100円しか使わないのに3000円も要求するから、何事か?と思ったのが正直な気持ちですが
小学生の息子は、それなりにちゃんと明確な理由と目的を持って考えた上で、行動をしようとしたので不思議と誇れる気分でした。
 
 
なので、ちゃんと褒めて、ハグをしてお年玉袋から、お金を取り出して渡しました(^^)
 
 
ここまでの内容を読むと、単に仲良し親子の会話だと思われるのですがちゃんと、この内容を書いたのには理由があります。
 
 

あおのり学校の指導理念

 
 
あおのり学校では、投資教育をサービスとして提供させて頂いています。
 
 
なので顧客である皆様にとって、投資をする以上、儲けて欲しいと心から思っています。
 
 
しかし多くの個人投資家を見てきた私は私の息子のように、買い物をする時は理由と目的などちゃんと考えて、お金を使うのに対して投資に置き換わると俗に言う「ポジポジ病」のごとく、簡単にエントリーしてしまいまた損失というお金のマイナスを簡単に膨れ上げさせてしまいます。
 
 
裁量トレードであろうと、システムトレードであろうと原理は同じです。
 
 
ちゃんと理由あるポイントで、エントリーして目的を果たしてからエグジットする。
 
 
そして「足し算と引き算の結果、投資で儲ける」という事を安易に捉えすぎているのではないか?と思う場面があります。
 
 
買い物は、ちゃんと価値の交換が成立しています。
 
 
それがストレス発散のような感情を満たす価値を得たり自分の生活に必要なものが手に入るという物理的な価値を。
 
 
このように投資においても、ちゃんと価値を得て欲しいです。
 
 
もし、あなたが今の証券口座の資金が増えていないなら一度、止めて見直して「理由と目的に対して適切な行動」が出来ているかチェックしてみては如何でしょうか?
 
 
その手助けが出来ると思いますので必要であればメッセージください(^^)
 
 
いつも読んで頂き、ありがとうございますm( )m



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ にほんブログ村への応援はコチラをクリック


カテゴリー:FXノウハウ | Leave a comment |

チケット価格の裏側とその向き合い方

皆様、こんにちは。K先生です。
バイナリーオプション投資について解説します。

 
money-2831324_1280
 
あっという間にGWも終わってしまいましたね。
 
 
私はここ数年GWを休めたことはなかったのですが、今年は久しぶりに長期休暇を満喫できました。
 
 
案の定先週末の日曜日はすごく憂鬱になり、それも懐かしいなあと妙な気分になりました。
 
 
皆様はこのGWどうお過ごしだったでしょうか?
 
 
 

チケット価格を考慮したトレード

 
 
今日は私の講座を受講いただいた方から質問をいただきましたのでそれについてお話ししたいと思います。
 
 
「相場が動かないことの方が多いから、チケット料金が高くなっているのですよね。」
 
 
「このまま相場が動かない可能性は、業者は十分に理解した上で、チケット価格を決定しています。」
 
 
「では、この手法の優位性はどこにあるのでしょうか。」
 
 
「レンジと思っても、レンジではなく、結局コツコツドカンで損失が膨らむイメージしか浮かびません。」
 
 
このような疑問が生まれるのは、ある意味当然かと思います。
 
 
業者が相場地合いに応じて自分たちに有利なようにチケット価格を設定していることはその通りです。
 
 
そして、なんの根拠もなく取引をしていけばコツコツドカンで損失が膨らんでいくでしょう。
 
 
ですので、どのようにすればコツコツドカンを防ぐことができるか、負けないためにどうすればいいのか、私はいくつかの条件を設けています。
 
 
その条件を全てクリアした時にのみエントリーをするようにしています。
 
 
これだけで、負ける可能性をかなり下げることができます。
 
 
現在その条件は8個になっています。負けるたびに条件を増やしているからです。
 
 
それでも全ての条件を満たしたときでも負けることはあります。
 
 
その場合は、なぜ予想が外れたのか、そしてエントリーしたのか再度とことん自分の
心理状態、相場地合い、ファンダメンタルズ分析などで自分の取引を振り返りさらに改善すべきルールがあれば付け加えます。
 
 
ですので、以前よりもエントリーの回数はかなり減ってきましたがその分勝率も上がっています。
 
 
そこにこそ、この手法の優位性があると思っています。
 
 
では、また次回お会いしましょう。



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ にほんブログ村への応援はコチラをクリック


カテゴリー:バイナリーオプション | Leave a comment |
3 / 41912345...102030...»

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ