【黒田総裁は、タカ派】中央銀行総裁のパターンが相場に及ぼす影響

皆様、こんにちは。K先生です。
バイナリーオプション投資について解説します。

 
 

先週末の台風明けの月曜日早くも木枯らし1号が報告されました。
私は非常に汗かきなので薄着で過ごしていたら少し風邪気味です。
皆さんも季節の変わり目の風邪には十分ご注意ください。
 
さて同じ30日月曜日に、
米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長人事で、
トランプ大統領がパウエルFRB理事(64)を指名する見通しだと相次いで報じられました。
 
正式な指名は11月2日に発表される予定ですが、
パウエル氏は、緩やかな利上げを続けてきたイエレン議長の政策判断を一貫して支持しており、
次期議長になれば、現在の金融政策を踏襲する可能性が高く、
市場の警戒感は後退しそうです。
 

相場の動きに影響を及ぼすキーファクター

 
先週はECB(欧州中央銀行) で、
今週は日銀、FOMC(米 連邦公開市場委員会)で、
中長期の政策発表があります。
 
毎回市場の大きな注目を受けるこの中央銀行からの発表ですが、
その全てが大きくレートを動かすわけではありません。
 
なぜこのような違いがでるのでしょうか。
 
そこでキーになってくるのが、「サプライズ」です。
つまり、事前に予想されていたことが発表されるか否
かということです。
 

利益を上げられる「サプライズ」の種類

 
世の中には、芸能界のゴシップから、アメリカ大統領の政策転換など
いろいろな種類の「サプライズ」発表があります。
 
その中で、FX の相場に大きな影響を与えることができ、
かつ、そのタイミングがある程度読みやすいのは主要国の中央銀行の政策変更でしょう。
 
ニクソンショックやカーターショックのように、
リアルポリティックスの要人発言も相場に非常に大きなインパクトを与えますが、
そのタイミングを予想することは至難の業です。
 
中央銀行の総裁の発言や、政策金利発表などはスケジュールが決まっていますので、
それまでの政策や各種指標の動向を追うことで予想することができるのです。
 

「サプライズ」を事前に予想する方法

 
しかし、実際にそのタイミングを限定していく作業は決して簡単なものではありません。
実は、各国の中央銀行の要人発言はその政策方針によって、
「タカ派」「ハト派」 の 2 パターンに分けることができるのです。
 
特に、中銀総裁がどちらのパターンかを注視していく必要があります。
各派の基本的な考え方は以下の通りです。

その国の中銀総裁はタカ派?ハト派?

 
 
タカ派ハト派

 

その表に照らし合わせると主要国の中央銀行の総裁は以下のように分類することができます。
 
・FOMC(米) イエレン議長: ハト派→パウエル氏?:ハト派
・ECB(欧) ドラギ総裁: ハト派
・日銀(日) 黒田総裁: ハト派
 
この基本的なスタンスを踏まえた上で、、、
 
タカ派だった要人がハト派的な発言や政策を発表すると
「ネガティブサプライズ」になりリスク回避の円高となります。
 
逆に、ハト派の要人が、想定よりも思い切ったハト派的な発言をすると
「ポジティブサプライズ」になりリスクオンの円安となります。
いかがでしょうか?
 
このように主要国の中央銀行総裁の発言、政策変更はキチンと分析できれば
FXだけでなくバイナリーオプションでも大きなチャンスになりえます。
 
ぜひ彼らのこれまでの政策と発言をまとめてみてください。
 
では、また次回お会いしましょう。


カテゴリー:バイナリーオプション | コメントする |

10月30日(月)今週の注目指標

皆様、こんにちは。K先生です。
バイナリーオプション投資について解説します。

 

本日のブログも、今週の注目指標についてご案内したいと思います。

10/30(月)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
16:00 ドイツ国旗 (独) 9月小売売上高指数 (前月比) -0.4% 0.5% 横 0.5%
18:30 イギリス国旗 (英) 9月消費者信用残高 +16億GBP +15億GBP 上 +16億GBP
19:00 ユーロ国旗 (ユーロ圏) 10月経済信頼感 113.0 113.3 上 114.0
19:00 ユーロ国旗 (ユーロ圏) 10月消費者信頼感・確報 -1.0 -1.0 横 -1.0
19:30 ユーロ国旗 (ユーロ圏) コスタ・ポルトガル中銀総裁 講演
21:30 アメリカ国旗 (米) 9月個人所得 (前月比) 0.2% 0.4% 横 0.4%
21:30 アメリカ国旗 (米) 9月個人消費支出 (前月比) 0.1% 0.9% 上 1.0%
21:30 アメリカ国旗 (米) 9月コアPCEデフレーター (前月比) 0.1% 0.1% 横 0.1%
21:30 アメリカ国旗 (米) 9月コアPCEデフレーター (前年比) 1.3% 1.3% 横 1.3%
22:00 ドイツ国旗 (独) 10月消費者物価指数・速報 (前年比) 1.8% 1.7% 下 1.6%
23:30 ユーロ国旗 (ユーロ圏) ハンソン・エストニア中銀総裁 講演
10/31(火)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
- ドイツ国旗 フランクフルト休場(宗教改革記念日)
未定 日本国旗 (日) 日銀金融政策決定会合        
未定 日本国旗 (日) 日銀展望レポート
6:45 NZ国旗 (NZ) 9月住宅建設許可 (前月比) 10.2% 下 -2.3%
8:30 日本国旗 (日) 9月失業率 2.8% 2.8% 横 2.8%
8:30 日本国旗 (日) 9月有効求人倍率 1.52 1.53 上 1.52
8:50 日本国旗 (日) 9月鉱工業生産・速報 (前月比) 2.0% -1.6% 上 -1.1%
9:00 NZ国旗 (NZ) 10月ANZ企業景況感 0.0 下 -10.1
9:01 イギリス国旗 (英) 10月GfK消費者信頼感 -9 -10 横 -10
10:00 中国国旗 (中国) 10月製造業PMI 52.4 52.0 下 51.6
10:00 中国国旗 (中国) 10月非製造業PMI 55.4   下 54.3
15:30 日本国旗 (日) 黒田・日銀総裁 定例会見        
19:00 ユーロ国旗 (ユーロ圏) 9月失業率 9.1% 9.0% 上 8.9%
19:00 ユーロ国旗 (ユーロ圏) 7-9月期GDP・速報 (前期比) 0.6% 0.5% 上 0.6%
19:00 ユーロ国旗 (ユーロ圏) 7-9月期GDP・速報 (前年比) 2.3% 2.4% 上 2.5%
19:00 ユーロ国旗 (ユーロ圏) 10月消費者物価指数(HICP)・速報 (前年比) 1.5% 1.5% 下 1.4%
21:30 アメリカ国旗 (米) 7-9月期雇用コスト指数 (前期比) 0.5% 0.7% 横 0.7%
22:00 アメリカ国旗 (米) 8月S&P/ケースシラー住宅価格指数 (前年比) 5.8%
22:45 アメリカ国旗 (米) 10月シカゴ購買部協会景気指数 65.2 60.0 上 66.2
23:00 アメリカ国旗 (米) 10月消費者信頼感指数 119.8 121.5 上 125.9
11/1(水)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
- 日本国旗 (日) 特別国会召集、衆参両院本会議で首相指名選挙
6:45 NZ国旗 (NZ) 7-9月期失業率 4.8% 4.7% 上 4.6%
6:45 NZ国旗 (NZ) 7-9月期就業者数 (前期比) -0.2% 0.8% 上 2.2%
10:45 中国国旗 (中国) 10月財新/製造業PMI 51 51.0 横 51.0
14:00 日本国旗 (日) 中曽・日銀副総裁 講演
18:30 イギリス国旗 (英) 10月製造業PMI 55.9 55.9 上 56.3
21:15 アメリカ国旗 (米) 10月ADP全国雇用者数 +13.5万人 +20.0万人 上 +23.5万人
23:00 アメリカ国旗 (米) 10月ISM製造業景況指数 60.8 59.5 下 58.7
23:00 アメリカ国旗 (米) 9月建設支出 (前月比) 0.5% -0.2% 上 0.3%
27:00 アメリカ国旗 (米) FOMC政策金利発表 1.00-1.25%      
27:30 アメリカ国旗 (米) イエレン・米FRB議長 定例会見        
11/2(木)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
9:30 オーストラリア国旗 (豪) 9月貿易収支 +9.89億AUD +12.00億AUD  上 +17.45億AUD
9:30 オーストラリア国旗 (豪) 9月住宅建設許可 (前月比) 0.4% -1.0% 上 1.5%
17:55 ドイツ国旗 (独) 10月失業者数 -2.3万人 -1.0万人 上 -1.1万人
17:55 ドイツ国旗 (独) 10月失業率 5.6% 5.6% 横 5.6%
18:30 イギリス国旗 (英) 10月建設業PMI 48.1 48.5 上 50.8
20:30 アメリカ国旗 (米) 10月チャレンジャー人員削減予定数 (前年比) -27.0% 上 -3.0%
21:00 イギリス国旗 (英) BOE政策金利発表 0.3%   上 0.5%
21:00 イギリス国旗 (英) BOE議事録        
21:00 イギリス国旗 (英) BOE四半期インフレレポート        
21:30 アメリカ国旗 (米) 新規失業保険申請件数 23.3万件 23.5万件 上 22.9万件
21:30 アメリカ国旗 (米) 7-9月期非農業部門労働生産性・速報 (前期比年率) 1.5% 2.6% 上 3.0%
21:30 アメリカ国旗 (米) 7-9月期単位労働コスト・速報 (前期比年率) 0.2% 0.4% 上 0.5%
21:30 アメリカ国旗 (米) パウエル・米FRB理事 講演        
21:30 イギリス国旗 (英) カーニー・英中銀総裁 定例会見        
11/3(金)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
- 日本国旗 東京休場(文化の日)
7:15 アメリカ国旗 (米) ボスティック・アトランタ連銀総裁 講演        
9:30 オーストラリア国旗 (豪) 9月小売売上高 (前月比) -0.6% 0.4% 下 0.0%
18:30 イギリス国旗 (英) 10月サービス業PMI 53.6 53.3 上 55.6
21:30 アメリカ国旗 (米) 10月非農業部門雇用者数 -3.3万人 +31.3万人 下 +26.1万人
21:30 アメリカ国旗 (米) 10月失業率 4.2% 4.2% 上 4.1%
21:30 アメリカ国旗 (米) 10月平均時給 (前月比) 0.5% 0.2% 下 0.0%
21:30 アメリカ国旗 (米) 9月貿易収支 -424.0億USD -432.0億USD 下 -435.0億USD
23:00 アメリカ国旗 (米) 10月ISM非製造業景況指数 59.8 58.5 上 60.1
23:00 アメリカ国旗 (米) 9月製造業受注指数 (前月比) 1.2% 1.2% 上 1.4%
25:15 アメリカ国旗 (米) カシュカリ・米ミネアポリス連銀総裁 講演        
11/4(土)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
- アメリカ国旗 (米) トランプ米大統領、来日        
5:15 ユーロ国旗 (ユーロ圏) クーレ・ECB理事 講演        

今週はアメリカ雇用統計をはじめ重要な経済指標が目白押しです。
その中でも

(米) FOMC政策金利発表

その後発表される
(米) イエレン米FRB議長による 定例会見には特に注目が必要です。

※FOMC政策金利とは?
連邦公開市場委員会。日銀の金融政策決定会合に相当する金融政策の最高意思決定機関で、決定された公開市場操作の基本方針がNY連銀に向けて指令される。

次期 米連邦準備理事会の議長人事の行方は?

トランプ米大統領は先週の27日、米連邦準備理事会(FRB)
の次期議長人事を来週に決定すると表明しました。

イエレン現議長の再任のほか、パウエルFRB理事の昇格
テイラー元財務次官の登用が検討されています。

その中で、
現在のところ穏健派で共和党主流派に近いパウエル氏が優勢との見方が強まっています。

トランプ大統領はイエレン議長の低金利政策を高く評価して再任を
検討してました。
ただ、FRBの幹部人事は上院の承認が必要で、
リベラル色の強い同議長には与党・共和党内に再任反対論があります。

トランプ氏自身もイエレン議長がオバマ政権下で指名されたことを
「不利な材料」と指摘しています。

イエレン議長の定例会見前に、再任を含む後任人事が発表され、それについて
なにかコメントするのか。

それとも
人事が発表されない状況で今後のFRBの方針について言及するのか。
今後中長期の金融政策の動きについて注目が必要です。

このFRB議長の人事については次回詳しくお話ししたいと思います。

今週の注目指標

今週のその他注目すべき経済指標としては

10/31(火)に発表される

(日) 日銀金融政策決定会合
(日) 黒田・日銀総裁 定例会見
(中国) 10月製造業PMI
(中国) 10月非製造業PMI

11/1(水)に発表される

(NZ) 7-9月期失業率
(NZ) 7-9月期就業者数 (前期比)
(中国) 10月財新/製造業PMI
(米) 10月ISM製造業景況指数

11/2(木)に発表される

(英) BOE政策金利発表
(英) BOE議事録

11/3(金)に発表される

(米) 10月非農業部門雇用者数
(米) 10月失業率
(米) 10月平均時給 (前月比)
(米) 10月ISM非製造業景況指数

には注目が必要でしょう。

では、また次回お会いしましょう。


カテゴリー:バイナリーオプション | コメントする |

仮想通貨の新規公開イベントに参加してきました。

皆様、こんにちは。たまねぎ先生です。
仮想通貨について解説します。

 
 
今週の仮想通貨相場は一時70万円近くの高値をつけたビットコインは
60万円台で落ち着いています。
 
ビットコイン周りはビットコインゴールドや
11月のsegwit2xの話題があがっており、
毎日のように様々なニュースが飛び交っています。
 
まずは11月のハードフォーク騒動が終わらないと落ち着きは見せないのではないでしょうか。
 

ICOイベントに参加してきました!

 
そんな中、今週はStartup token関連のイベントに参加してきました。
現在世界中で話題になっているICO。
(株式市場におけるIPO(Inicial Public Offering)の仮想通貨版のようなもの。企業などが新しいトークンを発行し、それを不特定多数の投資家に取得させることで対価を得て資金調達すること。「トークン」とは、ビットコインやイーサリアムなどのブロックチェーンを使って発行される独自の仮想通貨のこと)
このICOを行い仮想通貨を使って資金調達をしたいプロジェクトや会社が集まって、
自社、自分たちのプロジェクトをプレゼンテーションしてました。
 
今世界中で毎月のように何百というプロジェクトがICOを行っています。
 
そんな中でも日本のマーケットが大きいと見ているのか、
都内では毎日のように大小の規模様々でこのようなイベントが行われています。
 
よく仮想通貨の情報交換をさせていただいている人にお誘いいただいたので、
参加してみました。
 
現場の雰囲気を感じることも大切かなと思い参加してみたのですが、
たしかに熱気はありました。
 
あとは参加者の半分くらいは日本の方以外でした。
わたしと同じテーブルには台湾でICOのコンサルティング会社を経営されている方が、
台湾から来られてました。
 
やはり聞いてみると日本の市場というのは注目すべき市場だという考えを教えていただきました。
 

ICOイベントでの私の最終判断

 
正直言いますと、
その日聞いた6つのプロジェクトのどのICOにも参加しないという最終判断となりました。
 
シンプルに「魅力的に感じなかった」というのが答えです。
 
周りにいらっしゃる人の中にはICOに参加するという方もいらっしゃいましたが、
全体でみると少なかったかなという印象です。
 
このようなイベントが毎日のように行われていて、
更には世界中でもあるようなので空前のICOブームといっても過言ではないようです。
 
既に仮想通貨といわれているコインは1000種類以上あると言われていますし、
毎日のように増えていると考えたらもう数は把握できないですね。
 
中には詐欺的なものもあるので気をつける必要があります。
 

ヨーロッパの方々の恐ろしいくらいの冷静さ

 
今回のイベントにお誘いいただいた方は、
その前にスイスやサンフランシスコでのこういったイベントにも参加されてきてまして
色々とお話を聞かせていただきました。
 
一番印象的だったのはヨーロッパの方々は
今の仮想通貨の業界をとても冷静にみているということです。
 
現在ビットコインの取引高は日本が世界で1位です。
それだけ日本人は仮想通貨の取引を行っており、
ICOプロジェクトへの資金投下も多く、
詐欺案件も多いです。
 
それだけ仮想通貨に対する熱はすごく
実際にわたし自身も毎日のように情報を集め、
新しい技術について調べたりしています。
 
自分の中にも熱を感じますが、
実際にヨーロッパではイベント自体がたくさんあるにも関わらず
参加者の方々が冷静だということです。
 

今週を振り返って

 
特に
「今のICOバブルは一過性のものだ。」
「そこまでの値上がりは期待していない。」
「結局BTC、XRP、ETHしか残らないんじゃないか?」などの発言が多いようです。
 
もちろん彼らの発言がかならず正しいというわけではないですが、
 
このような意見を持った方がたくさんいるエリアもあるのだな
ということは頭に入れておいて損はないと思います。
 
今後も大きな変化が何度もあるであろう仮想通貨業界ですが、
客観的に業界を見るということの大切さを教えていただいた1週間でした。
 
冷静に見てもこの業界の盛り上がりはまだまだこれからだと個人的に考えていますが、
 
視野を狭くするのは良くないので、
これからも引き続き世界中から情報を集めていきます。
 
 
PS.
仮想通貨は法律が整備されていない為、
保証も整っていません。
 
なので、取引所選びは重要です。
 
取引所は、日本のものと海外のものがありますが、
最初は操作面でも表記などが分かりやすい、
日本の取引所を選ぶことをお勧めします。
 
日本で主要な取引所をいくつかピックアップ
したので参考にしてください。
 
coincheck     QUOINEX     Bitfyer
↓ ↓ ↓     ↓ ↓ ↓     ↓ ↓ ↓
    


カテゴリー:仮想通貨 | 1件のコメント |
5 / 384«...34567...102030...»

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



あおのり学校限定特典

特典:『要点攻略入門編(14,800円)+3つの売買戦略』進呈。

条件:みんなのFXに口座開設し最低10万円入金の上1回取引

みんなのFX

特典:『FX丸分かりセミナー(29、800円)』進呈。

条件:FXブロ-ドネットに口座開設し1回取引

FXトレーディングシステムズ

特典:『マーケットの魔術師(2,940円)』進呈。

条件:アイネット証券に口座開設し2万円以上入金


特典:特典:2,000円キャッシュバック

条件:ヒロセ通商に口座開設+新規ポジション1万通貨取引


特典:『トラリピくんストラップを抽選で100名様』進呈。

条件:マネースクウェア・ジャパンに口座開設し入金

マネースクウェア・ジャパン

メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ