【速報】ビットコインがついに50万円の大台を突破!半年で5倍の価値に。

こんにちは。たまねぎ先生です。
仮想通貨について解説します。

 
 
図1
 

今週はビットコインがついに大台である50万円を突破しました。
その後も51万円台をつけるなど上昇の勢いは止まりませんね。
伴ってその他のアルトコインも上昇しているものが多数あり、
仮想通貨の市場規模(Marketcap)は17兆円規模まで膨らんでいます。
これは単純に、Fiat通貨(現行の国が発行している通貨)から
仮想通貨にお金が流れてきていることを意味します。
つまりどんどん参入者が増えてきている、
もしくは既に仮想通貨を保有している人が
更に資産を追加しているということになります。
仮想通貨の市場規模や、
各仮想通貨の発行量や価格をチェックするには以下のサイトが便利です。
https://coinmarketcap.com

 

時価総額2位のイーサリアムも目立った上昇を見せた


今週はビットコインだけでなく、
上昇が目立った仮想通貨の中に
時価総額2位のイーサリアム(Ethereum)というアルトコインがあります。
これは簡単にいうと
スマートコントラクトという
ブロックチェーン上で完結することができる
契約の自動化プログラムを動かすプラットフォームです。
他にもスマートコントラクト関係の仮想通貨はいくつか存在し、
そんな中でもLISKという仮想通貨も今週大きな上昇を見せました。
300台だったものが一時的に800円台まで上昇しました。
私もLISKは少額保有していたので、一旦決済しています。

 

市場規模が大きい国は?


こういった仮想通貨のマーケットって
世界的にどこが大きいと思いますか?
実は私達が住む日本や、韓国、中国などの
アジアマーケットが今一番熱い状態となっております。
日本では最近大手仮想通貨取引所である「bitflyer」がTVやYoutubeでCMをしていますね。
NHKのニュースや特番などでも
「仮想通貨」や「ビットコイン」という名前をちらほら見るようになりました。
実際にわたしの周りでも
この数ヶ月のうちに仮想通貨の取引を始めた人が
少なくみても20~30人いらっしゃいます。
日本ではまだまだ小さいことは否めないですが、
明らかに仮想通貨に注目している人、
取引を始めている人が増えております。

 

では、他の国はどうでしょう?
中国は、最大の仮想通貨市場でした。
なぜかというと、
ビットコインなどの仮想通貨はマイニング(採掘)という
高難易度計算処理を高性能なコンピュータを使って行い、
そこから新しいコインが発生します。
つまりマイニングした人達が新しいコインを手に入れることができるのです。
このマイニングには、広い土地と電気が必要となります。
中国は土地が広く、更に電気代も安いのでマイニングに適しているとされ、
大きなマイニング工場がいくつも存在するのです。
現在でも世界最大級のマイニングファーム(工場)が複数中国に存在します。
必然的にうまれるコインが中国に多いことから、
そこから取引所での取引量も大きくなったのです。

 

中国を猛追する “ある国” の実情


そんな中国をものすごい勢いで追いかけている国があります。
それが韓国です。
例えばイーサリアムの取引をピックアップしていうと、
韓国の取引量は世界で1番になっているのです。
そんな韓国に今週は市場視察も兼ねて訪問してきました。
約10年ぶりの韓国、
更に出発日の朝に北朝鮮がミサイル発射の報道が出て、
すごいタイミングに行くなという感じです。
 
結論から言いますと、
韓国での仮想通貨はまだまだ浸透していないなと感じました。
取引量は大きいですが、
恐らく一部の大口投資家が大きな資金を入れてるのではないでしょうか。
一般の街の人へのリサーチや、
色々なお店でも確認しましたが、
まだまだ知らない人もいるし使えるところもありませんでした。
 
これは残念だったという感じではなく、
まだまだ市場規模は大きくなる、
伸びてくるという捉え方をしました。
つまりまだまだ仮想通貨というジャンルに投資することで
先行者利益を得ることが可能だということです。
もちろんやみくもに始めるという話ではありませんが、
市場ができあがってない状態というのはビジネスチャンス、
お金を稼ぐチャンスがたくさんあります。
しかも仮想通貨・ブロックチェーンというのは
政府や世界の大企業も取り組んでいる一大マーケット。
まだまだ一般には浸透していませんが、
徐々に広がりは見せています。
近々中国にもマーケット・リサーチに向かうつもりでおります。
その際は報告いたします。

 

※本文で仮想通貨という言葉を使っていますが、

世界では「Crypto currency」という言葉が一般的です。

これを直訳すると「暗号通貨」となります。

実際僕自身も僕の周りのクリプト界隈にいる方達は

暗号通貨という言葉を使います。

ですが、こと日本においては、テレビのニュースや、

政府も仮想通貨という言葉を使い、

これが一般的になっているため

仮想通貨という言葉を使っています。

世界では暗号通貨なんだってことも

頭の片隅に入れておいてもらえると

ウェブサイトやTwitterなどで

暗号通貨と書かれていたとしても

理解しやすいと思いますので、お願いします。

メルマガ登録者には「勝率90%の出し方」を含む7本の動画をプレゼントしています

メールアドレス(必須)

カテゴリー:仮想通貨 | コメントする |

元パチプロだった私が、システムトレードを激推しする理由Part2

皆様、こんにちは。高橋です。
株のシステムトレードについて解説します。

 
 
people-2574477_1920 (1)
 
前回、私がシステムトレードをお勧めする理由の一つとして、
「バックテスト」が行えるので
統計的に優位性のあるルールで売買ができる。
という事を紹介させて頂きました。
前回のURLはこちら
http://aonorifx.com/blog/29965/
 
前回の記事を要約しますと、
バックテストを行うと、
「統計的に優位性があるルール」で売買するので
安定した利益が見込める可能性が高い。
という事でした。
 
さて、
今回は私がシステムトレードを
あなたにお勧めしたい理由の2つめの話をさせて頂きます。
 
2つめの理由は
「実際にトレードする時の負担が軽い」という点です。
 
トレードする時の負担が軽いと一言で言っても
メリットはいくつもあります。
 
まずは時間でのメリットです
 
システムトレードでは売買ルールが既に定まっているので、
トレードの判断で悩む要素が
裁量トレードに比べて劇的に少なく、
トレードが楽に行えます。
何をどのタイミング売買するかが決まっているので、
あとはシステム通りにトレードを行えばいいだけです。
 
システムトレードでトレードを行う方法は、
証券会社への発注は手動で行うパターンと
自動で売買できるパターンがあります。
 
手動で証券会社で発注する場合では、
トレードのルールにもよると思いますが、
私が実際に行っていたトレードルールでは
1日で夜に10分程度の作業で発注作業が終わっていました。
 
自動売買でシステムトレード取引の場合、
自分ではトレードで発注する手間もないので、
1日で実際にトレードにかかる時間がゼロ秒で、
トレーに関して時間を割く必要が無く、
1日のトレード結果を確認したい時に
時間が数秒~数分かかるくらいです。
 
一方、裁量トレードでは
株の場合ですと、夜な夜な注目している銘柄を分析したり、
デイトレードを行うにしても、日中に時間がとれなかったり
FXなど夜間にトレードを行うようなトレード対象でも
モニターを凝視しながら、
自分がトレードしたいタイミングを
ひたすら待ちながら売買をする。
といったパターンが多いと思うので、
トレードそのものにかなり時間がかかります。
仮にそのやり方で
利益が得られたとしても大変ですよね。
 
疲れて帰ってきた時や
忙しくて時間がとれない時に限って
後から振り返って
「あの時、トレードしてたら勝ってたのに~!」
という事も往々にしてあり、
実際にトレードはしていないものの、
何か損した気分にさせられるのも嫌なもんですよね。
 
という事で
システムトレードは時間に関するメリットが相当大きく、
相場が開いている時でも、閉まっている時でも、
トレード自体はシステムに任せておけばよいので、
当の本人は、仕事なり、趣味なり、家族との時間なり・・・
と好きなように過ごせます。
 
次に精神的な負担についてのメリットです
 
先程、システムトレードでは売買ルールが既に定まっているので、
トレードの判断で悩む要素が
裁量トレードと比べて劇的に少ないとお伝えしましたが、
トレード判断での部分において、、
相場で利益をあげている時も、損をしている時でさえも
精神的な負担が裁量トレードよりは確実に軽いです。
なにせトレード判断で悩まなくても良いのですから。
 
精神的な負担はトレード結果にも悪影響を及ぼします
 
裁量トレードで負けが込んできて
ついついアツくなり、
普段では考えられないような
大きな量のポジションで損失を取り返そうとしたり、
自分のルールを破って、
何でもかんでも仕掛けて、取り返そうとする・・・
こういう事って一度はやったことありませんか?
 
仮にポジションを増やしたり、
いつもと違うルールでうまくいったとしても、
それはその時に単に運が良かっただけで、いずれはやられてしまいます。
トレード結果にも影響がでますよね。
 
システムトレードでは、
トレードルールの通りに売買が行われるだけなので、
いたってクールなもんです。
 
今回の私が言いたかった事をまとめると、
システムトレードのメリットは、
「時間の節約と精神的負担が軽い」という面もあるという事です。
 
以上で
システムトレードをお勧めする2つめの理由の
「実際にトレードする時の負担が軽い」についての話を終了致します。
 
次回はシステムトレードのデメリットの部分について
お話させて頂きます。

メルマガ登録者には「勝率90%の出し方」を含む7本の動画をプレゼントしています

メールアドレス(必須)

カテゴリー:システムトレード | コメントする |

【警告】元手100万円が4日で186万円に。でも見逃せない、バイナリー3つの落とし穴

banner-1165975_1920
 

皆様、こんにちは

 

K先生です。
 

前回は、バイナリーオプションの3つのメリットについてお話しさせていただきました。
「FXより安全?!バイナリーオプションの3つの大きなメリット」
 
しかし、すべての金融商品にはメリットとデメリットがあります。
 
今回は、バイナリーオプションのデメリットについてお話しさせていただきたいと思います。
私はバイナリーオプションには以下の3つの大きなデメリットがあると考えています。
 
①1回の損失額が大きい
 
②手数料が高い
 
③成行注文しか出せないため手動でエントリー、決裁をしなければならない。
 
まず、1回の損失額が大きいという点ですが、
この講座で何回もお話ししていることですが、
バイナリーオプションは、可能性の高い予想に対しては利益が少なく、
可能性の低い予想に対しては、
利益が高くなるという特徴があります。
 
ですから、勝率に重きを置いて取引をしてくと、
負けた時の損失>>勝った時の利益となりがちです。
つまり、1回の負けが命取りになるということを肝に銘じ、
それに合った資金サイズで取引をしてかないと、
すぐに退場ということになってしまいます。
 
実際に、日本の市場において、
バイナリーオプションがいまいち市民権を得ていないのも、
この点について十分に認知されないままFXと同じ感覚で資金を投入し、
大きな損失を出してしまったことが原因のひとつだと考えています。
 
2つ目に、バイナリーオプションでは非常に手数料が高いということが挙げられます。
この手数料とは、チケットの購入額と売却額の差額のことで、
FXでいうスプレッドと同じものです。
日本においてFX取引のスプレッドは非常に小さく設定されています。
例えばUSD/JPYのスプレッドは0.3銭~となっており、1%以下になっていますが、
バイナリーオプションでは、4%~となっており、非常に割高になっております。
 
しかし、FX取引の市場は1日に600兆円以上の資金が動くと言われており、
各社のサービスもほぼ均一化されております。具体的には、取引時間、発注方法などは、
全ての会社で同じサービスを提供しています。
それ以外でも、スプレッドやスワップポイントなどで各社が熾烈な競争をしているのは、
ご存知かと思います。
 
私は、FX会社に勤めていたことがあるので、よくわかるのですが、
FX取引では、顧客からの注文は、会社がリスクを負わないために、
基本的にはインターバンクなどのリクイディティプロバイダーとよばれるところにそのまま流し、
その顧客が利益を上げても、
損失を出しても確実にスプレッド分の収益が得られるような体制を整えています。
それゆえ、FX業者各社は、
取引のリスクを負うことなく魅力的なサービスを提供することが可能なのです。
 
しかし、バイナリーオプションの場合は、市場規模は比較にならないほど小さく、
各社のサービスは取引時間、取引回数などまちまちです。
このため、顧客からの注文をインターバンクなどの
リクイディティプロバイダーに流すことが難しいと思われます。
つまり、顧客の注文が一方に偏った場合には、
そのリスクをバイナリーオプション提供会社が背負わなければならないのです。
そういったリスクを加味していくと、
必然的に手数料は高めになってしまい、
リターンが少なくなっていると考えられます。
 
最後に、バイナリーオプションでは指値/逆指値といったような発注方法がないため、
取引をしようとする時は必ず取引システムにログインし手動で発注、
決裁をしなければなりません。
取引システムのチャートも非常に単純で
バイナリーオプションのチャートでテクニカル分析などはできません。
これは手数料の話と同じ理屈で、まだまだ市場規模の小さなバイナリーオプションでは、
そういった複雑な機能のシステムの開発にはまだ至っていないようです。
 
基本的に、バイナリーオプションの取引時間は1回あたり2時間~3時間ですので、
取引開始直後にチケットを購入したとすると、よっぽど確信がない限りは、
取引プラットフォームにログインしたまま値動きを見守り、
損切り、利食いのタイミングを計らなければなりません。
これは、FX取引に慣れた人にとってはかなりのストレスです。
 
また、(日中の時間帯など)取引時間によっては、専業のトレーダーしか
取引ができないこともありデメリットと言えるでしょう。
 
このように、メリットもあればデメリットもあるバイナリーオプションですが、
私はそのメリットを生かし、きちんとした戦略を使えば、
大きな利益を上げることができると確信しています。
 
こちらは、昨年私が行った取引実績の一部ですが、
私が独自に開発したある相場環境で取引をすると
わずか4日間の取引で元手100万円を186万円にしたことに成功しています。
 

取引実績(100万円→186万円)
 
次回のブログでは、私がどのような手法を使ってこのような高利益の取引を行っているのか
その手法の基本的な考え方を大公開していきたいと思っております。
 
では、また次回お会いしましょう。

メルマガ登録者には「勝率90%の出し方」を含む7本の動画をプレゼントしています

メールアドレス(必須)

カテゴリー:バイナリーオプション | コメントする |
5 / 373«...34567...102030...»

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



あおのり学校限定特典

特典:『要点攻略入門編(14,800円)+3つの売買戦略』進呈。

条件:みんなのFXに口座開設し最低10万円入金の上1回取引

みんなのFX

特典:『FX丸分かりセミナー(29、800円)』進呈。

条件:FXブロ-ドネットに口座開設し1回取引

FXトレーディングシステムズ

特典:『マーケットの魔術師(2,940円)』進呈。

条件:アイネット証券に口座開設し2万円以上入金


特典:特典:2,000円キャッシュバック

条件:ヒロセ通商に口座開設+新規ポジション1万通貨取引


特典:『トラリピくんストラップを抽選で100名様』進呈。

条件:マネースクウェア・ジャパンに口座開設し入金

マネースクウェア・ジャパン

メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ