3月26日今週の注目指標

皆様、こんにちは。K先生です。
バイナリーオプション投資について解説します。

 
 
本日のブログも、今週の注目指標についてご案内したいと思います。
 

3/26(月)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
6:45 (NZ) 2月貿易収支 -5.66億NZD -1.00億NZD +2.17億NZD
18:30 (独) バイトマン・独連銀総裁 講演        
25:30 (米) ダドリー・米NY連銀総裁 講演        
3/27(火)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
5:30 (米) メスター・米クリーブランド連銀総裁 講演        
8:10 (米) クオールズ・FRB理事兼副議長 講演
18:00 (ユーロ圏) ノボトニー・オーストリア中銀総裁 講演        
18:00 (ユーロ圏) 3月経済信頼感 114.1 113.3 112.6
18:00 (ユーロ圏) 3月消費者信頼感・確報 0.1 0.1 0.1
22:00 (米) 1月S&P/ケースシラー住宅価格指数 (前年比) 6.3% 6.1% 6.4%
23:00 (米) 3月リッチモンド連銀製造業指数 28 22 15
23:00 (米) 3月消費者信頼感指数 130.8 131 128
24:00 (米) ボスティック・アトランタ連銀総裁 講演        
3/28(水)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
9:00 (NZ) 3月ANZ企業景況感 -19.0 -20.0
21:30 (米) 2月卸売在庫 (前月比) 0.8% 0.5% 1.1%
21:30 (米) 10-12月期GDP・確報 (前期比年率) 2.5% 2.7% 2.9%
21:30 (米) 10-12月期個人消費・確報 (前期比年率) 3.8% 3.8% 4.0%
21:30 (米) 10-12月期GDPデフレーター・確報 (前期比年率) 2.3% 2.3% 2.3%
21:30 (米) 10-12月期コアPCEデフレーター・確報 (前期比年率) 1.9% 1.9% 1.9%
23:00 (米) 2月中古住宅販売保留件数指数 (前月比) -4.7% 2.0% 3.1%
25:00 (米) ボスティック・アトランタ連銀総裁 講演        
3/29(木)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
6:45 (NZ) 2月住宅建設許可 (前月比) 0.2% 5.7%
8:01 (英) 3月GfK消費者信頼感 -10 -10 -7
16:55 (独) 3月失業者数 -2.2万人 -1.5万人 -1.9万人
16:55 (独) 3月失業率 5.4% 5.3% 5.3%
17:30 (英) 2月消費者信用残高 +14億GBP +14億GBP +16億GBP
17:30 (英) 10-12月期経常収支 -228億GBP -240億GBP -184億GBP
17:30 (英) 10-12月期GDP・確報 (前期比) 0.4% 0.4% 0.4%
17:30 (英) 10-12月期GDP・確報 (前年比) 1.4% 1.4% 1.4%
21:00 (独) 3月消費者物価指数・速報 (前年比) 1.4% 1.7% 1.6%
21:30 (米) 新規失業保険申請件数 22.9万件 23.0万件 21.5万件
21:30 (米) 2月コアPCEデフレーター (前月比) 0.3% 0.2% 0.2%
21:30 (米) 2月コアPCEデフレーター (前年比) 1.5% 1.6% 1.6%
21:30 (米) 2月個人所得 (前月比) 0.4% 0.4% 0.4%
21:30 (米) 2月個人消費支出 (前月比) 0.2% 0.2% 0.2%
22:45 (米) 3月シカゴ購買部協会景気指数 61.9 62.0 57.4
23:00 (米) 3月ミシガン大消費者信頼感指数・確報 102.0 102.0 101.4
26:00 (米) ハーカー・米フィラデルフィア連銀総裁 講演        
3/30(金)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
NZ、オーストラリア、香港、フランクフルト、ロンドン、NY休場(イースター休暇)
8:30 (日) 2月失業率 2.4% 2.6% 2.5%
8:30 (日) 2月有効求人倍率 1.59 1.60 1.58
8:30 (日) 3月東京都区部消費者物価指数 (生鮮食品除く:前年比) 0.9% 0.9% 0.8%
8:50 (日) 2月鉱工業生産・速報 (前月比) -6.8% 5.0% 4.1%
3/31(土)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
10:00 (中国) 3月製造業PMI 50.3 50.6 51.5
10:00 (中国) 3月非製造業PMI 54.4 54.6 54.6
4/1(日)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
米韓合同軍事演習開始

 

米中貿易全面戦争懸念で株・為替市場は大きな動き

 
米中間の貿易摩擦への懸念がぬぐえず、投資家のリスク回避の動きが続き、
ダウ平均の週間下げ幅は1413ドル安と、リーマン・ショック直後の2008年10月
以来の大きさとなりました。トランプ大統領は22日、中国の知的財政権侵害を
巡って中国製品に包括的な関税を課し、中国の対米投資を制限する大統領覚書に
署名したことが発端ですが、中国政府も対抗の関税策を提示し貿易の全面戦争
の様相を呈しています。これにより、ドル円相場は2016年11月10日以来となる
105円割れを記録したほか、円は対ドル以外でも全面的に買い進まれる展開を
たどっています。
 

ドル円105円を割り込み大きく円高へ動く方向が確定か?

 
先週末の時点では、21日に発表されたFOMCの政策金利発表での発表内容次第で
ドル高に再び戻る可能性が少ないながらも残されていましたが、結果はこの発表に
よるドル高影響はなく、その後の動きで105円という心理的な節目を超えたことで
今後は円高に大きく動いていくシナリオが有力となりました。一部ではトランプ大統領
は初めにサプライズ的な行動をとったうえで、交渉を有利にすすめるという手法
を多用するため、この貿易戦争も本格的なものにならないという意見もあります。
しかし、毎週に渡りトランプ政権からは多岐にわたる不安材料が生まれており
 
このトレンドが急速に進むのか、ゆっくりと進んでいくのかという違いしか産まない
と見る方が自然でしょう。そういった意味では週末に開始される米韓合同軍事演習
がまた来週の懸念材料になる可能性があり、結局円高リスクは大きいといえます。
 
 

今週の注目指標

 
その他注意すべき経済指標は
 
28日に発表される
(米) 10-12月期GDP・確報
 
29日に発表される
 
(独) 3月失業者数
(独) 3月失業率
(米) 新規失業保険申請件数
 
 
 
には注目が必要です。
 
 
 
 
では、また次回お会いしましょう。



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ にほんブログ村への応援はコチラをクリック


カテゴリー:バイナリーオプション | Leave a comment |

シストレで稼ぐのにプログラミングは必要なのか?

皆様、こんにちは。高橋です。
株のシステムトレードについて解説します。

 
 
computer-2788918_1280
 
先日ネットでこんな文言を見かけました。
「シストレやってみたいけどプログラムできないしなぁ」
 
 
はい、これは勿体ないです。
 
 
確かにプログラムのスキルを駆使し、
自分でシステムトレードアプリを開発して
システムトレードを行う方法は選択肢の一つとしてありますが、
こと日本株のシステムトレードではプログラムの知識がなくても
システムトレードアプリを利用してシステムトレードを行う方法があるんですよね。
 
 
アプリを使うにしても自分で売買ルールを作成する方法があるのと、
売買ルールを購入する方法があります。
 
 
ですので、冒頭で見かけた
プログラムができないとシステムトレードができない
という先入観は凄くもったいないなぁっと思いました。
 
 
このたび、私が作成しました
年利70%の売買ルール「Chronus(クロノス)」の詳細ページが完成しましたので是非ご一読ください(第2弾の詳細ページです)。
e935b30f-8dda-42b0-8dec-fbbf9a8d5a31
https://synergista.jp/lp/ic1y/
 
 

「Chronus」の今週の成績(3/16~3/22)

 
「Chronus」のシミュレーションモードの今週の成績はといいますと、
前回の2017年8月7日から3月15日時点で、
108,411円の利益が上がっていたものが、
3月22日時点で、188,561円の利益となり、
80,150円の利益となっています。
今期は勝ちましたので、
連敗を脱出しました。
 
 
下図の表の左上の「累積ネット損益」というところを見て下さい。
ALLはストラテジーの集合体ですが、
右側のCL1やCL2はストラテジーとなっており、
中にはマイナスのものもありますが、
全体でプラスであれば何も問題ありません。
 
SnapCrab_NoName_2018-3-22_16-33-1_No-001
 
今期は3/19に空売りにて大きな利益となっており、
全体のパフォーマンスに大きく貢献しました。
 
SnapCrab_NoName_2018-3-22_17-25-9_No-001
 
上の図の今期の日経平均の赤枠の箇所を見て頂きたいのですが、
今期の日経平均は序盤に緩やかに下げ、その後にやや上がり、トータルで見ると下落しています。
 
 
現在のポジション比率は
空売りのポジションがやや多いです。
 
グラフはこちら
 
SnapCrab_NoName_2018-3-22_16-33-23_No-00
 
グラフの赤い線が全体の資産の流れとなっており、
下の画像の黄色い枠が今期分の資産グラフとなっています。
 
SnapCrab_NoName_2018-3-22_16-33-23_No-001
 
前回の空売り銘柄での急騰に掴まったことにより、
資産グラフが下落後、1/3ほど回復しているのが解ります。
 
 
「Chronus」について
もし、何か疑問点がありましたら、
些細な事でも全然構いませんので、
遠慮なく
https://itrade.tokyo/contact-takahashi/
までお問い合わせください。
私がお答えさせて頂きます。
 
 
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。
 
PS:突然ですが「ミュージカル」は好きですか?
 
私はミュージカルの楽しさがよく解っておらず、
登場人物が普通に話していたと思いきや
突然歌いだしたり踊ったりする事に違和感を感じており、
ミュージカルの世界観について
どうも馴染めずにいます。
 
 
そういった私と共通のミュージカル論を持った
「ミュージカルの何が面白いのか解らん派」の知人Aがいるのですが、
先日、知人Bから
知人Aが「ミュージカルを見て泣いた」
と言っていた事を聞きました。
 
 
私は驚きました。
「まさかあのAがミュージカルで泣くなんて・・・。」
そればかりか知人Aは周囲にそのミュージカルを推奨しているとの事。
 
 
私は気になりました。
Aを泣かせるほどのミュージカルとは一体どんなものなのかと・・・。
 
 
どうやらそのミュージカルとは
「グレイテスト・ショーマン」
というミュージカル映画らしいです。
 
 
ミュージカルの何が面白いのか解らん派の私ですが、
思い返してみれば、
さほどミュージカル作品を見たわけではなく、
何回か観ただけで
自分には合わないなと決めつけていたふしもあり、
食わず嫌いも良くないと思うので
私も今度観に行くかもしれないです。
 
「グレイテスト・ショーマン」
http://www.foxmovies-jp.com/greatest-showman/sp/#/boards/showman



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ にほんブログ村への応援はコチラをクリック


カテゴリー:システムトレード | Leave a comment |

外資系FX会社出身の僕が、FX会社の選び方について語ってみた。

皆様、こんにちは。K先生です。
バイナリーオプション投資について解説します。

 
choice-2692466_1280
 
暖かくなったかと思ったらここ数日関東では雨続きで気温も下がっていますね。
皆様風邪などひかれませんようご注意ください。
 
今回は、FX会社の選び方についてお話したいと思います。
 
多分 FXをはじめようとする人にとってどこの会社で口座を開いたらいいのか?
というのが一番気になるところだと思います。
 
どこが良いのか。
 
私もいろいろな人に聞かれるのですが、この質問に対しての一番優等生的な回答は、
「それぞれの取引スタイルによるので、一概にどこがいいとは言えません。」
と言っておくのが一番無難なのです。
 

あなたの取引スタイルで選ぶ

 
実際、短期間に多くの取引をする人にとってはスプレッドが狭いところが、高金利通貨を長期でポジションを保有する人にはスワップポイントが高いところが、といったように
取引スタイルで選ぶべき FX会社が異なってくるのはというのは本当です。
 
こういうところは各社も差別化をはかるために盛んに宣伝をしています。
 

FX会社の取引システムの裏側からも考える

 
しかし、FX会社に勤めていた経験がある私からすると、そういった目に見えるサービス以外にも、実は何かトラブルがあった時に、会社によって対応に差があるということをお話したいと思います。
 
私が勤めていた会社は外資系で、独自の取引システムを持っており、
それを日本のFX会社にも提供していました。
これをホワイトラベルモデルと言って、取引画面はその会社のロゴやカラーになっていてもシステムの裏側は弊社のものとなります。
 
当時弊社の取引システムは多くの日本の FX 会社に採用されていたので、FX業界では
ライバルと呼ばれるような会社でもどちらも弊社のシステムを使っており、ロジックやディーラーによる約定の処理は一括でその会社が処理していたなんてこともありました。
 
(イメージは下図を参照ください)
 
イメージ図
 

取引システムのトラブル

 
しかし、取引システムには不具合や人的なミスなどトラブルがつきものです。
その場合は私の勤めていた会社がそれを修正し、FX会社へ報告することになっておりました。
 
なかには平日の取引時間中に、取引システムにログインができないとか、
ディーラーが間違った値段で約定をしてしまうというようなこともありました。
一旦そういったトラブルが起きると、まずお客様からのクレームをそれぞれの FX会社で受けることになります。
 
それが集約されて我々のところに届くという形でしたので、数万人の顧客がいる
大きな会社の担当者の怒りは相当なものです。トラブルが解消した後も、
「あの時トラブルがなければこれだけ利益を出すことが出来たのに」というお客様への
対応をしなければならず、その場合はその申し出に正当性が認められれば
基本的に私の勤めていた会社がその負担をして、FX会社を通してお客様への補填をしていました。
 

システム提供会社の本音とFX会社への対応の差

 
システム提供会社としては、そういった負担を極力減らしたいというのが本音です。
 
なので、要求を突っぱねることもあるんですが、
やはり大手でたくさんお客様がいる会社の要求を断るのは難しく、同じトラブルでも
大手のお客様に対しては補償をしても、そうでないところには・・・。
ということがまかり通っていました。
したがって、そういった補償の受けやすさでいうと、
間違いなく大手(取引数量や顧客数が多い会社)の方が有利です。
 
実はそういったところも FX会社を選ぶ要素なんですね。
口座を開設する時に頭の片隅に入れておくといいかもしれません。
 
 
では、また次回お会いしましょう。



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ にほんブログ村への応援はコチラをクリック


カテゴリー:バイナリーオプション | Leave a comment |
5 / 413«...34567...102030...»

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ