4月2日今週の注目指標

皆様、こんにちは。K先生です。
バイナリーオプション投資について解説します。

 
 
本日のブログも、今週の注目指標についてご案内したいと思います。
 

4/2(月)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
NZ、オーストラリア、香港、フランクフルト、ロンドン休場(イースター休暇)
8:50 (日) 日銀短観大企業製造業業況判断DI 25 25 24
8:50 (日) 日銀短観大企業非製造業業況判断DI 23 24 23
8:50 (日) 日銀短観大企業設備投資 (前年比) 7.4% 1.0% 2.3%
10:45 (中国) 3月財新/製造業PMI 51.6 51.7 51.0
23:00 (米) 3月ISM製造業景況指数 60.8 59.6 59.3
23:00 (米) 2月建設支出 (前月比) 0.0% 0.4% 0.1%
4/3(火)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
7:00 (米) カシュカリ・米ミネアポリス連銀総裁 講演        
13:30 (豪) RBAキャッシュターゲット 1.5%   1.5%
15:00 (独) 2月小売売上高指数 (前月比) -0.7% 0.7% -0.7%
17:30 (英) 3月製造業PMI 55.2 54.7 55.1
22:30 (米) カシュカリ・米ミネアポリス連銀総裁 講演
4/4(水)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
5:30 (米) ブレイナード・米FRB理事 講演
10:30 (豪) 2月小売売上高 (前月比) 0.1% 0.3% 0.6%
10:30 (豪) 2月住宅建設許可 (前月比) 17.1% -5.0% -6.2%
17:30 (英) 3月建設業PMI 51.4 51.0 47.0
18:00 (ユーロ圏) 2月失業率 8.6% 8.5% 8.5%
18:00 (ユーロ圏) 3月消費者物価指数(HICP)・速報 (前年比) 1.1% 1.4% 1.4%
21:15 (米) 3月ADP全国雇用者数 +23.5万人 +21.0万人 +24.1万人
22:45 (米) ブラード・米セントルイス連銀総裁 講演        
23:00 (米) 3月ISM非製造業景況指数 59.5 59.0 58.8
23:00 (米) 2月製造業受注指数 (前月比) -1.4% 1.7% 1.2%
24:00 (米) メスター・米クリーブランド連銀総裁 講演        
4/5(木)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
香港、上海休場(清明節)
10:30 (豪) 2月貿易収支 +10.55億AUD +7.25億AUD +8.25億AUD
15:00 (独) 2月製造業受注 (前月比) -3.9% 1.5% 0.3%
17:30 (英) 3月サービス業PMI 54.5 54.0 51.7
18:00 (ユーロ圏) 2月小売売上高 (前月比) -0.1% 0.5% 0.1%
18:00 (ユーロ圏) 2月生産者物価指数 (前年比) 1.5% 1.5% 1.6%
20:30 (米) 3月チャレンジャー人員削減予定数 (前年比) -4.3% 39.4%
21:30 (米) 新規失業保険申請件数 21.5万件 22.5万件 24.2万件
21:30 (米) 2月貿易収支 -566.0億USD -568.0億USD -576.0億USD
26:00 (米) ボスティック・アトランタ連銀総裁 講演        
4/6(金)の注目イベント 注目度 前回発表値 市場予想 市場結果
上海休場(清明節)
15:00 (独) 2月鉱工業生産 (前月比) -0.1% 0.2% -1.6%
21:30 (米) 3月非農業部門雇用者数 +31.3万人 +18.5万人 +10.3万人
21:30 (米) 3月失業率 4.1% 4.0% 4.1%
21:30 (米) 3月平均時給 (前月比) 0.1% 0.3% 0.3%
26:30 (米) パウエル・米FRB理事 講演
28:00 (米) 2月消費者信用残高 +139.06億USD +155.00億USD +106.01億USD

 

欧米圏の祝日を前におきた不可解な円安

 
先々週までのドル円相場は、節目となる105円を割りこのまま円高が進むかと思われて
いましたが、蓋を開けてみると3月28日夜の米GDP確報値が予想以上の上方修正と
なったことをきっかけに29日未明には一方的にドル全面高となり、ドル円は106円超えから買い連鎖となって一時107円台まで上昇しました。 
欧米圏のイースター休暇直前だったことのあり、この不可解な動きには注目が集まりま
した。
 

テクニカルとファンダメンタルズが一致しない不透明な地合いに

 
ファンダメンタルズ的にこのドル高は北朝鮮の金委員長が中国を電撃訪問し、
中朝首脳会談により北朝鮮が米朝会談実現への積極姿勢を示したことで、朝鮮半島問題の
解決への希望的な観測が強まったためと説明されています。
しかし、現在のようにテクニカル的には円高、ファンダメンタルズ的に(一時的に)
ドル高という地合いでは短期の動きは本当に読みにくい状況です。
 
この数カ月振り返ってみると毎週のようにトランプ大統領に振り回されている
こともあり、一時的には様子見をした方がいいのかもしれません。
 
 

今週の注目指標

 
その他注意すべき経済指標は
 
2日に発表される
(日) 日銀短観大企業製造業業況判断DI
(日) 日銀短観大企業非製造業業況判断DI
(日) 日銀短観大企業設備投資 (前年比)
(中国) 3月財新/製造業PMI
(米) 3月ISM製造業景況指数
 
3日に発表される
(豪) RBAキャッシュターゲット
 
4日に発表される
(米) 3月ISM非製造業景況指数
 
6日に発表される
(米) 3月非農業部門雇用者数
(米) 3月失業率
(米) 3月平均時給 (前月比)
 
には注目が必要です。



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ にほんブログ村への応援はコチラをクリック


カテゴリー:バイナリーオプション | Leave a comment |

3月23日に日経平均が-974円!そしてその後・・・。

皆様、こんにちは。高橋です。
株のシステムトレードについて解説します。

 
 
graph-3078539_1280
 
3月23日に日経平均が-974円の大幅下落になりました。
ネットを見ていると、今回の下落で大きく負けた人、
相場から退場状態になってしまった人など、
結構悲惨な状況になっている人が見受けられました。
 
大幅下落後の日経平均の動きをおさらいすると、
 
SnapCrab_NoName_2018-3-29_17-29-31_No-00
 
日経平均の大幅下落後にNYダウも-424ドルとなり、
3/26の日経平均の寄り付きも-194円となり、
ダウにつられる形で大きく下げました。
ですが、場中にどんどん上昇していき、
場が引けてみたら+148円の上昇となっていました。
3/27に+511円でかなり戻ったと思いきや、
3/28に-286円の下落となってしまいました。
3/29は前日比219円高と高く寄り付き
3/23の-974円からそれなりに落ち着き始めたか?
と思わせる展開でしたが、
そこからどんどん下がっていき、
ついにマイナスに転じてしまいました、
でもまた上がっていき結局+127円でした。
 
急落前の3/22時点での日経平均は21591円で、
3/29は21159円でしたので、
この間-432円の下落という事になります。
最も底は3/23の-974円でしたので、
半分ほどは戻したことになりますが、
まだあと半分もあるとも言えます。
 
そういった大幅下落があったなか
「Chronus」は損失とならず好成績でした。
このような相場の下落時に利益になるのは非常に良い事です。
 
このたび、私が作成しました
年利70%の売買ルール「Chronus(クロノス)」の詳細ページが完成しましたので是非ご一読ください(第2弾の詳細ページです)。
e935b30f-8dda-42b0-8dec-fbbf9a8d5a31
https://synergista.jp/lp/ic1y/
 

「Chronus」の今週の成績(3/23~3/29)

「Chronus」のシミュレーションモードの今週の成績はといいますと、
前回の2017年8月7日から3月22日時点で、
188,561円の利益が上がっていたものが、
3月22日時点で、247,828円の利益となり、
59,267円の利益となっています。
今期は勝ちましたので、
2連勝となりました。
 
 
下図の表の左上の「累積ネット損益」というところを見て下さい。
ALLはストラテジーの集合体ですが、
右側のCL1やCL2はストラテジーとなっており、
中にはマイナスのものもありますが、
全体でプラスであれば何も問題ありません。
 
SnapCrab_NoName_2018-3-29_16-42-32_No-001
 
今期は3/23の日経平均の大幅下落時に利益となっており、
全体のパフォーマンスに貢献しました。
 
SnapCrab_NoName_2018-3-29_17-32-57_No-001
 
上の図の今期の日経平均の赤枠の箇所を見て頂きたいのですが、
今期の日経平均は序盤に大幅に下落し、その後に上昇しているものの、トータルで見ると下落している事が解ります。
 
 
 
 
現在のポジション比率は
買いのポジションがやや圧倒的に多いです。
 
 
グラフはこちら
 
SnapCrab_NoName_2018-3-29_16-42-51_No-00
 
グラフの赤い線が全体の資産の流れとなっており、
下の画像の黄色い枠が今期分の資産グラフとなっています。
 
SnapCrab_NoName_2018-3-29_16-42-51_No-001
 
前々回の空売り銘柄での急騰に掴まったことにより、
資産グラフが下落後、さらに回復しているのが解ります。
 
「Chronus」について
もし、何か疑問点がありましたら、
些細な事でも全然構いませんので、
遠慮なく
https://itrade.tokyo/contact-takahashi/
までお問い合わせください。
私がお答えさせて頂きます。
 
 
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。
 
PS: 桜も良い具合に開花し、
もうすっかり暖かくなってきました。
 
この陽気のなか軽く汗でも流すとさぞ気持ちよかろう、と思い立ち
部屋の中で、もう何年も眠り続けている
ロードバイクを引っ張り出してきて
ちょっと近所を走ってみました。
ロードバイクってタイヤがめちゃくちゃ細くて
普通の自転車よりちょっと慣れが必要なので、
ちゃんと乗れるかな?とやや不安でしたが、
いざ乗ってみると体が乗り方を覚えていたのか、
まぁまぁ一応乗る事ができました。
 
最初は結構ご機嫌でそこらを走っていたのですが、
走っている途中で
ロードバイク乗り初心者が
10人いれば10人とも陥るともいわれている
「とてつもなくお尻が痛い」という現象に私も苦しめられました。
ロードバイクの細くて固いサドルはまさに殺人級で
昔、よく乗っていた頃はお尻の耐久力が上がっていたのか
慣れの問題なのかよく解りませんが、
さほど痛くはなかったのですが、久々に乗るとめちゃくちゃ痛いんですね。
ですのでこれからちょくちょく乗って、
お尻痛い問題を解決していかなければいけません。



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ にほんブログ村への応援はコチラをクリック


カテゴリー:システムトレード | Leave a comment |

FX会社が利益を調整!?各社の雇用統計発表時のスプレッド幅を検証してみた。

皆様、こんにちは。K先生です。
バイナリーオプション投資について解説します。

 
commission-2564734_1280
 
先週末、東京では1953年の統計開始以来、3位の早さで桜が満開となり、絶好のお花見シーズンとなっています。
 
 
私も日曜日に近所の花見スポットを訪れましたが凄い賑わいでした。
 
 
前回の記事で、スプレッドやスワップポイントのように FX 会社がそれぞれ大々的に
アピールしている点以外にも、大手の方が何かトラブルがあった時の補償が手厚くなる
傾向にあるということをお伝えしました。
 
 
しかし、実は顧客獲得のためにアピールしている部分でも実は裏側があるというお話を
したいと思います。
 
 

やはりFX会社の判断基準はスプレッド幅

 
FXをはじめる上で多くの人が一番気になるのは、やはり「スプレッド」だと思います。
 
 
これはFX会社にとっては手数料という形で一番リスクなく収益が見込めるものですので、このスプレッドをいかに狭めることができるかというのは
企業努力が一番見えるところでもあります。

 
 
今最大手の会社の中ではUSD/JPY のスプレッド 0.3pips と謳っているのは皆様ご存知のことと思います。
 
 

実はスプレッド幅は調整されている。

 
ただ、この非常に狭いスプレッドにも実は裏側があって、週明けのマーケットオープン
直後のボラティリティの低い時間帯や、大きな経済指標発表時などには一時的にもの凄くスプレッドを広げているのです。
 
 
先月弊社で人工知能を使った取引に関するセミナーを行ったのですが、セミナー講師の中に以前某FX 会社でディーリング部門の責任者をやられていた方がいらっしゃいまして、この話に言及されておりました。
 
 
その方のお話では、基本的に現在主要通貨ペアで宣伝されているスプレッド幅は狭すぎてむしろ会社が損をしているので、それを埋めるために経済指標発表時に大きくスプレッドを上げて収益を調整しているというものでした。
 
 

各社のスプレッド幅を検証

 
実際に、直近の3月9日日本時間 22:30 よりアメリカの雇用統計の発表がありましたので、最大手と呼ばれる数社のリアル口座でスプレッドがどのようになっているのかを
検証してみました。その結果が以下の通りです。
 
 
―― 発表前 発表直後 ――
D 社 0.3pips 9pips
G 社 0.3pips 8pips
Y 社 0.3pips 8pips
 
 
私は普段こういう相場が荒れるときには取引をしないので、あまり気づきませんでしたがここまであからさまにスプレッドが広がっているのを見て驚きました。
 
 
USD/JPY のスプレッドが 9pips というのは裏側にいた人間としては、
顧客に「取引をするな」と言っているに等しいくらいの広さですので、これらの会社で
こういう重要経済指標時に取引をする際は顧客がリスクを背負う覚悟が必要です。
 
 
こうした事実を踏まえると、ただ単にスプレッドが最も狭いということだけに注目するのではなく、ボラティリティが低いときや、レートが大きく動く時にスプレッドがどうなっているのかも FX 会社を選ぶ時には重要な要素になってくるのではないでしょうか。
 
 
では、また次回お会いしましょう。



今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

→ にほんブログ村への応援はコチラをクリック


カテゴリー:バイナリーオプション | Leave a comment |
4 / 413«...23456...102030...»

あおのり学校のナビゲーター

K先生

ニューヨーク州立大学卒、在学時はオプション取引に必要なゲーム理論、金融工学、ポートフォリオ管理を中心に学ぶ外資系FX業者に4年勤務し業界に先駆けてCFD・バイナリーオプションの取引システムの導入に携わる。

その後、得意のオプション取引の検証をバイナリーオプションで続ける中で攻略法を確立。

「バイナリーオプション>FX」の方が儲けやすいという理論を提唱しあおのり学校の「信頼ある投資教育の創造」という理念に共感し小資金の投資家に対し「世界一ズル賢いバイナリーオプション攻略法」を作成し日本でのバイナリーオプションの普及に努めている。

また外資系FX業者に勤務していた際の経験を活かし、FX取引の知識も深くリスクの少ない取引方法の普及に努めている。

授業内容

最近の授業

人気の授業

アーカイブ

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

生徒の最近のコメント

相互リンク

ブログ内の検索

RSS



メディア実績

その他メディア掲載一覧

取材や記事のご依頼はこちらまでお願いします。
⇒ お問い合わせメール
このページトップへ